「豊島将之」新名人は捨て駒なし!? 父が明かすミニマリスト生活

 佐藤天彦前名人(31)を4連勝で下し、名人位を獲得してから1カ月足らず。棋界を席巻する豊島将之3冠(29)の私生活が関係者の間で話題になっている。なんでも豊島サン、ミニマリストなんだって。

 平成生まれ初の名人となったのが、5月17日。これで棋聖、王位と合わせ3冠を達成した。その後の様子について、父で弁護士の茂長さんが語る。

「特に変わった様子はありません。以前はタイトル戦になると気負った様子が見受けられましたが、いまはそうではないですから」

 6月4日からは渡辺明2冠と初のタイトル防衛を懸け、棋聖戦で激突している。

 将棋ライターの松本博文氏が解説する。

「これまでの戦績では17戦して豊島さんが5勝12敗と分が悪い。しかし、昨年度の活躍は甲乙つけがたく、年間最優秀棋士を決める記者会の投票では豊島さん7票に対し、渡辺さんは6票。五分の勝負でしょう」

 決戦に挑んでいる豊島3冠だが、実は私生活では“捨て駒”すらないのだという。さるベテラン棋士は、

「豊島さんはほとんど物を持たないミニマリストなんですよ。彼は実家に住んでいるのですが、部屋には座卓の上にパソコンだけ。何もないので、驚いた記憶があります」

 と、語る。必要最小限度の物だけで暮らすことを意味するミニマリスト。さては、流行のライフスタイルに稀代の棋士も身を投じたのか。


■映える趣味


 茂長さんが続ける。

「将之の部屋は和室と洋室、2部屋あります。和室には確かに座卓とパソコンだけ。洋室には本棚に勉強机、衣服などの身の回りの物を置いています。スーツは10着くらい、ネクタイもファンの方からいただくので、50本は持っています。本棚には将棋の本がびっしり詰まってますよ」

 一方で私物に関しては、こう話す。

「私服は少ない。ユニクロのような量販店で買ってきたジーパンやTシャツ、パーカー程度。コーディネートするほどは持っていません。将棋以外の本はかつて読んでいた東野圭吾さんの小説があるくらいです。物は少ないので、ミニマリストっぽいのは確かですね」

 ほかの棋士を見渡すと、渡辺2冠はぬいぐるみ好きであり、名人戦で対局した佐藤前名人はファッションやフットサルなど、多趣味であることで知られている。ご当人は打ち込める趣味がないことを気にしているそうで、

「いまは将棋三昧といった感じです。ただ、本人と話していると“自分も何か始めた方が良いかな”と漏らすことがあります。メディアの取材で取り上げられるときに映えるような趣味が欲しいのではないでしょうか。だからといって何かを始める様子はないのですが……」

 先の松本氏が言う。

「棋士は一般的に20代から30代前半がピークです。“史上最強”と呼ばれ、最新戦法の研究も怠らなかった羽生善治さんは25歳で7冠を達成。いまが正念場という意識は豊島さん本人の中にもあると思いますよ」

 目下、趣味にかまけている時間はなさそうだ。

「週刊新潮」2019年6月13日号 掲載

関連記事(外部サイト)