カラテカ入江の裏営業問題、芸人にとっては“あるあるネタ”で問題意識はゼロ

■「闇も光に代わる」


 6月5日、「水曜日のダウンタウン」(TBS系列・水曜22:00〜22:57)は陣内智則(45)が出演し、「『俺に何か言わなきゃいけないことないか?』とカマかけられたらベタに余計なこと喋っちゃう説」をプレゼンした。

 ***

 早速、VTRが放送される。最初の“ドッキリ”は仕掛け人がインパルスの板倉俊之(41)で、カマをかけられたのはコンビの堤下敦(41)だった。

 この2人は裏営業問題とは全く関係ないのだが、「なかなか面白い。記事にしよう」と判断したメディアも少なくなかったようだ。

 例えばサンスポは6日(電子版)、「インパルス堤下、年収『150万』告白 マッチングアプリ登録も白状」との記事を掲載。「俺に何か言わなきゃいけないことないか」とカマをかけられ、年収とアプリを白状してしまった経緯を伝えた。

 問題は次だ。仕掛け人はFUJIWARAの藤本敏史(48)。カマをかけられたのはコロコロチキチキペッパーズのナダル(34)だ。

 ナダルは「マジ何の話か分かんないですけど」と困惑の表情を浮かべるが、藤本に「俺から言いたないねんて」と畳みかけられると、「闇営業っすか?」と余計なことを喋ってしまう。

ナダル:いや闇営業は、でもホンマにこれ食ってかなアカンから。

藤本:よう行ってる?

ナダル:よう行ってるというか、そんなに行ってないですけど、今度ゴールデンウィークに「ゴールデンウィーク闇」あります。

藤本:別にお前、食うていけるやろ?

ナダル:いやでも、こんなん言いたないですけど、キャベツ確認中の(キャプテン★)ザコさん(42)が言ってたんです、マジで「闇って言うだろ」みたいな。「な、闇もやり続けてたら光に変わんだ」って。

藤本:闇とかすなって、お前は、ねえ。

ナダル:はい、すいません。

 このやり取りを、さっそく芸能メディアが報道した。タイトルをいくつかご紹介しよう。全て電子版を出典とした。

◇「コロチキ・ナダル、“闇営業”明かす『食ってかなアカンから』」(サンスポ:6月6日)

◇「コロチキ・ナダルに視聴者戦慄 口車にのせられて『自供』連発」(J-CASTニュース:6月6日)

◇「カラテカ入江の闇営業問題、コロチキ・ナダルが『水曜日のダウンタウン』で『闇営業は、ホンマ食ってかなアカン』と漏らしていた」(スポーツ報知:6月7日)


■苦しい発言だった加藤浩次


 民放キー局でバラエティ番組の制作に携わる関係者は「吉本興業が入江慎也さん(42)を6月4日付で解雇したと、複数のメディアがキャッチしたのは6月6日の木曜でした」と解説する。

「『水ダウ』のオンエアは6月5日の水曜。その翌日から入江さんの解雇が電子版などで報じられました。一部のネットメディアは『水ダウ』がナダルの闇営業ネタを扱ったことに『番組として相変わらず攻めの姿勢を見せた』と評しましたが、それは大げさだと思います。スタッフは6日の木曜に何が報じられるか知らなかっただけでしょう。もし6月4日の火曜に入江さんの解雇が報道されていたとしたら、スタッフは必死で編集して、ナダルさんのパートをカットしていたはずです」

 6日から始まった解雇報道を受け、翌7日の「スッキリ」(日本テレビ系列・平日8:00〜10:25)は、やはり吉本興業に所属するMC加藤浩次(50)の発言に注目が集まった。

「実は17年、加藤さんは相方の山本圭壱さん(51)とAbemaTVの『極楽とんぼ KAKERU TV』に出演し、過去の闇営業を告白しています。そのこともあって、『スッキリ』では会社の説明不足を指摘するなど、苦しい心の内が滲み出ていたと思います。そもそも入江さん自身が18年の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系列・土曜23:10〜23:40)で、あかつさん(38)の裏営業をバラしています。芸人の皆さんにとっては“あるあるネタ”みたいなもので、問題意識はゼロだったということです」(同・関係者)

 つまり、裏営業そのものは吉本興業も黙認していたという可能性が出てくる。入江が解雇されたのは、反社会的勢力との関係が問題視されたというわけだ。

「アルバイトで生計を立てている芸人さんは非常に多く、これは禁止されていません。友人の結婚式を3万円のバイトで引き受けた場合、裏営業との線引きは曖昧です。結局、『誰が』、『どんな依頼主から』、『どんな内容の副業を』、『ギャラいくらで引き受けたか?』という4条件が、その時々のケースバイケースで問題視されるわけです。変な言い方ですが、普通の裏営業であれば、今後も黙認の状況は変わらないのではないでしょうか」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年6月15日 掲載

関連記事(外部サイト)