「令和」発表で芸能人が便乗商法、5月1日にテレビ局が仕込む“第1号企画”は……

「令和」発表で芸能人が便乗商法、5月1日にテレビ局が仕込む“第1号企画”は……

ゴールデンボンバーが、「令和」発表の1時間後に新元号ソングの配信に成功した(鬼龍院翔のInstagramより)

■“一番乗り”の盛りあがり


 日刊スポーツは4月2日、「新元号 金爆発表1時間後に新元号ソングに作った」の記事を紙面に掲載した。もちろん、日刊スポーツの独自記事ではない。全てのスポーツ紙が同じ内容の記事を報じている。

 ***

 要するに「金爆」ことゴールデンボンバーが、“新元号ソング1番乗り”を目指し、「令和」発表の1時間後に新元号ソングの配信に成功したという記事だ。その秘密は、事前準備。サビ以外の音源はもちろん、ミュージックビデオ(MV)さえも前もって作成しておいたことにある。

 4月1日午前11時41分ごろ、菅義偉官房長官が「令和」を発表。これを受けて大急ぎでサビを作り、MVを撮影。午後0時45分ごろにMVを公開した。曲のタイトルは「令和」というストレートなものだった。

 テレビ局で生中継したのはフジテレビ。テレビ担当記者が振り返る。

「メンバーの鬼龍院翔さん(34)が完成を発表し、メンバー全員で『令和』を歌いました。MVは民放各局のワイドショーで紹介されたほか、翌2日にも金爆は日本テレビ系列の『スッキリ』(平日8:00〜10:25)にも生出演し、歌を披露しました」

 MVはYouTubeでも公開されたが、4月4日に「ビルボードジャパン」が「ゴールデンボンバー『令和』MVが400万回再生を突破、“人間習字”で書いた『令和』期間限定で展示」との記事を掲載している。再生回数を考えれば、大成功と言っていいだろう。

「メンバー全員が“便乗”と認める潔さに、ネット上でも大ウケでした。ところが、ゴールデンボンバーが最速ではなかったことが明らかになり、更に盛り上がることになります」(同・テレビ担当記者)

 日刊スポーツは4月2日、今度は電子版で「鬼龍院驚き『速すぎるわ』令和ソング最速でなかった」の記事を掲載する。記事の一部を引用させていただく。

《金爆は1日、新元号発表の約1時間後に新曲「令和」をインターネット上で発表した。制作現場から生中継し、メンバー4人が新時代の高揚感をファンと共有した。

しかし“世界最速”ではなかった。DJ集団「レペゼン地球」は新元号発表からわずか20数分ほどで新曲「令和」をネット上に公開していた》

「レペゼンファンは『「令和」は金爆より早かった』と自慢すれば、ゴールデンボンバーのファンは『CDリリースは金爆の方が先』と反論。結果的に論争となり、これも盛りあがりました。“便乗商法”の勝者を決めるのは難しいですが、少なくとも地上波は金爆の圧勝でした」(同・テレビ担当記者)


■次の大騒ぎは5月1日午前0時から


 テレビ業界、特に民放キー局にとって「令和」は、格好の“ネタ”である。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々」を地でいく“仕掛け”が随所に見られた。民放キー局の関係者が解説する。

「TBSは2010年から『警視庁機動捜査隊216』を沢口靖子さん(53)の主演で放送しています。当初は2時間ドラマ枠でした。そして4月1日に第10作目が20時から放送されたのですが、ドラマの終盤にモト冬樹さん(67)が『元号も平成から令和に変わるわけだし』というセリフを喋り、これも大きな話題になりました。モトさんは翌2日にブログで裏話を公開。映像を差し替える暇はないので、音声だけを再録音して編集したことや、菅官房長官の発表が午後だと間に合わなかったといったことを明かし、これも反響をよんでいました」(同)

 バラエティも負けてはいない。4月1日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列・月曜21:00〜21:54)も「令和」や「令和時代」とのナレーションが流された。

 新元号発表の次は施行だ。令和時代は5月1日午前0時に幕を開ける。民放キー局からすると、まずは朝の報道・情報番組が腕の見せどころだろう。

「結婚で“便乗”する芸能人がいると、非常にありがたいですね。午前9時に役所に婚姻届けを出してもらい、お昼前に神社で挙式。夕方から披露宴を開いてもらえば、その都度、生中継が可能になります。病院の産科にカメラをお邪魔させていただき、令和生まれの新生児を紹介することも考えるでしょう。ディズニーランドとシーは中継ポイントになるかもしれません。令和の初日なら、ギネス記録に挑戦するだけでも報道の対象になります。これからテレビ各局とも、会議などで知恵を振り絞ることは確実です」(同)

 この関係者によると、おめでたい話だけでなく、「令和で最初に離婚する芸能人」などもリサーチの対象となるという。

 昭和から平成の改元は、崩御という喪に服す中で行われた。一転して、平成から令和は祝賀ムードで進行中だ。テレビは時代を映す鏡。制作スタッフは全力ではしゃぎ、それが令和の歴史として刻まされることになる。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月17日 掲載

関連記事(外部サイト)