吉岡里帆や白石麻衣、山崎賢人などの著名人のお面、Amazon.co.jpで無許可販売

記事まとめ

  • Amazon.co.jpで古今東西・老若男女の著名人のお面が販売されているよう
  • 某プロダクションは「うちが許可を出して売られているものではありません」と話す
  • そうしたモノの売買の場を提供したAmazonの責任を追及する声も出ている

アマゾンに「有名芸能人」のお面がズラリ… 事務所の許可なし、法的な問題は

 検索窓に「芸能人 お面」と入力してみれば、古今東西・老若男女の著名人のお面がズラリ……。これは、おなじみAmazon.co.jpでの光景である。なかには日本人タレントのお面もあるが、なぜか製造元は英国企業。何に使うの? 法的に問題ないの? 調べてみた。

 ***

 膨大なラインナップから、そのいくつかを取り上げると、吉岡里帆白石麻衣、山ア賢人といった時の人気者から、郷ひろみ、とんねるず・木梨憲武、叶姉妹らシブいチョイスまで。年齢も所属事務所もさまざまで、なかにはあの小室圭さんのお面なんてものまであった。関係各所の許可を取っていないことは容易に想像できるが、一応、所属タレントをお面にされてしまった某プロダクションに聞くと、

「ご指摘を受けるまで、まったく把握していませんでした……。もちろん、うちが許可を出して売られているものではありません」(広報)

 と驚きを隠さない。

 662円するお面のほかに、数千円する“等身大サイズ”のパネルもある。こうした一連の商品は、主に「Celebrity Cutouts」なる企業が手掛けているようで、販売元は「celebrity-cutoutsjp」。昨秋ごろから、日本のタレントのお面を売り始めたようである。

 商品説明によれば、

〈私たちCelebrity Cutouts社は驚く程の数のセレブ達のリアルマスクを取り揃えています。〉〈トップクオリティのセレブ達のリアルマスクは全てイギリスで製造されており、最高品質の素材と印刷方法を用いています。だからこそ本物同様に見えるのです。〉

 だそうで、さらに、

〈模造品にはどうぞご注意ください。当社のリアルマスクはすべて裏面にCelebrity Cutouts証明ホログラムがあります。ホログラムがない場合は、Celebrity Cutouts製品ではありません。〉

 なんて“パチモノ注意”をも呼びかけているのだ。盗人猛々しいというか、なんというか……。

■“お祭り”で75万個が売れた


 実際の出来はどうなのか。調査のため幾つか取り寄せてみた商品が、掲載の写真である(現在は「上戸彩」の取り扱いは終了した模様)。

 顔の上には白い印刷跡が走り、お世辞にも画素がいいとはいえない。目に沿って丸い切れ込みがあるほか、商品の裏には頭にかけて着用するためのゴム紐がある。これがおよそ600円、さらに送料というのは、なかなか強気な商売だ。購入者のレビューにも、そのクオリティを問う声が見受けられる。

 先述のとおりCelebrity Cutout社は英国企業で、Amazon以外にも、英語・スペイン語の公式販売ページもある。一方、Amazonで購入した商品の送り主は、東京都内を住所にした「Celebrity Cutouts配送センター」だった。

 いったい何に使うアイテムなのだろう? 北米在住ライターの関陽子氏 は「Celebrity Cutout社以外にも、かなりの同業者がいるようです」として、海の向こうの“お面事情”をこう語る。

「その発祥ともいえるのが、Mask-Arade(マスカレード=仮面舞踏会)という英国の会社のようです。英国政府のサイトにある紹介記事によれば、2008年、ふたりの男性がパブで飲みながら思いついたアイデアだそう。当初はスポーツ選手のお面を自宅で作り、試合会場などで販売していたそう」

 最初の600個を手作業(!)で仕上げたこのビジネスは人気を博し、11〜12年の“お祝い”需要でさらに拍車がかかった。そう、ウィリアム王子とケイト妃の結婚と、エリザベス女王の在位60周年である。前者のときには25万個、後者では実に75万個のロイヤルファミリーのお面が売れたという。


■パブリシティ権の侵害か


 こうしたお祭りでの使用目的以外としては、

「政治家のお面はデモのときに使われるほか、ハロウィーンなどのパーティーイベントの需要、あとはInstagramなどのSNS用に購入する人も多いみたいですね。アメリカやカナダでは、カスタムメイドのお面サービスも盛ん。等身大の異性のパネルを作って、リアルなパートナーの代わりにプロムに“連れて行く”なんて使い方もするみたいです」(同・関氏)

 関氏によれば、元祖のMask-Arade社は、後発社との差別化を図るため、セレブ側と正式に契約を結ぶべく活動をしているという。実際にライセンスを取得もしているようで、Mask-Arade社の商品も日本のアマゾンで購入可能だ。ただし、扱いは海外セレブとダース・ベーダ―のお面のみで、日本の芸能人の品はない。

「アメリカではなくイギリスで“お面ビジネス”が盛んな理由は、法律も関係しているかもしれません。セレブの肖像権やプライバシーに関するあれこれは複雑なうえ、アメリカの場合、州ごとに違っていたりもします。調べた限りでは、これまでお面をめぐってトラブルにはなっていないようですけれど」(同・関氏)

 では、日本ではどうなのか。日本の芸能人のお面が売られていることについて、肖像権に詳しい金井重彦弁護士 は、こう解説する。

「一般人ならプライバシー保護の意味合いで肖像権の侵害となるのですが、今回は芸能人ですから侵害というには難しい。雑誌などに掲載された写真を勝手にお面にしたら著作権違反ですが……」

 Celebrity Cutout社は〈トップフォトエージェンシーと自社デザイナーによってオリジナルで作成されています〉と商品説明で謳っているから、“自分たち”で撮った写真と主張できるのかもしれない。

「むしろ今回のケースは、タレントの肖像でビジネスをする“パブリシティ権”の侵害にあたるのではないでしょうか。事務所の商売の権利を侵害している、というわけです。製造が英国企業でも、これに該当するのか? うーん……。難しいところですが、日本のAmazonで販売しているわけですからね。日本で肖像権侵害に該当するものを輸入しているとみなせるでしょう。いわゆる“海賊版”の販売と同じです。そうしたモノの売買の場を提供したAmazonの責任も、まぬがれないのでは」

 お面をかぶってほっかむりを決め込む、とはいかないようだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月15日 掲載

関連記事(外部サイト)