沢尻エリカ「別に」騒動から12年、NHK大河初抜擢も変わらぬ「自己チュー」ぶり

沢尻エリカ「別に」騒動から12年、NHK大河初抜擢も変わらぬ「自己チュー」ぶり

大女優の風格も

「別に」騒動から、はや12年。ワガママ女優と呼ばれた沢尻エリカ(32)が、NHK大河ドラマに初抜擢された。ところが、早々に「自己チュー」を危ぶむ声が……。出演者発表会見の場でも、大御所を差し置いて、1人だけ目立ってしまっていたという。

 来年1月スタートの「麒麟がくる」は、主人公の明智光秀を長谷川博己が演じ、沢尻は織田信長の正妻で斎藤道三の娘、濃姫の役。これまで、大河ドラマでは松坂慶子、菊池桃子、内田有紀ら錚々たる美人女優がその役を演じてきた。沢尻で9代目の濃姫である。

 芸能担当記者によれば、

「沢尻は会見で、“12歳で芸能界に入ってがむしゃらに生きてきて、ようやく大河に出演させていただくことができました。沢尻エリカの集大成をここで捧げたいと思います”と感極まって涙ぐんでいました」

 2007年に主演映画の舞台挨拶で、「別に」と不貞腐れていたのに比べれば、ずいぶんと殊勝な態度だったという。

「しかし、他の出演陣から浮いてしまうのではないかとの声も、すでに上がっています。あの場で涙ぐむのは、どうも必要以上に目立とうとしているように見えて、わざとらしさを感じました。あくまでも、ドラマの主役は長谷川で、ヒロインは光秀が京で出会う町娘役の門脇麦です。それなのに、沢尻は、門脇を尻目に“私が、私が”と前に出ようとしている印象を受けました。結局、“自己チュー”は変わっていないのではないでしょうか」(同)


■キワモノ扱い


 芸能レポーターの城下尊之氏の話。

「“別に”騒動後間もなく、沢尻は22歳年上でハイパーメディアクリエイターの高城剛と結婚し、余計に“キワモノ扱い”されることになりました。転機は、12年公開の映画『ヘルタースケルター』。彼女はヌードを披露し、体当たりの演技が評価されて、そこから次第に仕事が増えていったのです」

 14年には、ドラマ「ファースト・クラス」の主役に抜擢されている。

「沢尻のイメージは完全には回復しておらず、当初、制作スタッフはビクビクしながら接していたそうです。でも、いざ撮影が始まると演技は素晴らしいし、スタッフへの対応も問題はなかった。ドラマも上々の評価を得て、それ以降、前と変わらないくらいに主役級を任されるようになりました」(同)

 その結果、ようやく大河ドラマに初抜擢されたのである。

 作家の麻生千晶氏に沢尻評を聞くと、

「沢尻さんは、ただのかわい子ちゃんではなくて、知的なもの、儚げなものも表現できる演技力をお持ちです。“別に”の問題については、会見であのように振る舞ったのはドジだったと思います。しかし、往々にして、若いときってそういうことがあるのではありませんか。大切なのは、傲慢であることに気づけるかどうかです。彼女はあの騒動で総スカンを喰らい、傲慢であることに気づきました。だからこそ、いまの活躍があるのでしょう」

 しかし、三つ子の魂百までというから、いつ油断が生じないとも限らない。沢尻は、「腹の虫」を抑えておくことができるか。

「週刊新潮」2019年4月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)