中条あやみ「白衣の戦士!」が好スタート それでも第2話視聴率が急落の不安

中条あやみら出演「白衣の戦士!」が好スタート "お手軽な作り"のため不安視する声も

記事まとめ

  • 中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ「白衣の戦士!」が好スタートを切った
  • しかし、物語があまりに"お手軽な作り"のため、2話以降が心配との意見もある
  • 本作には中条と水川のほか、沢村一樹、安田顕、片瀬那奈、鈴木紗理奈も出演している

中条あやみ「白衣の戦士!」が好スタート それでも第2話視聴率が急落の不安

中条あやみ「白衣の戦士!」が好スタート それでも第2話視聴率が急落の不安

中条あやみ

 満を持しての連ドラ初主演である。同世代の女性から絶大な支持があり、CMで見せる可憐さから男性からの人気も上昇中の中条あやみ(22)が主演する「白衣の戦士!」(日本テレビ系)が4月10日にスタートした。初回の平均視聴率は10.3%とまずまずの出足だった――。

 ***

“奇跡の9頭身”といわれるだけにスタイル抜群、白衣も似合う。何よりも可愛い。こんな看護師さんがいたら、男性なら誰だってお世話してもらいたいとも思うはず。とはいえ、不安要素も結構あって……。

「本当に可愛いですよね。連ドラ初主演で、初回2桁超えは合格点です。それもこれも、女性に嫌われず、男性からの人気も上がっている中条へのご祝儀でしょう。ただ、あまりにお手軽な作りのため、2話以降が心配されています」(芸能記者)

 中条演じる新米看護師“はるか”は、自由奔放な明るい性格だが、おっちょこちょいで失敗を繰り返す。一方、同じくW主演の水川あさみ(35)の看護師“夏美”は、はるかの指導役で院内でも信頼厚いベテラン看護師という設定だ。

 この設定について放送中から、観月ありさ(42)と松下由樹(50)が演じた90年代のコメディドラマ「ナースのお仕事」(フジテレビ系)そっくり、という声がSNS上で話題になった。また、当時の観月並の棒演技との声も……。

「もちろん独自色もあって、はるかの場合は“元ヤン”という要素が加わわり、怒りに震えるカットが入ります。ただ、これも昔のアイドル映画のように可愛さ満開で、古い。夏美も仕事そっちのけでお見合いに一生懸命という印象でした。最近の医療ドラマは、専門的な技術や知識を駆使したものが多かっただけに、なんだかすごく軽く感じてしまうのです。朝日新聞の『試写室』欄にまで〈同様の設定で人気を博した『ナースのお仕事』を思い出すが、あまりに想像通りの展開。深刻すぎる医療系ドラマも見づらいが、ここまで緊張感が薄いのも考えものだ。旬の俳優2人の共演でもあり、次回以降は期待したい〉と書かれていたほどでした」(同・芸能記者)


■本物の元ヤンに学べ


 中条と言えば、ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして女性からの支持を獲得。さらに“売れる女優への登竜門”と言われる「ポカリスエット」やNTTドコモ「dカード」、「GU」、「ハーゲンダッツ」、菅田将暉(26)とハモるトヨタ「カローラスポーツ」など数々のCMで男性からの人気も得た。女優としては映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(東宝)などにも出演したが、連ドラ主演はこれが初めて。ファンにとっても待ちに待ったという感があったのだが……。

「彼女が所属する事務所が得意とする売り方ですね。かつて同じ事務所の田中麗奈(38)を、サントリー『なっちゃん』や富士フイルム『フジカラー』といったCMで視聴者にインパクトを与えてから女優業に進出させました。ただ今回は、その作品がちょっと古くさかったかもしれません」(同・芸能記者)

 また、他の出演者たちも、なんだか昔の名前で出ているような、引っかかる役柄なのである。

 水川は、かつて「医龍―Team Medical Dragon―」(フジテレビ系)にも看護師役で出演している。“バチスタ手術”の成功に向け“チーム・ドラゴン”を率いる天才外科医(坂口憲二[43])の相棒的なオペ看護師を演じており、まさに信頼の厚い役柄だった。

 看護師長役の沢村一樹(51)は、「DOCTORS〜最強の名医〜」(テレビ朝日系)で、文字通り最強の外科医を演じていた。

 外科医役の安田顕(45)は、「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸」(フジテレビ系)の放射線科准教授、もしくは「下町ロケット」(TBS系)の技術開発部部長の印象がまだ強い。

 そして、主任ナースを演じる片瀬那奈(37)は、バラエティ「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)で、“嫌味なお局役を演じさせたら日本一”と言わしめた実力の持ち主であり、本来、水川が演じる“お局”的看護師の夏美が似合いそうだ。

 さらに同じくナース役の鈴木紗理奈(41)は、本物の“元ヤン”として名を馳せた過去がある。

 なんだか、少しずつキャスティングにズレが生じているような……。

「中条は16年からこの3月まで『アナザースカイ』(日本テレビ系)の女性MCを務めるなど、バラエティにも好んで出演しており、スタッフにも評判がいい。その可愛さを前面に出そうとしたことが、緩い作りになってしまったのかもしれません。コメディ路線でも構いませんが、それなら“1000年に1人の逸材”と言われた橋本環奈(20)が『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で見せたキレたヤンキー役が絶賛されたように、振り切った演技が必要かもしれません」(他局プロデューサー)

週刊新潮WEB取材班

2019年4月17日 掲載

関連記事(外部サイト)