俳優、映画監督の次は……「斎藤工」が三刀流に挑戦!? くっきー、ニッチェは恩人

俳優、映画監督の次は……「斎藤工」が三刀流に挑戦!? くっきー、ニッチェは恩人

斎藤工

 プロ野球で二刀流は珍しいが、芸能界には二刀流、三刀流が結構いる。その筆頭格といえば、芸人から俳優、映画監督となったビートたけし(72)だろう。一方、その逆を狙っているのが斎藤工(37)だ。“抱かれたい男”は(様々なランキングで、少なくとも)5年連続No.1で、黙っていてもモテモテのハズなのに、なぜなのか。

 ***

 その昔、ビートたけしは映画「夜叉」(1985)で初めて共演した高倉健の様子を「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で語っていた。

たけし:オイラが「オイラは役者もできるし漫才もできる。いくら高倉健でも漫才はできねえだろ」って言ってたのを聴いちゃったらしいんだよ。それで高倉さんが田中邦衛に電話して「漫才やんねえか?」。だけど、2人とも口べただから諦めたって……。

 ホントなのかネタなのか定かではないが、健さんでなくとも役者から芸人になるのは難しいだろう。それに挑戦しているのが斎藤だ。民放プロデューサーが彼を評する。

「イケメン俳優でありながら、映画監督もこなしており、昨年公開された映画『blank13』(主演・高橋一生[38])は、上海国際映画祭ではアジア新人賞部門の最優秀監督賞、ウラジオストク国際映画祭では長編コンペティション部門の最優秀男優賞(高橋、斎藤、リリー・フランキー[55])を受賞、その実力は認められています。にもかかわらず、バラエティ番組に貪欲なんです。最近は、女芸人とキスまでしており、『そこまでやるのか!』と業界でも話題になっています」

 4月2日に放送された「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)のことだ。芸人ネタの完全コピーが持ちネタになりつつある斎藤に、「斎藤工が完コピするネタはどれだ選手権」なる企画が組まれ、3組の芸人が披露したネタのうち1つを斎藤がコピーするというもの。

 そこで斎藤は“100種類のキスの持ち主”と豪語する紅しょうがの熊元プロレス(28)を指名。映画「タイタニック」のキスのデフォルメ・ネタに挑戦することになった。

 司会のフットボールアワー後藤輝基(44)が「まじで?」「事務所的にも大丈夫?」と心配するも、平然として「いいですよ」と答える斎藤。むしろ、コピーされる側の熊元が怖じ気づく中、斎藤から熱烈なキスへと持ち込んで……熊元の口紅で顔中真っ赤に染まった斎藤のアップでキメる。「カッコええ男やなあ」と、後藤が呆気にとられて企画は終了した。

「SNSでも〈プロ根性ハンパない〉と賞賛する声が多く見られましたが、それは業界でも一緒ですよ。もともと彼が芸人と仲がいいのは有名で、芸人たちの飲み会“阿佐ヶ谷会”にも参加しているといいますし、『野性爆弾のくっきー(43)やお笑いコンビのニッチェの存在が大きく、鍛えられた。めちゃくちゃ感謝している』と本人が話しているのを聞いたこともありましたからね」(同・民放プロデューサー)


■芸人たちとの接点


 ニッチェとの関係については芸能リポーターが明かす。

「14年にイベントに出席したニッチェが、報道陣を前に斎藤さんについて語り出したことがありました。“阿佐ヶ谷会”として一緒に飲みにも行っていることを明かしたニッチェの江上敬子(34)が『工君って、ちょっと変なんですよね。芸人のことを異常なほどにリスペクトしてる』と話し、相方の近藤くみこ(36)が『若手の役者なんてぜんぜんダメなんだって自分を下げて……』などと言っていました。そこまで芸人に憧れているのかと意外に思ったのを覚えています」

 野性爆弾くっきーとは、昨年1月期のドキュメントドラマ「MASKMEN」(テレビ東京系)で一緒だった。くっきープロデュースのもと、覆面芸人「人印(ぴっといん)」として斎藤がデビューするという内容だった。

「人印の芸についてはともかく、この時期、彼はキムタク主演の『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)にもレギュラーで出演していたんですよ。キムタクと言えば、一昔前は抱かれたい男No.1だった男です。新旧のNo.1の共演だというのに、彼はその一方でお笑いをやっていたわけです。『何をやってもキムタク』と言われる旧No.1を前に、自分は役者としての幅を広げないといけないと思っていたのかどうか……」(テレビ局関係者)

 また、この2つのドラマが放送中の2月11日、斎藤はバラエティ番組に出演した。「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)である。前出の芸能リポーターが語る。

「この番組で長年の謎が解けました。彼は俳優として01年にデビューしますが、本格的に売れたのは14年の『昼顔』(TBS系)ですから、陽の目を見るまで時間がかかった。その間、様々な仕事をしているんです。『行列〜』で語ったところによると、平日朝の情報番組『ラジかるッ』(日本テレビ・関東ローカル)の“レッド&たくみの誘われて人妻温泉”というコーナーに温泉俳優・ティンカーベル斎藤として出演しており、そこでタイトル通り人妻と一緒に温泉に入って戯れるという仕事までしていたそうです。その時の相方であるTIM・レッド吉田さん(53)の弾けた様子を見て自分にはマネできないと尊敬の念を抱いた。同時に車で送ってもらいながら、『腐るなよ、腐らずに続けていればどうにかなる』と励まされたというのです。以来、芸人をリスペクトしていると。また、つい最近も関西ローカルの情報番組にも出演し、バラエティについても語っていましたね」

 4月8日に放送された夕方の情報番組「キャスト」(朝日放送・関西ローカル)である。「人生を賭けた瞬間は?」という質問を受けて、

斎藤:バラエティですかね。台本にないものに関しては、僕は毎回、表現は悪いかもしれないですけど、特攻に行く感じですかね。

 さらにバラエティに関して訊かれると、

斎藤:役者やってると勝敗ってあまり出ないんですけど、バラエティって笑いが起こるか否かということだったり、勝ち負けがある気がする。よりスポーツ的だなと思っていて、バラエティに出るときに関しては、僕は勝ち星を挙げたいという気持ちがあるので、そこで攻め込んでしまう癖(へき)みたいなものがありますね。

 斎藤は、バラエティでは“勝ち”に行っているのだ。

「そこまでやる気があるなら、改変期には斎藤MCのバラエティが始まるかもしれません」(前出プロデューサー)

週刊新潮WEB取材班

2019年5月1日 掲載

関連記事(外部サイト)