令和特番にみる「女子アナ」の闘い “平成の大女優”は誰だった?

令和特番にみる「女子アナ」の闘い “平成の大女優”は誰だった?

昭和の大女優の一人、吉永小百合

 4月1日の午前中は、(NHKのEテレ以外)どのチャンネルを押しても改元特番だった。そして、やっぱり気になるのは、女子アナの“闘い”である。

 上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)が言う。

「まず、良かったのは、テレ朝の大下容子アナです。彼女は、各局の特番で最高齢(48歳)でしたが、世の中を俯瞰して見る目があって適任でした」

 意外に良かったのがテレ東の水原恵理アナと前田真理子アナ。

「2人ともベテランらしい仕切りだったのと、局の体質なのか、改元に大騒ぎせずクールな内容でした」

 イマイチだったのがフジのカトパン(加藤綾子)。せっかくの抜擢だが“出戻り感”が溢れすぎていたという。NHKは朝ドラ直後からの長時間特番を組んだが、若い上原光紀アナがぎこちなかった。で、碓井氏の評価が最も低いのは、

「TBSでした。ホラン千秋を起用しましたが彼女がキャスターをやること自体わからない。頭のいい人ですが、あくまで彼女はタレントのはずです」

 ちなみに、視聴率レースはNHK、日テレ、テレ朝、フジ、TBS、テレ東の順。改元を巡る「華麗なる闘い」はこれからも続く。


■平成、令和の大女優は…


「昭和の大女優といえば、原節子さん、高峰秀子さん、吉永小百合さんなど挙げればきりがありません」

 とは、中島貞夫監督。

「一人挙げるとすれば、一緒に仕事をしたこともある岩下志麻さん。少女の頃にやった大人っぽい役から『極道の妻たち』での女親分まで、色々なタイプができるという凄さがあります」

 では平成は?

「大女優がいましたか。粒が小さいように感じます」

 脚本家の橋田壽賀子さんにも聞くと、

「昭和の大女優というと乙羽信子さん。『おしん』で主人公のおばあちゃん時代を演じた彼女は、個性的でありながら、どんな役でもこなせる演技力があった」

「どんな役でも」は大女優のキーワードか。となると、

「米倉涼子さんは平成も、そしてこれからも輝く大女優さんだと思いますね。私の『ハルとナツ 届かなかった手紙』という作品で、ブラジル移民の地味な役を演じてもらいました。もちろん『ドクターX』のような派手さも彼女の良さですよね」

 若手の台頭は?

「筆頭は広瀬すず。視聴率女王で朝ドラも好発進。米倉の対抗馬に」(芸能記者)

「週刊新潮」2019年4月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)