堺雅人「半沢直樹」vs福山雅治「集団左遷!」 銀行ドラマで2人の演技はどこが違う?

「半沢直樹」(TBS)の続編の制作決定が話題だ。1年後の2020年4月から放送される。銀行が舞台のドラマだったのはご記憶のとおりで、最終話で42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の驚異的視聴率を記録し、主演の堺雅人(45)は一躍超売れっ子となった。一方、TBSは現在も銀行の内幕を描いた「集団左遷!!」を放送中。だが、こちらは平均視聴率が合格ラインの10%を割ってしまい、主演の福山雅治(50)の演技に首を傾げる向きも少なくない。2つの銀行ドラマの明暗が分かれた理由は何か。福山と堺の演技の違いは?

 ***

「『集団左遷!!』は福山さんの魅力を生かし切っていない」と評するのは、在京キー局出身で現在はフリーの演出家。福山は不実な銀行本部と対立するバカ正直な熱血支店長・片岡洋を熱演しているが、「空回りしているように見える」と残念がる。

 福山の演技については放送評論家や芸能記者からも「目を大きく見開くなど顔芸に初挑戦しているが、違和感がある」「なぜか毎回走るが、その走り方がオーバーで興ざめする」という声が相次いで上がっている。コメディータッチの作品なので、福山はそんな演技を指示されているのだろうが、前出の演出家は「福山さんにコメディーは相応しくない」と指摘する。

 この演出家の考えでは、福山に似合う役柄は外見と同じ二枚目。「ガリレオ」シリーズ(07年、13年、フジテレビ)での天才物理学者・湯川学のようにクールなインテリや、大河ドラマ「龍馬伝」(10年、NHK)での龍馬のように爽やかで行動力のある男だ。

 しかし、「集団左遷!!」で演じている片岡は、三枚目かせいぜい二枚目半。「この設定にそもそも無理がある」(同・演出家)

 美形の俳優がコミカルな演技をうまくこなすのは難しいのである。おうおうにして見る側に違和感を抱かせてしまう。滑る。

 コミカルな演技で名高いのは森繁久彌さん(1913〜2009)や渥美清さん(1928〜1996)、フランキー堺さん(1929〜1996)たちだが、失礼ながら美形とは言い難い人ばかりなのである。

「福山さん本人も脱二枚目を図りたいのかもしれないが、二枚目を貫くべきではないか。それは俳優として恥ずべきことではないのだから」(前出・演出家)

 確かに高倉健さん(1931〜2014)も、生涯、二枚目役しかやらなかった。徹底していた。忍耐強く義侠心に富んだ男ばかり演じた。

 実は健さんは、領域の狭い俳優だったのだ。それでも誰もが名優と讃えて、2013年度の文化勲章も得た。

 福山と似たタイプの俳優としてよく名前が挙げられるのは、やはり美形の田村正和(75)だが、こちらも演じるのは二枚目ばかり。「パパはニュースキャスター」(87年、TBS)で初めてコメディーに挑戦したものの、これはシチュエーション・コメディだった。田村が顔芸やオーバーアクションに挑んだわけではなかった。

 そもそも福山の本業はシンガーソングライターだ。ライブのチケットは瞬く間に売りきれる。ただし、88年に映画「ほんの5g」で先に俳優としてデビューしており、そのキャリアは長いが、劇団や俳優養成所で演技の修業を積んだことはない。

 そんなこともあって福山も、健さんや田村と同じく、二枚目に徹したほうが俳優としての名がより高まり、ファンも喜ぶのではないか……。


■一方の堺は


 一方、堺雅人は生粋の演劇人。宮崎県屈指の進学校・宮崎南高在学中から演劇部に所属していた。早稲田大学第一文学部に進むと、より演劇に打ち込み、92年には早稲田大学演劇研究会にいた仲間たちと劇団「東京オレンジ」を結成した。

 すると、たちまち小劇場演劇界のスターとなる。早大には学生演劇人が無数にいるが、その代表格だった。当時は愛らしいルックスと確かな演技力が魅力だったという。現在もどちらかというと童顔だが、当時はよりベビーフェースだった。一方で大学は、6年在籍したのち中退する。演技で食っていくという腹を括ったのだろう。

 90年代半ばからは映画やドラマにも出演するようになったが、最初は小さな役ばかり。演劇のほうはスターであろうが収入は期待できないので、若き日は経済的に楽ではなかったはずだ。

 知名度が高まったのは、香取慎吾(42)が主演の大河ドラマ「新選組!」(04年、NHK) で新選組副長・山南敬助を演じ、その演技のうまさが話題になったため。とはいえ、小演劇界では既にスターだったのだから、うまいのは当り前だった。

 映画監督兼ドラマディレクターによると「演劇出身の俳優はうまさのレベルが違う」という。

「舞台は幕が上がったらノンストップで演技をしなくてはならず、NGは許されないから、うまくなければやっていけない。しかも観客は、自分を横側からも後ろ側からも見るので、全身で演技するようになる。一方、ドラマは、短く場面ごとしか撮らない上、失敗したら撮り直しが効く。だから、アイドルでも主演ドラマが作れてしまう」

 やっと堺に主演作がまわってきたのは2010年。刑事モノの「ジョーカー 許されざる捜査官」(フジ)だった。意外なことに堺の主演ドラマが制作されるようになってから、まだ10年も経っていないのだ。背景には、目先の視聴率に惹かれ、主演にアイドルやアイドル的俳優を起用したがるテレビ局側の事情があるだろう。


■顔で得


 さて、堺の演技の特徴はというと、演劇通は「舞台に立つと『そこに堺がいる』という強い存在感を放つ。どこにいてもすぐ分かる」と評する。身長は172センチと決して高くないが、舞台上では隙がないので、得も知れぬ存在感がある。

 ドラマでの堺は知られているとおりで、変幻自在であり、どんな人物であろうが扮してしまう。たとえば、やはりヒット作の「リーガル・ハイ」シリーズ(12年、13年、フジ)では、名声欲、物欲、自己顕示欲など欲だらけで、他人のことなど考えない敏腕弁護士・古美門研介を演じた。半沢とは全く違うキャラクターだ。

 古美門の人物像を文字で説明すると、とても視聴者の共感が得られそうにない男なのだが、堺の演技力によって不思議と憎めないキャラクターになっていた。演技力のない俳優が演じたら、ただの悪徳弁護士になってしまうはずだ。

 実は「半沢直樹」もそうなのである。半沢の口癖が「倍返し」なのはご存知の通りだが、汚い相手に勝つためには手段を選ばない男でもある。ときにはダーティーなこともする。クリーンな男ではなかったにもかかわらず、多くの視聴者の共感を集めたのは、堺の演技がうまいからにほかならない。

 堺は顔で得している面もあるだろう。福山のように美形だと、演じる役柄が狭められてしまう。堺も二枚目ではあるものの、美形とは言い難い。うまくて美形ではないから、どんな役でもハマりやすい。

「半沢直樹」の続編は制作までに7年もかかった。その理由についてさまざまな憶測が飛び交っているが、単に堺が続編への出演にあまり気乗りしなかっただけではないか。

 珍しいことではない。

「多くの俳優は続編の制作を嫌がる。その役のイメージが染みついてしまうし、俳優としての成長も期待薄ですから」(前出・映画監督兼ドラマディレクター)

 堺が「半沢直樹」に再び出ることにしたのは、本人がそれに俳優としての意義を見出したからなのだろう。

 前作とは少し違った半沢を見せてくれるはずだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月2日 掲載

関連記事(外部サイト)