平成の31年間で「ワイドショー」はどう変わったか 有田芳生と東国原英夫の違い

平成の31年間で「ワイドショー」はどう変わったか 有田芳生と東国原英夫の違い

政治コメンテーターとしての能力はあるけど…

「新潮45」「週刊新潮」で「見ずにすませるワイドショー」を連載していたコラムニストの林操氏が「平成」のワイドショーを振り返る。なんでも連載が終わった今は、自ら見ずにすませているのだとか、その心とは?

 ***

 年度替わり、元号替わりで、世の中がドタバタしてるときに、統一地方選だ衆院補選だと選挙がまたうるさいわけですが、こういう政治の季節になるたびに思い出す番組があって、それは昔、日テレ系の平日午後にやってた「ザ・ワイド」。

「スーパーひとしくん」こと草野仁が司会で1993年から2007年まで14年半続いたワイドショーで、ここで長らく(12年半)メインのコメンテーターを務め、草野に次ぐ番組の顔になっていた有田芳生は今、立憲民主所属の参議院議員。縁あって彼のツイッターをフォローしてるゆえ、あちこちで選挙があるたび立民系候補の応援に飛び回ってる様子が飛び込んできて、それでいちいち「ザ・ワイド」が頭に浮かんでくるわけです。

 実はワタシ、「見ずにすませるワイドショー」なるコラムを、今は亡き「新潮45」にて2000年から、今なお健在の「週刊新潮」にて02年から09年まで続けさせてもらってまして、足掛け9年、朝も昼も午後も各局のワイドショーを見続けてました。これはなかなかにキツい仕事で、連載の途中、30日間の1日3食をマクドナルドだけで摂り続けると人間はさてどうなるかという恐怖のドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」を観て、まったく他人事に思えず、「ワイドショーはファストフード」だと知り合いに吹聴しまくってたくらい。

 そういう情報ファストフードの山に囲まれ、渦に呑まれて脳が胃もたれする中で、「ザ・ワイド」で聞ける有田の的確なコメントは、干天の慈雨にして、マックのグリーンサラダにして、吉野家の生ビール。当時、「週刊新潮」からワイドショーのコメンテーターの採点を頼まれた折には、「ブロードキャスター」(TBS系)のジョージ・フィールズと平田オリザ、「情報プレゼンター とくダネ!」(フジ系)のピーコ、「ザ・ワイド」のデーブ・スペクターたちと並ぶ最高得点をつけた記憶もある。

 で、ツィッターで有田の東奔西走を横目に、現在ただいまのワイドショーを眺めててガックリ脱力する、というより、それをきっかけにチャンネル変えるのは、東国原英夫元知事こと元そのまんま東がコメンテーターをやってるのに出くわしたとき。だって、あまりにもデカすぎてさ、元コメンテーターで現政治家の有田と、元政治家で現コメンテーターの東国原の落差が。

 いや、彼の政治コメンテーターとしての能力にケチつけてるわけじゃないんです。勉強してるし、話はうまいし、政権批判も政権擁護も是々非々でできる。だけど、昼の「バイキング」(フジ系)や午後の「ゴゴスマ」(TBS系)で見かけると胃酸が上がってきちゃう感じなのは、あの無駄なギラギラ、無意味なギスギスゆえなのかなぁ。かつて自民党総裁の椅子まで求めたギラギラ、理念の追求より現実の受容を語りたがるギスギス。安心して話を聞いてられないんだよ、有田のときみたいには。

 髪は薄いまま、ジャケットはヨレたままで、長年、草野仁の隣に控えて、草野の投げた球を草野がちゃんと受け止められるように、でも球筋は膨らませて打ち返し、そこに柔らかなユーモアも添える。「雨ニモマケズ」の「サウイフモノ」みたいなコメンテーターだったからね、有田は。


■減った反政権系コメンテーター


 もちろん、東国原ひとりを責めてるわけでもありません。たとえば、同じくワイドショーでよく見かける政治系のコメンテーターなら、「ひるおび!」(TBS系)のスシローこと田崎史郎だって、ワタシの耳には「官邸のほうから来ました」と言ってアベノミクスやらアベガイコーやらを売り歩く政権のセールスマンにしか聞こえないから、話聞く時間がもったいない相手。似たようなことは、同じ番組のサブ司会の八代英輝も言えて、ネットには「スシロー&ヤシロー」なんて揶揄もある。

 ただ考えてみりゃ、スシローもヤシローもかわいそうと言えばかわいそうで、昔っから党派性丸出しの政治コメンテーターはフツーにいた。ただ、野党の力が今よりあったから反政権系のコメンテーターがもっといたし、自民党が派閥で割れてたから同じ与党系でも竹下派出入りのコメンテーターと森派出入りのコメンテーターは対立していたしで、バランスはなんとか取れてて、誰かが仲間褒めと敵貶しに熱中してても、ひどく偏って見えたり、ひどくポチに見えたりすることはなかった。

 安倍一強が続いてワイドショーの政治の扱いも歪んじゃって、反安倍・非安倍のコメンテーターを起用させることがめっきり減り、それでスシローやヤシローが浮いて見えるわけでね。また有田の話で恐縮ながら、「ザ・ワイド」も番組として安倍贔屓で、彼が小泉政権で自民党の幹事長に引き立てられたときもゲストに呼んで、草野が「行列のできる幹事長」なんてヨイショしてたとき、脇の有田はそれこそ「雨ニモマケズ」式に「決シテ瞋ラズ/イツモシヅカニワラッテヰル」という具合で、距離を置き、バランスを取ってた。「サウイフこめんてーたーヲ/ワタシハミタイ」。

 安倍一強を生きるスシロー&ヤシローにしたって、本音のオベンチャラは減らして建前の政権批判でも混ぜときゃ悪目立ちしないのに、とは思う。でも、失われた30年の平成も終わる今、ニッポンだって勝った奴は徹底的に勝つ、勝者総取りの国になりつつあって、そういう平衡感覚は制作側にも出演側にも相当薄い。

 ワイドショーのコメンテーター批評ってのは、やってて虚しいことも多くて、それは結局のところ、ツッコミどころはコメンテーター個人より、彼・彼女を起用する制作側にこそあったりするから。ショーンKの経歴詐称騒ぎだって、あの中に多少なりとも罪があるのだとすれば、そのかなりの部分は、コメンテーターに引っ張ってきた「とくダネ!」が負うべきだと思う。

 あの番組で、経歴詐称祭り以前からコメンテーターを続けていた人は、複雑だよね。だって、アナタはショーンKと同じくらいテキトーに選ばれた逸材なんですねって話だもの。ショーンKが夜ニュースのキャスターに起用されて騒動になったとき、フジ方面の知り合いに「ワタシもコーカソイド(白人)系に整形してキャスター目指すよ、『ショーンBen』って芸名で」と冗談言ったら不機嫌になられたけれど、その知り合いも認めてはいたもんね、「ワイドショー(の制作者)が意識低いのは昔っから。それが報道にまで拡がってきてるから怖い」って。


■死んだはずだよTBS


 思い返してみればワイドショーの平成史は、1989年の10月にTBS系の「3時にあいましょう」のスタッフが、坂本堤弁護士のオウム真理教批判インタビューを教団側に見せたところから始まったという言い方もできます。これが発覚したのはオウムに強制捜査が入った95年で、局側がようやく認めて謝罪したのが翌96年のことでした。

 このとき自局の「NEWS23」の筑紫哲也に「死んだに等しい」とまで言われたTBSは、朝と午後のワイドショーを打ち切ったわけですが、あれから20年。筑紫は亡くなり、オウムの幹部は死刑に処され、TBSは朝が「ビビット」、昼が「ひるおび!」、午後が「ゴゴスマ」とワイドショー尽くし。アンタだけ、死んでまへんな、TBS。

 一方、時計をTBSオウムビデオ問題のころまで戻して、カメラを赤坂から六本木に切り替えると、1997年にテレ朝系で平日夕方のニュース「スーパーJチャンネル」が始まってまして、これは今でもフツーの報道番組のように続いてるからみなさん結構お忘れですが、番組スタート時のキャスターは、月〜木曜が石田、金曜が田代というメンツでした。

 念押ししておくと、石田ってのは石田純一、田代ってのは田代まさし。さっき紹介した「ワイドショーが意識低いのは昔っから。それが報道にまで拡がってきてるから怖い」っていうフジ方面のコメントを思い出すと、この点でテレ朝はフジより20年進んでたとも言えるし、フジはテレ朝より20年遅れてたとも言えるとして、「zero」って名前の平日夜のニュースに嵐の櫻井翔や長嶋一茂、桐谷美玲あたりを2006年から起用して、引き続き櫻井は続投させてる日テレという局は、さてどこより何年進んでて、何年遅れてるんだか。

 この局が午後のワイドショー(「ザ・ワイド」)の自社制作から撤退して、系列の読売テレビ制作の「ミヤネ屋」を流すようになったのは2008年。個人的には大阪制作の番組には好物が多いのに、「ミヤネ屋」だけは東京進出前から苦手で、「見ずにすませるワイドショー」という連載が09年に終わったとき、もうあの番組を毎日チェックする義務が雲散霧消したので嬉しかった記憶があるくらい。

 突き詰めれば、司会の宮根誠司を長時間正視していられないという、TVウォッチャーとして致命的な欠陥があるため、フジ系日曜夜の「Mr.サンデー」も仕事以外ではまず見ないんだけれど、考えてみたらワタシにとって宮根は、東国原と共通する苦手物件なんだな。ギラギラ&ギスギス。

 御代が代わって恩赦さえ行われそうな今日このごろ、下半身スキャンダルの蒸し返しは避けますが、かつて宮根に一騒動(いや二騒動?)持ち上がったとき、事前に噂が耳に入っていたとかそんなことは一切なかったのに、まったく驚きがなかったもんなぁ。「朝ズバッ!」(TBS系)のみのもんたや「とくダネ!」の菊川怜もまた、自身にワイドショーネタが降り掛かったワイドショー司会者で、結局2人とも降板してますが、宮根様におかれましてはますますご盛業。見る気もますます衰退するよ。


■ワイドショーはオワコンか?


 なぜか生きてるTBSも、「ゴゴスマ」は自社ではなく系列のCBC(中部日本放送)制作。司会の石井亮次アナは、見疲れ・聞き疲れのしない正統局アナ系ワイドショーMCとして、「ザ・ワイド」の草野の再来、あるいは「ワイド!スクランブル」(テレ朝系)の大下容子アナの男版で、ワタシ、嫌いじゃありません。「宮根と一緒くたに並べるな!」というファンからの抗議がすでに空耳で聞こえてくるけれど、司会はともかく、番組の作りのユルさは「ミヤネヤ」と「ゴゴスマ」の共通点。

 大阪と名古屋の準キー局とはいえ、番組の体裁を整えるクオリティーとなると東京キー局には及ばない部分はまだあるわけで、そんなところで追いつけ追い越せなんてことは求めません。コンプライアンス過剰・忖度過剰の東京キー局では自主規制にひっかかるような企画やキャスティングを、シレっと通して全国に流す。それが地方局制作の番組に対する最大の期待なんですが、「ミヤネ屋」も「ゴゴスマ」も、そのあたりは薄味。東京の連中(特に与党とか芸能プロとか)は見ちゃいないというつもりで番組を作っちゃもらえませんかね、ここはひとつ。さもないと、東京キー局の制作コスト削減のための番組だと見透かされますぜ。

 そもそもワイドショーってのは報道でも芸能でもスポーツでもない、TVの世界では終焉、じゃない周縁のような存在。東京以外の局が制作したり、偉そうなオッサンじゃない若手や女性が司会したりと、中心で作られる番組とは違うあり方があってあたりまえで、面白さはそこからも生まれるはず。なのに「ミヤネ屋」も「ゴゴスマ」も、東京の偉そうなオッサンが前世紀の1999年から仕切り続けてる「とくダネ!」と特に変わったところがない。

 ここまで触れてない「羽鳥慎一モーニングショー」(テレ朝系)や「スッキリ」(日テレ系)にも飛び抜けた特色があるわけでもなく、ただ「モーニングショー」は一茂の使い方がうまいなとか、玉川徹とか青木理とかの反政権系コメンテーターの起用が他にはないなとか、感心することが多めだというくらい(だから毎日欠かさず見てます……ということにはならない)。

 正直なところ、TBSがワイドショーから手を引き、日テレが「ザ・ワイド」を打ち切りという流れが10年周期で起きるたび、ワイドショーはオワコンかなと感じてきました。だがしかし、制作が東京から離れてコストが下がったとか、司会者のケツ持ちがエラいので打ち切りにはならないとか、たぶんそういう理由で、平成が終わる今なお、ワイドショーは続いてます。

 そこにはジョージ・フィールズ(故人)も平田オリザもピーコも有田芳生もおらず、ショーンKでもショーンBenでもないコメンテーターたちが並んで相槌を打ち、デーブ・スペクターの秀逸なギャグと玉川徹の秀逸な怒り、古市憲寿(「とくダネ!」)の秀逸な全方位キックが上滑りする、ヌルい朝、ヌルい昼、ヌルい午後の繰り返し。そんな中に、さぁ令和の世がやってきました。

 引き続きワイドショーのある新時代。

「見ずにすませるワイドショー」という連載がもはや続いておらず、ワイドショーの定点観測が仕事ではなくなっていること、あらためて本当にありがたいかぎりです。

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

2019年4月29日 掲載

関連記事(外部サイト)