31歳女性ライターが「顔出し」する理由と、それにまつわる危険を防ぐライフハック

 2018年に東洋経済オンラインで最も記事が読まれ、新書『発達障害グレーゾーン』が現在5刷の気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」待望の第6回です。今回のテーマは「女性が現代社会で生きていくことのリスク」。女性はもちろん、男性にも読んでいただきたい内容です。

 ***


■顔出しで仕事をするメリット・デメリット


 顔出しで仕事をする女性の多くが、男性から怪しげなメールやDMを受け取っていることをご存知だろうか? 少なくとも私の周りの顔出しライターや作家たちは見知らぬ男性からセクハラとも取れるメッセージや「二人きりで会いたい」といった内容のメッセージを受信している。中には卑猥な画像を送られてきた作家さんもいる。

 私も最近、そのような類いのTwitterのDMが増えてきたので、一時的にDMを閉じている。しかし、女性がこのような迷惑を被っていることを男性は「モテ」と勘違いして「あなたに魅力があるからだ」とトンチンカンなことを言う人もいる。

 仕事柄、プロフィール写真が必要とされることも多い。顔出しで仕事をすることで、執筆した原稿により説得力を得られるメリットがあるのも要因の一つだ。私もライター駆け出しの頃は顔出しをする予定はなかったが、周りからの強い勧めですることにした。文章だけで勝負をしたい気持ちもあったが、容姿を晒すことでより有利になるのならばと、顔出しを選んだ。しかし、女性が顔出しで表舞台に立つことで、危険な目に遭いやすくなるのもまた事実だ。

 昨年、NGT48のメンバー、山口真帆さんがファンの男性二人に自宅を特定され、自宅の前で暴行を受けた事件があった。そして、なぜか被害者である彼女が謝罪をさせられ、加害者は不起訴となった。最終的に山口さんは所属事務所から「会社を攻撃する加害者」と言われていたことを明かし、「今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません」と言い残しグループを卒業した。山口さんはアイドルなので、容姿も含めて売り出す必要がある。

 また、2016年には、小金井ストーカー殺人未遂事件が起こっている。これは、シンガーソングライターとして活動する女性が、ファンを自称する男にストーカーされ、ナイフで20カ所以上刺されて重傷を負わされた事件だ。

 二人とも、心身共に深い傷を負っていると予想され、心が痛む。小金井ストーカー殺人未遂事件では被害者女性は一時心肺停止状態にまで陥っている。このように、女性は表舞台に立つことで、ときとして命の危険に晒されることもある。私を心の病へ追いやったR氏も、女性が表舞台に立つことのリスクを全く理解していないと思われる行動があった。

 彼は、彼女ができたため私を捨てたが、私が彼女の存在に気づいたのは彼のSNSの投稿だった。ある時期から知らない女の子の写真をアップするようになった。それも、ピースサインなどの決めポーズではなく、隠し撮りっぽいものや「#ファインダー越しの私の世界」というハッシュタグがついていそうな、オシャレ写真に近いものだ(実際にはハッシュタグはつけていなかったけど)。彼女はおそらく、SNSに写真を投稿されていることを知らないのではなかろうか。また、R氏は彼女とはSNSで一切繋がっていないと言っていた。

 彼女の写真をガンガンアップするR氏のSNSを見ることで、精神的に大ダメージをくらい、半日動けなくなることも多かった。だったら見るなという話だが、どうしても気になってSNSストーキングをしてしまうのだ。

 R氏のSNSにアップされた情報を拾い集めると、彼女の人となりが見えてきて、通っている大学まで特定してしまった。しかも、音楽活動をしている子でバンド名も彼は投稿している。バンドの動画をアップするのは構わないが、遡るとデートをしている画像も投稿されている。彼女に彼氏(R氏)がいることが判明する。さらにSNSストーキングを続けると彼女のSNSアカウントも発見したが、そこにはR氏に関する情報はアップされていなかった。ここで疑問に思った。


■男が見えていない世界で生きる私たち


 表舞台で活動している女性は変な男性に狙われやすい。もし、R氏の彼女に男性ファンがいて、彼のアカウントを発見してしまった場合、彼女の身に危険が及ぶことを考えたことはないのだろうか。元NGT48の山口さんや、小金井のシンガーソングライターの女性のような事件に巻き込まれることを想定していない危機感のなさに呆れた。鈍感過ぎる。きっと私も、もっと病んでいたら彼女の元へ乗り込み、R氏が浮気をしていることを知らせ、彼女に嫌がらせをしていたと思う。

「なぜ彼女の写真をアップするのか」とR氏に聞いたところ、「プライベートのアカウントだから……」としか言われなかった。しかし、若くて可愛い女を手に入れたという優越感があったのではないかと個人的には想像している。

 これで彼女が表舞台に立つ活動をしていなかったらまだいい。しかし、事実、彼女はステージに立って音楽活動を行っている。プロになりたいのか、ただの趣味なのかは分からないが、女性というだけで男性のファンがつくことも多い。

 プライベートでも交友があり、長年ファンであるシンガーソングライター・さめざめの笛田サオリさんは、性や恋愛に関する楽曲を制作している。メンヘラ系女子ウケするジャンルの楽曲だ。しかし、音楽を始めた当初は全く違う世界観の曲を歌っていたという。

 デビュー当時、ファンは男性ばかりだったそうだ。笛田さんは女性ファンを増やしたくて、よりディープな女性の気持ちを詰め込んだ歌詞を書いたら女性のファンが増えたと、以前インタビューで語っていた。さめざめの歌詞を読んで、「痛いところを突かれてしまった」と感想を言う男性もいる。そこまでやらないと女性ファンがつかず、時には下心を持って近づいてくる男性もいるのだ。
 
 以前、普段から女装をして過ごしている「男の娘」の歌手・谷琢磨さんを取材した際、

「女装をするようになってから痴漢に遭うようになったし、街を歩くと声をかけられる。女性の気持ちがわかるようになった」

「男性の格好をしていた時代、恋愛は男から動かないと始まらなくて全くダメだった。女性には男性は自ら動く必要があること、男性には女性は声をかけられて嫌な思いをすることがあることを知ってほしい。男女それぞれ入れ替わって生活する体験日が設けられればいいのに」

 などとおっしゃっていた。ほとんどの男性は女性の世界が見えていないし、当たり前だが女性も男性の世界が完全には見えていない。


■気をつけているのに被害に遭ってしまう


 女性であるだけで日常生活には危険が潜んでいる。特に女性の一人暮らしは怖い。

 上京以来、オートロックの物件にしか住んだことがない。これは親がオートロックにしろとうるさいからであったが、家賃の安さからオートロックでない物件に住みたいと思っていた時期もあった。その頃はまだ若く、女性の生きづらさに気づいていなかったからだと思う。

 今住んでいる部屋は、モニター付きオートロックで録画もできる。先日外出先から帰宅してモニターの録画をチェックしたら、運送会社の人には到底見えない、見知らぬ男性がインターホンを押している動画が録れており、背筋がゾッとした。

 離婚をして久しぶりの一人暮らしを始めた知人女性は「家に男性がいない怖さ」を語っていた。逆に、「家に男性がいることの安心感が、結婚して一番良かったこと」と語った既婚女性もいた。

 昔は知らない男性と二人きりになってしまうエレベーターにも気にせず乗っていたが、年上の知人女性から「自意識過剰かもしれないけど、予防はし過ぎるくらいがいい。男性とエレベーターで二人きりになりそうな場合は見送ってから乗ったほうがいい」と言われ、それ以降、なるべくエレベーターで男性と二人きりにならないようにし、二人きりになってしまったときは警戒している。

 でも、女性であるだけで、なぜここまで用心しないといけないのだろうか。性犯罪や暴行事件などが起こると「夜遅くに出歩いていた女性が悪い」「誘うような格好をしていたのではないか」と、セカンドレイプが起こる。私たちは気をつけているのに被害に遭ってしまうのだ。これ以上何に気をつけろというのだろう。

 今の時代、無意識のうちにSNSで自ら、または他人から個人情報を漏らされてしまっていることがある。R氏も彼女に対してこの危険な行動を取っていたのだ。断片的な情報であっても、それらを集めれば点と点が線で結ばれるし、アップした画像を解析すれば、どこで撮影されたのか、どんな機種で撮影されたのか特定することが可能だ。

 小金井ストーカー殺人未遂事件では、加害者は被害者女性からSNSでの返信がなかったことからストーカー行為を繰り返し犯行に及んでいる。

 SNSはその人の行動のいきさつを知る手がかりになる。私も最近はなるべく「●●に行ってきた」と過去形で時間をずらし、タイムラグを作って投稿するよう気をつけている。「明日●●に行く」と予告をしたり、「今●●にいる」という現在進行系で投稿をすると、「私のことをSNSでよく知っているけど私は全く知らない誰か」にストーキングされる可能性もなくはない。

 今やSNSはほとんどの人がアカウントを持っている時代。SNSのおかげで友達が増えた、恋人と出会えた、仕事に繋がった、世界が広がった、という人も多いし、メリットもたくさんある。

 友人でも、SNSで知り合った相手と結婚した人がいるし、私自身、SNSがきっかけでリアルで会って仲良くなった人もいる。15年ほど前までは、ネット上で出会った人とリアルで会うことに眉をひそめる人が多かったが、今は出会いのツールの一つとして確立している。

 しかし今一度、その危険性についても考えてみてほしい。そして、女性は男性の何倍もセキュリティ面で気を張っていることも。

 姫野桂さん連載『「普通の女子」になれなかった私へ』バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年5月31日 掲載

関連記事(外部サイト)