iDeCoは本当に得か 50代男性に待ち受ける「落とし穴」とは 専門家が教える定年後設計

 年金、住まい、資産運用……そろそろ真剣に「定年後のお金」について考えないといけない、そんな現役世代の人たちに、創立16年のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」(https://www.f-academy.jp/)の講師陣が定年後の設計方法をわかりやすく指南します。第3回も講師は引き続き、某大手証券会社出身でファイナンシャルプランナーでもある小野原薫先生。「自分年金づくり超入門! 50代だからこそ知るべきiDeCoのこと」と題して、話題のiDeCoについて教えてもらいました。

 ***

読者代表:吉田正史さん(仮名・53歳)
新卒で入った中小企業で営業として勤続31年。高校生の長女と中学生の長男を育てる2児の父だ。年収は650万円で、マイホームは35歳の時に35年ローンで購入したが、目下の不安は退職後のお金のやりくり。前回は定年後のお金を考える上で必須科目である「公的年金」について学び、やっとスタート地点に立てた感覚だが、とはいえまだまだ知識は不足している。


■自分年金作りの代表選手「iDeCo」


小野原先生:さて、公的年金の基礎はなんとか理解できましたが、今日は50代の吉田さんだからこそ、是非すぐにでも始めてほしい「自分年金づくり」についてお話ししましょう。

吉田さん:はぁ。そうですよね。でも何からやればいいんでしょうか?

小野原先生:方法は色々あります。保険を使った方法もありますし、不動産投資で毎月家賃収入を得るというのもあります。あとよく耳にする「iDeCo」も自分年金作りの代表選手ですね!

吉田さん:イデコ、聞いたことあります! でも実際のところ、どんなものかはわかってないですね。

小野原先生:ご心配なく! 50代だからこそ知っておいてほしいポイントもあるので、今日は少し丁寧にご説明しましょう。

吉田さん:はい! お願いします。

小野原先生:iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のことです。名前の通り、「個人」が「確定」した金額を毎月「拠出」して「年金」を作る制度のことを言います。「確定拠出」とよく似た言葉に「確定給付」というものもあるのですが、iDeCoで確定しているのは毎月「拠出」する金額。最終的に「給付」される金額は運用成績によって変化するのでわかりません。ちなみに「個人型」ではなく、「企業型」確定拠出年金というものもあります。これは個人ではなく、「企業」が毎月一定金額を拠出して、社員のための老後のお金を作る制度です。

吉田さん:あ、企業型って聞いたことあります。うちの会社にはないですけど。

小野原先生:最近、企業型確定拠出年金を導入する企業も結構増えてきてますからね。さて、話を個人型のiDeCoに戻しましょう。iDeCoとは、自分の決めた一定金額を毎月コツコツ拠出して何らかの金融商品で運用しながら、自分で自分の年金を作りましょう、という制度です。超高齢化で財政難の日本政府としては「いまや国だけでは国民の老後の面倒を見きれない! 国民には自分でも頑張ってほしい!」と思っているので、iDeCoを数年前から結構プッシュしているというわけです。

吉田さん:なるほど……。ここまでは問題ないです。

小野原先生:ただこのiDeCo、自分年金作りの王道ではあるんですが、実は50代の方には50代だからこそ、意識しておいてほしいポイントがあるんです。

吉田さん:何でしょうか、それ?!

小野原先生:一つは「60歳までしか拠出できない」ということ。たとえご自身が継続雇用で65歳まで働いて、毎月拠出する余裕があったとしてもです。

吉田さん:なるほど。

小野原先生:もう一つは「毎月の掛け金には上限額がある」ということ。吉田さんのように企業型確定拠出年金の制度がご自身の会社にない、という方であれば、毎月最大掛けられるのが2万3千円まで。自分は余剰資金があるから毎月10万円でも掛けられるよ、という場合でも2万3千円までしか拠出できないんです。

吉田さん:53歳の自分にとっては、期間も短く、大きく掛けていくこともできない。つまり…、そんなに大きな資産は作れないってこと? ちょっとがっかりです……。

小野原先生:(笑)まぁ、吉田さんのような50代の方が自分年金作りをiDeCo「だけ」でできるかというとそうではない、ということです。ただ、それでもiDeCoをわざわざ始めるメリットは別の観点からあるんですよ!

吉田さん:お、そうなんですね!

小野原先生:一言で言うと、税金がお得なんです。

吉田さん:税金、ですか。

小野原先生:はい。一番わかりやすいのが「所得税・住民税の節税ができる」ということ。吉田さんの年収だったら、結構な金額の所得税・住民税を毎月支払っていらっしゃるんじゃないですか?

吉田さん:多分。いや……、正直あんまり意識したことないです。(苦笑)

小野原先生:あら。(笑) でも、もらう金額はチェックしても控除額には無頓着という方は結構多いですよね。実はこのiDeCo、積み立てた金額は「全額所得控除」という大きなメリットがあるんです。

吉田さん:全額所得控除、ですか。つまりそれって、いくらぐらい得するんですか?!

小野原先生:まぁ、落ち着いて。(笑) 吉田さんの場合は、年収650万円ですよね。で、企業型確定拠出年金制度のない企業の会社員なので、毎月最大で掛けられる金額が2万3千円。年間にすると27万6千円まで拠出することが可能なんですね。

吉田さん:はい。

小野原先生:この27万6千円は全額が所得控除の対象となるので、概算にはなりますが今回のケースだと、年間8万3千円くらいの節税効果があります。「イデコ」「シミュレーション」で検索するとたくさんの試算サイトが出てくるので、掛け金ごとの節税額を調べてみるのもおすすめです。iDeCoという制度を使うだけで8万3千円分、節税になるって結構大きくないですか?

吉田さん:はい。かなり大きいですね!!

小野原先生:53歳の吉田さんがiDeCoの運用で大きく増やすということはちょっと難しいかもしれませんが、「節税」という形では確実にメリットがあるということです。人生100年時代、日本政府も自分で自分の年金を作ろうと頑張る国民に対しては、税制優遇という形で応援してくれているわけです!

吉田さん:なるほど〜!!

小野原先生:そのほかにも、「運用することによって得た利息や運用益は非課税」だったり、最終的に受け取る時に「公的年金控除や退職所得控除の対象になる」というメリットもあります。ただ、iDeCoにもデメリットはありますのでご注意を。

吉田さん:なんですか、それ?! 知りたいです!!

■50代ならではのデメリットは…


小野原先生:一つは「運用商品によっては積立額が目減りしてしまう可能性がある」ということ。もし今吉田さんが20代とかなら、受け取るまでの期間が長いので、多少目減りしてもどこかで回復させることもできるかもしれませんが、60歳までカウントダウンが始まっている50代だと、リスクを多くとる商品を選ぶのは、ちょっと危険でしょうね。

吉田さん:確かに……。

小野原先生:商品選びは難しく感じるかもしれませんが、「元本確保型」という商品もありますし、掛け金の中で「元本変動型」と「元本確保型」をそれぞれどれぐらいの割合にするかまで自分で決めることができるんです。極論を言えば、100%「元本確保型」も可能! 怖がらずに自分の目で内容をしっかり確認しながら商品を選んでいけば大丈夫!

吉田さん:はい。節税だけでも結構な金額なので、ちゃんと自分で調べるようにします!

小野原先生:そしてあともう一つが、「60歳になるまでは途中で引き出せない」ということです。最悪、途中で掛け金を少なくすることは可能ですが、基本的に中途解約はできません。

吉田さん:そうなんですか?! 普通の銀行口座の感覚でいちゃまずいですね。

小野原先生:そうですよ。それに60歳になっていたとしても、iDeCoに加入している期間が10年に満たない方の場合、実際に受給がスタートする時期は繰り下がっていくので、注意が必要です。吉田さんの場合なら今53歳、すぐにiDeCoを始めても加入期間は7年。この場合、受給開始は60歳ではなく、62歳以降なんです。

吉田さん:そうなんですか!! ちなみに55歳で始めたらどうなるんですか?!

小野原先生:では改めてご説明しておきましょう。受給資格を得るために必要な期間を「通算加入者等期間」と言うんですが、この表にある通り、その期間によって受取り可能年齢が変わるんです。そして、もうお気づきだと思いますが、iDeCoは60歳以上の方は加入ができません。

吉田さん:これは聞いておいてよかったです……。

小野原先生:そうですよね。ですので、別の角度から言うと、例えば58歳の時にお子さんの進学資金でちょっと使いたいかもといった場合には、iDeCoでは対応できないので、別の方法で資金を準備する必要があるということなんです。iDeCoはあくまで老後の資金作り! 月々5千円以上,千円単位で設定が可能なので、無理のない範囲で行うこともすごく大切です。

吉田さん:なるほど。確かに子どもたちの学費はまだこれからかかるところではあるので、よく考えて金額設定するようにします!

小野原先生:そうですね。最後に補足を。今日は会社にお勤めの吉田さんのケースでご説明しましたが、自営業者などは毎月掛けられる金額の上限が2万3千円ではなく6万8千円ですし、同じ会社員だとしても企業型年金がある方は上限金額が変わってきます。大切な老後のお金のこと、iDeCoの公式サイトには詳細が載っているので、必ずご自身でも確認してくださいね。

<今日の学び>
・自分年金作りに適した個人型確定拠出年金iDeCoは、50代にとっては税制優遇面でメリット大。
・途中解約NGというルールをしっかり理解し、余剰資金で毎月の掛け金の金額を決める。

 ***

(次回は5月27日(月)更新予定です)

ファイナンシャルアカデミー
お金の教養を身につけるための総合マネースクールとして2002に創立。東京校・大阪校・ニューヨーク校・WEB受講を通じて16年間で延べ約50万人が、貯蓄や家計管理といった身近なお金から、資産運用、社会を豊かにするお金の使い方までを学習。初心者向けの定番「お金の教養講座」https://www.f-academy.jp/school/kyouyousemi.htmlや40、50代に特化した「定年後設計スクール無料体験会」https://www.f-academy.jp/school/retirement.htmlが人気。

小野原 薫(おのはら かおる)
ファイナンシャルアカデミー認定講師、ファイナンシャルプランナー、相続診断士。大手証券会社勤務時代に、一受講生としてファイナンシャルアカデミーの講座を受け、中立的な金融経済教育の必要性を強く感じ同社の講師に転身。現在は成人向けの「お金の教養講座」や「投資信託スクール」の入門講座を担当する他、高校での出張授業など若年層への金融経済教育も積極的に行なっている。明るく誰にでもわかりやすい講義が好評。

2019年5月13日 掲載

関連記事(外部サイト)