山口百恵と三浦友和の「婚前密会」をお膳立てした才女の正体

 令和元年に23回忌を迎えるその女性の墓は、鎌倉の地で梅雨の雨に濡れていた。1980年(昭和55年)の結婚を機に、人気絶頂で引退した歌手の山口百恵と、俳優の三浦友和。ツーショットを捉えようと報道合戦は過熱したが、2人をカメラから遠ざけ密会をお膳立てしたのが、墓に眠る才女だった。

「79年10月に、百恵ちゃんが友和さんとの交際を発表してから、コンサートは超満員。テレビの視聴率も彼女の出演で跳ね上がって、レコードも軒並み大ヒットでしたね」

 とは、平凡出版(現・マガジンハウス)が刊行していた「週刊平凡」元編集者で、作家の塩澤幸登氏である。

「空前の百恵フィーバーが起き、所属事務所のホリプロもレコード会社も、あの手この手で商売をしましたからね。僕らマスコミもそれに合わせ大騒ぎ。好き放題書かれた彼女は我々を嫌い、全社の取材を拒む事態になってしまいました」

 挙式はいつ何処で、花嫁衣裳は……という話題から、彼女と不仲だった実父に関する記事までが巷に溢れた。

「取材窓口になる筈のホリプロも、コントロールが利かず何を報じられてもお手上げ状態。百恵ちゃんからすればそっとしておいて欲しい、という気持ちがあった中で、ガサコさんが彼女の味方になったのです」

 ガサコこと折笠光子氏は、部数100万部を誇った平凡出版の国民的芸能誌「月刊平凡」の名物編集者。細やかな気遣いと才気溢れる取材で芸能人らの信頼を集め、新御三家を始めとする70年代アイドルスター全盛期の仕掛け人と呼ばれた。

 再び塩澤氏が振り返る。

「ガサコさんは芸能人の面倒見がいい。一人の中年女性として、真剣に若い女の子の相談に応じるような人。だから百恵ちゃんに対しても、人生の先輩として、特ダネより彼女の幸せを優先していたんだと思います」

■雑誌掲載を拒んだ


 実際、折笠氏は相棒の西郷忠隆カメラマンと一計を案じ、各社の張り込み攻勢でデートも困難となった若いカップルのため一肌脱ぐ。

 長田美穂著『ガサコ伝説「百恵の時代」の仕掛人』(新潮社)によれば、

〈山中湖にある平凡出版の保養所にも行った。百恵担当のガサコと西郷、嶋らと一緒に、(百恵と友和の)2人はテニスやバーベキューを楽しんだ。(中略)鎌倉の西郷の家にも、2人はやってきた。西郷のヨット「ガサ号」に乗り込んで、湘南の海を楽しんだ〉

 この際、独身時代の思い出にテニスコートで百恵&友和のツーショットも撮影されたが、写真を見た上司に対し、折笠氏は雑誌掲載を頑として拒んでもいる。

 平凡出版の後輩で、現在は流行仕掛け研究所代表を務める島田始氏に訊くと、

「折笠さんと芸能人の話をしても、百恵さんを話題にすることはなかったですね。もともと過去の手柄話をひけらかさない謙虚な方でしたが、百恵さんが結婚してからは、もう家庭に入った一般人だから、との気持ちがあったのかもしれません」

 97年、定年退職を目前に57歳で世を去った折笠氏の葬儀では、三浦友和が弔辞を読み、参列できなかった百恵は後に夫婦揃って墓前で手を合わせたという。

「週刊新潮」2019年6月20日号 掲載

関連記事(外部サイト)