「山口真帆」が“研音所属”で業界に激震、あえて火中の栗を拾った深謀遠慮とは……

■誰が芸能界を支配しているのか?


 デイリー新潮は5月19日、「『山口真帆』のNGT48卒業後を占う 業界人が『それほど甘くない』という理由」の記事を掲載した。

 ***

 民放キー局のプロデューサーが匿名を条件に取材に応じ、「山口真帆(23)が新しい事務所を見つけるのは難しい」と指摘した。その部分をご紹介しよう。

「芸能事務所だって、そうそう声を掛けませんよ。山口さんは結局、NGTのメンバーとも軋轢を残したままなわけです。NGTの現トップで、事件でも関与が疑われた荻野由佳(20)はホリプロに所属しています。ホリプロと言えば、石原さとみ(32)や綾瀬はるか(34)、深田恭子(36)、鈴木亮平(36)、松山ケンイチ(34)……ドラマの主役級がゾロゾロいるわけですが、彼らとの共演はNGでしょうし、バラエティ班にも大島麻衣(31)はじめ多くのAKB卒業生が所属しています」

 山口を擁護した指原莉乃(26)は太田プロだが、ここにはNGT48の中井りか(21)も所属している。

「AKBとNGTを兼任していた柏木由紀(27)はワタナベエンターテインメント所属ですが、同じメンバーでありながら事件については一切触れなかった。ナベプロにはネプチューンや中山秀征(51)、恵俊彰(54)らのMCがいますが、事件に触れれば柏木にまで累が及ぶことにもなるし、大家志津香(27)は現役のAKB48でもある。正直言って、芸能事務所もなかなか手が出せない状態だと思いますよ。高橋みなみ(28)はプロダクション尾木、松井珠理奈(22)はアービング、今さらですが、AKBグループのメンバーをAKSで一手に管理せず、各事務所に分散させたのは、こういう深謀もあったのかもしれません。残念ながら、彼女を待ち受ける今後は厳しいという見方が多いですね」

 ところが5月25日、山口が研音に所属することが発表された。ORICONNEWSは同日、「山口真帆所属発表の研音、公式サイトにアクセス集中」と報道。公式サイトにアクセスが殺到し、つながりにくくなったのだ。

 サイトに障害が生じるほどの反響。流れは一気に変わり、山口が逆転ホームランを放ったと見る向きも多い。民放キー局で番組制作に携わる関係者も驚きを隠さない。「誰が絵を描いたのかは分かりませんが、あえて研音が火中の栗を拾ったということでしょう」と指摘する。

「研音といえば、夫婦で所属する唐沢寿明(55)と山口智子(54)を筆頭に、沢村一樹(51)、竹野内豊(48)、反町隆史(45)のベテラン俳優陣。若手も川口春奈(24)や杉咲花(21)といった面々が所属する超大手事務所です。役者のマネジメントにかけては日本一と言ってよく、各プロダクションのマネージャーが『転職したい事務所No.1』だと口を揃えます。研音の怒りを買えば、テレビドラマや映画を制作するのは不可能でしょう。そんな事務所が山口真帆さんを一本釣りしたのですから、業界でも話題になっています」

 研音と山口真帆という組み合わせには、“深謀遠慮”が潜んでいると見られているという。その舞台となるのが日本音楽事業者協会、略して音事協だ。

 芸能界における業界団体。ウィキペディアは「タレントの引き抜きによる事務所間のトラブルの防止や著作権・肖像権などの権利確立、タレントの雇用環境の改善等を目的として1963年に創立された」と説明する。一方で、所属芸能人の肖像権を盾に、芸能メディアに圧力をかける団体という指摘も根強い。

「音事協の設立には、バーニング、ホリプロ、渡辺プロダクションの3社が主導的な役割を果たしたと言われています。芸能界を支配する中心的な3社というわけです。そして秋元康さん(61)も、この3社に配慮しながらAKBグループのメンバーを“振り分けた”とされています。一方の研音ですが、一応は音事協にも加盟しています。しかし、あれほどの規模を誇る事務所であっても、実は音事協に理事を出していません。音事協とは一線を引いているのです」(同・民放キー局関係者)

 音事協の役員を現在、どこの事務所が担っているか、その事務所にAKBグループのメンバーや卒業生が在籍しているか調べてみた。表にまとめたのでご覧いただきたい。

■ジャニーズも畏れる研音の権力


 研音が、バーニング、ホリプロ、渡辺プロダクション=ワタナベエンターテイメントに強い対抗意識を持っているのは、この世界では常識だという。だからこそ研音は音事協と距離を置いているわけだ。

 そのような研音に山口真帆が参加したのだから、揣摩憶測が飛ぶのは当然だと言えるかもしれない。3社に所属しているAKBグループのメンバーや卒業生を表にしてみた。その表に山口を入れてみると、まさに孤立という言葉が浮かぶ。

「あのジャニーズでさえ、研音を敵に回せばテレビドラマの制作が不可能になってしまいます。研音の持つ影響力はかなりのものです。山口さんにとっては、自分を守ってくれる会社として、これ以上ベストな事務所は存在しないでしょう。そして研音は、バーニング、ホリプロ、渡辺プロダクションの3社に牽制球を投げたと考えられます。『あなたたちが処遇に困る芸能人でも、俺たちはマネジメントできるぞ』という意思表示です。つまり、日本におけるエンターテインメントの制作において、自分たちが主導権を握っているのだ、という意思表明です。優劣関係を示すマウンティングの一種と見ることも可能でしょう」(同・民放キー局の関係者)

 テレビ業界では「研音の3社に対する宣戦布告」という言葉も飛び交っているそうだから、どれだけヒートアップしているかということになる。

「役者のマネジメントに定評がある研音ですから、やはり山口さんを女優として育てようとするはずです。今の山口さんは抜群の注目度を誇ります。人生最大のチャンスといって過言ではないでしょう。もし彼女の演技力が花開き、視聴者の支持を得たとしたら、芸能界で怖いものはありません。」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年5月31日 掲載

関連記事(外部サイト)