元アイドル「甲斐智枝美さん」の自死 “ポスト山口百恵”の暗転人生【平成の怪事件簿】

元アイドル「甲斐智枝美さん」の自死 “ポスト山口百恵”の暗転人生【平成の怪事件簿】

余暇にバスケットボールを楽しむ甲斐智枝美さん

 昭和のお茶の間に定着した“アイドル”は、平成の時代で、より変容を遂げ、人々に受け入れられていった。甲斐智枝美は、2つの時代で注目を集めた存在である。昭和では期待の新人アイドルとして。平成では早すぎた死を選んだ“元アイドル”として……。(降籏学 ノンフィクション・ライター)

 ***

 訃報を伝えるニュースが囲み記事程度でしか報じられなかったのは、死亡したのがブラウン管から姿を消して16年にもなろうとする“元アイドル”だったからなのかもしれない。
 
 新聞各紙はいずれもその死を“急死”と告げ、死因についても“心不全”と記しただけだった。第一報が報じられたのは、葬儀の当日にあたる平成18年7月12日のことだ。
 
 ところが、翌13日になり、死因が“自殺”と判明してからは、ワイドショーをはじめマスコミ報道も熱を帯びてくる。
 
 亡くなったのは、アイドル時代“チェミィ”のニックネームで親しまれた甲斐智枝美(本名・長谷部智枝美)。享年43。甲斐は2児の母になっていた。

 当初、新聞各紙が“心不全”と報じたのは、遺族が事実を伏せたからだろうことは想像に難くない。甲斐は、長男を出産した後に不整脈が出るようになり、自死の数年前にも心不全で2週間の入院を余儀なくされていた。病死と報じられても何ら不自然ではなかったのである。
 
 だが、元アイドルが自ら命を絶ったとなれば話は違ってくる。
 
 自死の原因についてはさまざまな憶測が流れたが、葬儀の席で、夫の長谷部徹さんは記者団にこう話している。

「疲れていたのかもしれませんが、前兆というものはなかったと思います」(「女性自身」平成18年8月1日号)

 不意に愛妻を失った動揺からなのか、それとも自殺の事実を押し隠そうとする苦悩からか、長谷部さんは言葉少なに会見を終わらせたという。


■早すぎるヌード


 甲斐のデビューは昭和55年になる。
 
 その前年、伝説のオーディション番組「スター誕生!」の第29代グランドチャンピオンに輝いたのが芸能界入りのきっかけだった。当時、甲斐は高校1年生。所属事務所がホリプロに決まると、福岡県から単身で上京し堀越学園に編入。このときの同級生の一人に、後に伴侶となる長谷部さんがいた。
 
 長谷部さんはジャニ一ズ事務所に所属し、デビューも甲斐と同じ昭和55年6月。当時は「アンク」というバンドでドラムスを担当していた(後に「T−SQUARE」の前身になる「ザ・スクエア」に移籍し、そこを脱退してからはスタジオミュージシャン)。
 
 甲斐がデビューした年は“アイドルの当たり年”と言われ、同期に松田聖子や田原俊彦他、河合奈保子、岩崎良美、柏原芳恵などがいる。その中にあって、ホリプロ所属の甲斐もまた将来を嘱望された“大型新人”の扱いを受けていた。
 
 デビュー曲「スタア」で芸能界入りを果たした甲斐のキャッチフレーズは「KIRARI!瞳が語る」。ポスト山口百恵の呼び声も高く、2枚目のシングルでABC音楽祭80歌謡新人グランプリでシルバー賞を受賞。周囲には、期待に違わぬ活躍ぶりを見せたかのように思えた。
 
 しかし、絶頂は長くは続かなかった。

 シングルレコードはデビューからの2年間で出した8枚のみとなり、3枚目の「マーマレード気分」がオリコンチャートの103位にランキングされたのが最高位になる。販売枚数では同期のアイドルに大きく水をあけられていた。
 
 19歳で”早すぎる”ヌード写真集を発表したときは事務所にファンから抗議の手紙が殺到したというが、裸体の披露は甲斐なりの焦りを表白していたかのようでもある。

「写真集は前からぜひ出したかったの。(中略)ヌードを撮るのが目的じゃなく、18才(撮影当時)の私がそのまま出て、何かプラスになればいいと思っただけよ。10代の記念としてね。(中略)これを機会に単なるアイドルじゃなく、ひとりの女性として私を見て欲しいわ」(本人談「週刊明星」昭和57年7月8日号)

 写真集はレコードの発売にあわせての発表だったが、甲斐にとっては結果的にこれが最後のシングルとなる。


■スナックでバイトの日々


 甲斐が長谷部さんと結婚したのは平成2年10月。恋の成就は、20歳から7年越しの交際を経てのことだった。甲斐はすでに女優業に転身し、ドラマ出演などを中心に芸能活動を続けていた。
 
 結婚を機に夫の実家(習志野市)で両親と同居し、婚約会見で「子供はすぐにでもほしい」と言っていたとおり、翌平成3年には待望の第1子が誕生。次男を平成6年にもうけている。
 
 このころ夫の長谷部さんはザ・スクエアを脱退し、スタジオミュージシャンの肩書きは持つものの、実家の自動車整備工場を手伝い始めていたらしい。
 
 子育てに専念した甲斐の芸能活動は事実上の引退に等しかったが、近隣の住人の評判はきわめて良好だった。元芸能人といった気取ったところがなく、気さくで、子供が小学校にあがってからはPTAの役員も務めている。ただ、子供の手が離れたら芸能界に復帰したいという願望は周囲に語っていたという。
 
 誰の目にも幸せそうに見え、円満なはずの生活に“変化”が見られたのは、自死を選ぶ6年前(平成12年)ごろのことと思われる。
 
 甲斐は、近所の生花店にパートの勤めに出ていた。また、所属していたホリプロの先輩・榊原郁恵には「芸能界に復帰したい」と電話で相談してもいた。経済的に苦しくなっていたのではないかとする見方がもっぱらだが、それが顕著になるのは死の1カ月前からスナックで週3日のアルバイトと生花店でのパートをかけ持ちしたことからも窺える。
 
 夫の実家の自動車整備工場は、決して芳しいとは言えない経営状態だったようだ。甲斐がスナックに勤め出したのとときを同じくして、長谷部さんの給料は30万円から20万円に引き下げられていた。夫の減給に激昂した甲斐が、舅に物を投げつけたとの話も漏れ伝わっている。
 
 家庭内の金銭的なトラブルもなかったわけではないらしく、福岡県に住む実父和徳さんの証言によれば、甲斐が結婚前に貯めていた600万円はほとんど底をついていたとのことだった。

「智枝美は結婚生活に殺されたようなもんだ。(中略)孫にも、もう会いたくないんだ。あそこにいるのは、智枝美の子供じゃないと思っている。そう自分にいい聞かせている。あくまで、徹の子供だとオレは思っているから」(実父談「女性セブン」平成19年7月12日号)

 娘の死に怒りを隠そうとしない実父は、習志野署に再捜査を依頼する手紙まで出していた。
 
 それほどに甲斐の自殺は突然だった。


■自死の真相は闇の仲


 平成18年7月10日(月曜)の午前6時40分ごろ、自宅2階の寝室で縊死した甲斐を発見したのは、中学3年になる長男だった。平素ならとうに起きているはずの母親が起きていないのを不審に思い、様子を見に行っての発見だったという。
 
 119番通報を受けた救急隊が駆けつけた時点で甲斐の死亡は確認され、午後から行われた検視の結果、死因は“自殺”と断定された。死亡推定時刻は同日午前3時ごろ。
 
 遺書は残されていなかった。
 
 そのために、はっきりとした自殺の動機はわかっていない。甲斐の死後、実母が“長谷部智枝美”名義で貯めていた預金を長谷部さんが「相続する」と言い出したり、死の翌日には甲斐が実父にかけていた生命保険を連絡もなしに解約するといった振る舞いが見られたというが、長谷部家の内情が甲斐を自死に向かわせたのは否めそうにない。
 
 だが、葬儀の席で心境を述べて以降、長谷部さんはいっさいの取材に口を閉ざしている。

 甲斐が自死を選んだ理由は誰にもわからない。何が彼女を死に誘ったのかも。
 
 突発的な衝動に駆られての可能性は拭いきれないが、もしかしたら、自殺の真相を誰よりも知りたがっているのは夫の長谷部さん本人なのかもしれない。

降籏学

週刊新潮WEB取材班

2019年4月28日 掲載

関連記事(外部サイト)