発達障害夫が問題ばかり起こすのは「あなたの愛が足りないから」と姑に言われ絶望した件

「カサンドラ症候群」(以下、カサンドラ)とは、発達障害の一種「アスペルガー症候群」(以下、アスペルガー)の夫や妻、あるいはパートナーとのコミュニケーションが上手くいかないことによって発生する心身の不調です。特に夫婦関係で多く起こると言われていますが、最近ではアスペルガーの家族や職場・友人関係などを持つ人に幅広く起こり得ることが知られています。本連載「私ってカサンドラ!?」では、カサンドラに陥ったアラフォー女性ライターが、自らの体験や当事者や医療関係者等への取材を通して、知られざるカサンドラの実態と病理を解き明かします。

バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/cassandra/

 ***


■夫が過去に起こした「事件」の真相


 夫に指示語が通じていないことが発覚して思い出したのはこれまでに彼に感じた違和感の数々だった。

 私たちは学生時代からの知り合いで、共通の友人も少なくない。趣味が豊富でフットワーク軽く飲み会に顔を出す彼の周りにはいつもたくさんの人がいた。

 けれど、長い付き合いの中で何度か、仲良くしていた後輩と連絡が取れなくなったと落ち込んでいるところや、飲み会の店から店への移動で他の人から撒かれている(!!)ところを目にしたり、酒の席でタチの悪い喧嘩をしていたらしいとか、彼が過去に何か事件を起こしたらしいという心無い噂話を耳にしたことがあったこと。

 また結婚前の挨拶のとき、彼のおかあさんから「この子のどこを好きになってくれたの?」と聞かれたのだが、私の回答に彼女が不安そうにしていたこと、結婚式に来てくれた恩師が「本当にこいつでいいのか?」と真顔で言ったこと。

 夫が「会社で毎日上司から酷く怒鳴られる」と愚痴っていたこと……。頭の中を数々の記憶が走馬灯のように駆け抜けていく。

 それで、まずは夫の母に彼の生育歴、特に思春期に起こしたらしい事件が本当のことなのか聞いてみようと思った。

 なんとかオブラートに包んでうまく聞き出せないかと思ったのだが、何度も書き直した結果諦め、単刀直入に「突然すみません、彼が未成年の頃に事件を起こしたことがあるというのは本当ですか。よければ詳しく教えてください」とメールをした。

 すると当たり前だが「どうしたの」と慌てた返事が来たので、上の子を妊娠して以来、人が変わったようになってしまったこと、夫婦仲がうまくいっていないこと、解決したいがもう打つ手がないので状況を打開するためのヒントを探したいので彼の生育歴を詳しく聞きたいと綴ったところ電話がかかってきた。

 ところが涙声で「あなたも殴られたり怒鳴られたりしているの……!?」と言ったきり、彼女が言葉に詰まってしまったので驚いた。何かあるだろうとは思ったけれど、義母の反応は私の想像を超えている。

 泣いている義母にこれ以上質問するのは心が痛むが、お互い二度も三度もこんな気まずい電話には耐えられないだろう。だから重ねて「彼の過去を教えてください」と頼んだ。動揺を隠そうとするあまり冷たく聞こえたかもしれない。

 聞いた話をまとめるとこうだ。

 夫は小さい頃から大変に元気な子供だった。常に走り回っていたので、ちょっと買い物に連れて行くだけでも見失ってしまうし、家の中でもタンスの上から妹に飛びかかるような有様だったので、いつも叱りつけていなければならなかった。

 小学校くらいになると怪我や事故はしょっちゅうで、一緒に外出して一瞬でも目を離せば何かをやらかし、親がついていても通りすがりの他の大人から怒鳴られることが珍しくなかった。

 また学校では同級生とうまくやれず孤立しており、思春期になると家で暴れるようになったが、「事件を起こした」その真相は、暴力事件ではなく薬物中毒だった。

 更生のための鑑別所から出所して数年後、私と出会ったのだ。

■「やめて」と頼んだことに限って必ずまたされる


 全てを話してくれた義母は「あの子は、本当は優しい子なの。叱って育てたからこんなことになってしまった」と私に懺悔するように言った。それが夫を育てた彼女の結論だったので、当然私にもこう言った「だからあなたが愛してあげればあの子は暴れなくなるはずなの。愛が足りないのよ」。

 義母は本当に優しく尊敬できる人柄で、良い母親をイメージするとき自然と彼女を思い浮かべるほどいまだに大好きな人だ。でもこの時はさすがに無茶苦茶だと思った。

ーーおかあさん、あなたの息子が暴れん坊なのは私のせいじゃありません。だってこれ、今に始まったことじゃないじゃない。

 もちろん口には出さなかったがムッとした気配は電話口から伝わっただろう。電話を切った後も気不味い思いはぬぐえなかった。

 話を聞いたら益々、彼の不安定さの原因が「愛が足りない」なんて漠然としたものだとは思えない。「もっと愛する」どころか、おかあさんが泣きながら話してくれた彼の過去のエピソードを聞いて「ああ、おかしいのは彼だった、私じゃない!」と思っている私は、どうやったって彼の味方ではありません……。

 そして、私はそれらの特徴をネット検索にかけた。

 すると出てきたのが、2ちゃんねるの「旦那が発達障害かも!?な奥様」というスレッドだった。

 そういえば結婚する直前くらいに、夫が「上司から、お前発達障害じゃないのと言われた」と、言っていたことがあった。

 ところが、私はそれを否定したのだ。「違うよ〜。だって発達障害って知的な遅れのない自閉症でしょ? こんな簡単に人と付き合ったり暮らしたりできないでしょう?」と。

 なぜなら私はドナ・ウィリアムズの『自閉症だったわたしへ』(新潮文庫)を通じてしか高機能自閉症を知らず、しかも触られるのが大嫌いだという感覚過敏に対する記述しか覚えていなかったから。

 にもかかわらず、そのスレッドに書かれた旦那さんへの愚痴エピソードのほとんどは私にも身に覚えがあるものだった。これまで友人に話してもカウンセラーに話しても「男なんてそんなもんよ」と全く共感されなかった小さな違和感が上手に言語化されていた。

 例えば、食事に対する執着。大皿に盛って出すおかずは全部食べられてしまうことはあるあるで、お酢事件もこの延長だったのかと腑に落ちたこと。

 一緒に出かけるとどんどん先に歩いて行ってしまい、しかも声がけも理由もなく行き先へのルートから外れたりすること。

 気にくわないことがあると一人でブツブツ言いながらこれ見よがしに大きな物音を立てて家中を歩き回ること。

 先の休みに遊びに誘っても返事を保留され結局当日まで予定がわからずどこにも行けないこと。

「やめて」「やらないで」と何度も頼んだことに限って必ずまたされること、など。

 私と同じような体験をしている人がたくさんいる! と知ったとき、ホッとして涙が出た。一人し?ゃなかったことへの安堵だった。これまでずっと孤独で不安だったことに、自分でも気付いていなかったのだ。

 そうか、夫は発達障害だったのか。


■発達障害ではなくただのDVでは?


 そして次に私はこの仮説を誰かに話したいと思った。

 彼のことを知っている人に話して、この気持ちを分かち合ってもらいたい。

 そこでもとは夫の友人だけれど、私とも馬が合い大変よくしてくれるある人に「夫が発達障害じゃないかと思うんだけど」と言ってみた。博識だけれど、常に傍観者に徹して面白がるようなところのあるその人は「あれは発達障害じゃなくて、ただのサイコパスでしょう」と言った。

 これは今から約6年前のことだ。発達障害に対する認識は今ほど一般的ではなかったし、私も元夫と友人付き合いをしていたときはこの違和感には気が付かなかった。2019年現在も、これまでの連載記事にはやはり「発達障害ではなくただのDVでは?」といったコメントをたくさんいただいている。

 結婚後、家庭に持ち込まれた彼の攻撃的な人格と酒癖の悪さが一番の問題だったので、私ももちろんDVを疑った。役所の相談窓口に夫とのトラブルを話したところ、DV専用相談窓口に回され、シェルター入りをすすめられたこともある。

 けれど、幸か不幸か、当事者になる前から私にはDVに対する知識はあった。さらに犯罪心理学にも興味があって、犯罪事件のノンフィクションを読むのが趣味だったこともあり、いわゆるサイコパスに対しても一通り知っていた。

 だから、彼のパーソナリティーがどうしてもサイコパスやDV加害者のそれと一致しないと感じていた。

 けれど、私がされていることはDVであることもまた間違いないのだ。

 両者に違いはあるのだろうか。

〈次回につづく〉

星之林丹(ほしの・りんたん)
1982年、東京都生まれ。結婚を機に制作会社を退職してフリーランスに。6年で離婚、2児の母。

2019年6月17日 掲載

関連記事(外部サイト)