「三船美佳」再婚に「高橋ジョージ」は未練タラタラ? 彼女は“共演NG”という現実

高橋ジョージ、三船美佳の再婚に祝福するも本心は未練タラタラ 三船はいい迷惑か

記事まとめ

  • 「別れても好きな人」というが、「男だけが未練タラタラ」なのが、高橋ジョージだ
  • 高橋と三船美佳は24歳差で結婚したが、2015年に三船が離婚を希望し翌年協議離婚した
  • そして三船は19年4月に再婚を発表、高橋は祝福するも本心は未練タラタラだとか

「三船美佳」再婚に「高橋ジョージ」は未練タラタラ? 彼女は“共演NG”という現実

「三船美佳」再婚に「高橋ジョージ」は未練タラタラ? 彼女は“共演NG”という現実

かつての“おしどり夫婦”は…

■追う男、逃げる女


 1980年、ロス・インディオス&シルヴィアはNHKの「紅白歌合戦」に初めて出場し、「別れても好きな人」(作詞・作曲:佐々木勉)を歌った。

 ***

 よりを戻すのか戻さないのか、微妙な心理を描いた歌詞が面白い。もし、これが「男だけが未練タラタラ」だったとしたら、一気に陳腐な設定になってしまう。

「男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く」という諺は人口に膾炙しているが、高橋ジョージ(60)と三船美佳(36)の2人も似た状況らしい。まずは、その“来歴”を芸能担当記者に説明してもらおう。

「三船さんは1998年、16歳の誕生日に高橋さんと結婚します。24歳という年齢差、彼女の父親が三船敏郎さん(1920〜97)などという話題性から一気に関心が高まり、“おしどり夫婦”として売れっ子になりました。ところが2015年に、三船さんが離婚を希望していることが表面化。精神的なDVとされる“モラルハラスメント”に注目が集まるほどの社会的関心事となりますが、翌16年に協議離婚が成立。そして三船さんは19年4月に再婚を発表したのです」

 元妻の慶事に、高橋は所属事務所を通じてコメントを発表。日刊スポーツが4月6日(電子版)に報じた記事「高橋ジョージ 元妻三船美佳の再婚を祝福『幸せを』」によると、

《(高橋は)三船の再婚をニュースで知ったといい「おめでとうございます。幸せをお祈りしてます 高橋ジョージ」と祝福した》

 と報じられている。

 だが、高橋は頑なに離婚を拒否したとの印象は強かった。そのため、祝福の“真意”を解説しようとする報道が相次ぐ。「週刊新潮」も4月18日号に「『三船美佳』再婚に『高橋ジョージ』が胸を撫で下ろした理由」の記事を掲載した。

 文中では高橋の祝福を、

《24歳年上の元夫、高橋ジョージのメッセージも、字面通りに「祝福コメント」として受け止めていいものなのだろうか》

 と指摘。「スポーツ紙の芸能担当デスク」が以下のように解説を行った。

《「離婚時の取り決めで、親権は三船さん。高橋さんは娘に会うことはできなくなり、娘の成長の記録であるカラー写真を年2回だけ、三船さんから送られることになりました。自他ともに認める親バカだった高橋さんが、その状態に耐えられるとも思えません」》

 つまり、娘と面会する権利を得るため、三船の心証を良くしようとして、高橋は祝福コメントを出したのではないか――というのが記事の結論だ。


■「別れても好きな妻」


 だが、芸能関係者によると、高橋は娘だけに執着していたわけではないという。「三船さん本人にも未練タラタラですよ。その気持ちは三船さんにも伝わっています」と明かす。

「とはいえ、三船さんのほうは、『元夫の未練など迷惑千万』というのが本音のようです。高橋さんとの“共演NG”を徹底しています。本拠地は大阪ですから普段は安心ですが、東京で仕事がある時は、周囲に高橋さんの予定を確認。突発的な“ニアミス”を避ける鉄壁のガードを敷いていると聞いています」

 芸能界は狭い。友人やスタイリスト、ヘアメイクという人間関係を辿れば、元妻が元夫の予定を調べ上げるのは、そんなに難しいことではないという。そして、“逆も真なり”という成句は、このケースでもしっかり成立する。

「高橋さんも、三船さんを知る関係者に会えば、『美佳、元気なの?』と必ず質問し、スケジュールの探りを入れてくるそうです。実際、高橋さんの近くで三船さんが仕事をする予定だったことがあったらしく、慌てて三船さんがキャンセルをしたといいます」(同・芸能関係者)

 この関係者によると、再婚を祝福した時は、精神的にはかなり立ち直っていたという。

「離婚直後の落ち込みは、今どころじゃなかったですよ。三船さんの予定を把握しようとする姿も、ストーカーの一歩手前という印象がありました。16年に離婚が成立し、17年に高橋さんは『ロード〜第14章(愛別離苦)』を発表します。離婚で娘と会えなくなった辛い想いが歌詞に記されていますが、高橋さんに近い人は『娘さんというのは建前で、本音は奥さんと別れたことを悔やんだ歌なんだよ』と解釈していました」

 ちなみに、三船の再婚相手は「めちゃくちゃ性格がいい」と評判だという。どうやら元夫の出る幕は全くなさそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年5月5日 掲載

関連記事(外部サイト)