X JAPAN・YOSHIKIとToshlの人気格差がディナーショーの売り上げで露呈

記事まとめ

  • X JAPAN・YOSHIKIとToshlが、ともに8万6400円の価格設定でディナーショーを控えている
  • しかし、YOSHIKIは倍率260倍の回もあるなど好調だが、Toshlの方は席に余裕がある
  • Toshlが洗脳騒動でファンが離れたのに対し、YOSHIKIは自己プロデュースに長けるという

X JAPAN「ディナーショー」売り上げに見るえげつないメンバー間格差

 AKBは総選挙が人気の指標なら、こちらはディナーショーの売り上げが人気の指標なのかもしれない。X JAPANの中心メンバー、YOSHIKI(53)とToshl(53)だ。YOSHIKIは東京で8月、Toshlは名古屋で6月にディナーショーが控えている。

「2人のディナーショーは業界でも最高額の8万6400円。この価格帯でやったのは、松田聖子くらいでしょう。Toshlは2部制の通しチケットを約13万で販売するなど、とにかく強気なんです」(業界関係者)

 値段に見合うものなのかはファンのみぞ知るところだが、ファッションショーや撮影会、本人私物のチャリティーオークションなど、それぞれ内容は確かに盛り沢山。だが、このチケットの売れ行きにかなりの差が出ているというのだ。

「どちらも約500人の会場で、YOSHIKIは東京で12公演が控えている。倍率が260倍の回もあるなど売れ行きは好調で、即完売。Toshlは大阪と東京での公演を終え、残りは名古屋の2公演だけですが、両方共まだまだ席に余裕がある状況です」(同)

 ここまで人気に格差があると、AKBよろしく1万円のグッズを買えば握手が出来る、というToshlの企画にも虚しさを覚えてしまう。それにしても、なぜこんなに差が生まれてしまったのだろうか。

「デビュー当時から、ボーカルが前面に出ない珍しいバンドでした。その後、Toshlは洗脳騒動でファンが離れた。一方のYOSHIKIは自己プロデュースに長け、常に“世界のYOSHIKI”で居続けている。互いにソロ活動が増える中で、Toshlが差をつけられてしまうのは当然なんです」(同)

 得意の高音が悲鳴に変わりそう。

「週刊新潮」2019年5月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)