著名人の熟年離婚20選、72歳「ビートたけし」は結婚から36年の離婚で第4位

■離婚時の平均年齢は50代


 共同通信は6月12日、「ビートたけしさんが離婚 タレントで映画監督」と報じた。たけしは1947年生まれの72歳。当然ながら、世間の誰もが“熟年離婚”と受け止めた。

 ***

 それでは、これまで芸能人などの著名人が熟年離婚に踏み切ったケースは、どのようなものがあっただろうか。話題となった主な離婚をまとめ、結婚期間の長さを基準として表にした。

 まずは1位の橋幸夫(76)から、同点10位の杉良太郎(74)、林隆三(1943〜2014)までをご覧いただこう。ちなみに結婚期間が36年だったビートたけしは4位に入っている。

 次は12位の井上ひさし(1934〜2010)、横内正(77)から、同点20位の香川照之(53)、唐十郎(79)、千葉真一(80)、萬屋錦之介(1932〜1997)までの表だ。

 表に登場したのは23組の夫婦。夫側も妻側も離婚が報道された時の年齢を記載している。これを元に男性の平均年齢を計算すると56.52歳となった。また年齢が報じられた女性は19人で、同じように平均を求めると54.21歳だった。50代というのが、1つのキーポイントなのかもしれない。

 離婚の原因は、新しい交際相手との再婚という理由が少なくない。橋幸夫、石坂浩二(77)、ラサール石井(63)、杉良太郎、井上ひさし、黒澤久雄(73)、渡辺謙(59)、唐十郎、千葉真一、再々婚となった萬屋錦之介(1932〜1997)と10人。全体の43.4%に達した。

 ただ黒澤久雄の場合だが、離婚を切り出したのは妻の林寛子(59)だと報じられた。更に離婚発表の3年前、林の不倫騒動が持ち上がったことを付記しておく。

 それにしても1位の橋幸夫となると74歳で再婚のために離婚したことになり、そのエネルギーには――離婚について賛否両論あるだろうが――正直言って驚かされる。そしてビートたけしも再婚の可能性が取り沙汰されているのはご承知の通りだ。

 そもそも再婚であり、その再婚相手と熟年離婚に踏み切ったというケースが横内正、坂本龍一(67)の2人だ。坂本は離婚前、テレビ番組「おしゃれカンケイ」(日本テレビ系列:1994〜2005)で愛人の存在と、その間に男児が生まれたことを告白している。竹脇無我(1944〜2011)にも内縁の妻がいた。男性は半分以上を艶福家が占めたと言えるかもしれない。

 逆に“三下り半”を突きつけられた男性もいる。孤独な心境を吐露したのはヨネスケ(71)だ。雑誌「週刊現代」のweb版「現代ビジネス」で「熟年離婚したヨネスケが激白『孤独な晩年に思うこと』」の記事が掲載されている。元は週刊現代のインタビュー記事だ。

《3年前の3月に長年連れ添った妻と離婚しました。原因は、率直に言えば、僕が家庭を顧みなかったから。ほぼ家に帰らなかったからね。

 ウチの子どもは全てカミさんが育てたようなもんで、僕はカネだけ送ってたような関係だったから、そりゃ怒るわ。

 きっかけは、カミさんに何か愚痴られたときに「分かったよ、それなら別れてやるよ」なんて言ったもんだから、カミさんも長年、積もり積もっていたものが爆発したのか、「あたぼうよ!」と。それで離婚です》

《離婚した前後で気持ち的に一番変わったのも、やっぱり僕がいよいよってなったときに、もうカミさんが面倒見てくれねぇんだなってこと。

 子どもには負担をかけないようにしたいとは思っているけど、もし、僕に何かがあったときは、こうしてくれって本当は言わなきゃダメなんだよね。まだ、そのときのことは子どもとは話せてないんだ》


■女性が再婚するケースは稀?


 度重なる浮気が原因で妻や子供と絶縁状態に陥ったのが山城新伍(1938〜2009)だ。女癖の悪さから東映で同期だった花園ひろみ(78)と66年に結婚し85年に離婚。再婚を懇願して91年に実現するも、一向に行動が改まらなかったことから99年に再び離婚されてしまった。

 山城は2009年に死去するが、例えばサンスポは、元妻や子供との絶縁状態が解消されなかったこと踏まえ「山城新伍さん、悲し遺言『2人には伝えるな』」の見出しで報じた。

《関係者によると、山城さんは、元妻と娘への訃報の知らせを拒んでいたといい、「2人には伝えるな」との“遺言”を残していた。

 糖尿病で車イスの生活を余儀なくされていた山城さんは昨年6月ごろ、町田市の特養老人ホームに入所。同年秋、「週刊文春」の取材に「面会には昔のマネジャーと弟がふた月にいっぺんぐらい来るけどね。そうじゃないと寂しいじゃない」「ここが終の棲家」などと語った。この記事が掲載された後も、花園と南(註:長女の芸名)が見舞いに訪れることはなく、山城さんはそのことを恨んでいたという。(略)結局、父娘関係も、元夫婦の関係も修復することはなかった。山城さんは、「週刊文春」にこんな一言ももらしている。「娘には会いたいけれどね…」。昭和のスターと呼ばれた男の願いは、かなわなかった》

 妻の不倫が原因で離婚したのは布川敏和(53)だ。「週刊新潮」は2014年、妻のつちやかおり(54)と料理店主の不倫、布川との別居を報道。つちやは会見を開いて事実関係を認め、布川が狼狽する一幕もあった。

 最終的に同年6月に離婚。会見でつちやの再婚について問われた布川は猛反発した。スポーツ報知の「布川敏和とつちやかおりが離婚し別々会見 次女が成人するまで『再婚許さない』」から引用させていただく。

《「次女が彼女と住んでいくにあたって、新しい誰かが住んだり、結婚したりとかになると、僕が(次女を)向こうに住まわすわけにはいかない。一緒に住むことは許せない。『成人するまでしっかり育てる』という条件ですね」》

「妻の不倫」が報じられた夫としては、他にジェリー藤尾(78)が有名だ。妻だった渡辺ともこ(現・友子)がジェリー藤尾のアルコール依存やDVを告発し、芸能メディアは藤尾に対する厳しい論調が多数を占めた。

 渡辺が家を出る形で別居生活が始まるが、その後も2人の娘は藤尾との同居を続けた。更に離婚時も娘たちは父のサイドに立ち、最終的には長女が渡辺の派手な男性関係をマスコミに“告発”することで藤尾へのバッシングは収束を見せた。

 女優で演出家・劇作家の渡辺えり(64)にも、一部メディアが不倫を原因とする報道を行った。とはいえ、表に出てくる女性23人のうち、一般人は8人。再婚など、その後のプライベートが報道されなかった可能性は否定できない。

 それでもなお、やはり男性側の派手な女性関係に比べると、女性側の余生は静謐な印象を受けてしまう。対照的と言っていいのではないだろうか。

 男女問題ではなく、金銭問題が離婚の大きな理由となったのが渡辺謙。妻が4億円以上という巨額の借金を無断で行ったと離婚を求めたが、法廷闘争は泥沼化した。

 妻側が渡辺謙の派手な女性関係を暴露したこともあり、メディアは詳報を重ねた。だが2004年に東京地裁が離婚を認め、財産分与の必要はないと判断。05年に東京高裁も一審を支持し、妻が上告しなかったことなどから離婚が成立した。

 同年、渡辺謙は南果歩(55)と再婚。だが渡辺の不倫を原因として、2018年5月に離婚が成立したのはご承知の通りだ。

 と、駆け足で23組の夫婦が離婚に至った経緯をご覧いただいた。ちなみにフランスの劇作家、アルマン・サラクルー(1899〜1989)は「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」という言葉を残している。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月21日 掲載

関連記事(外部サイト)