【新潟・山形地震】翌朝の「あさイチ」が予定通り腰痛企画を放送 民放から怨嗟の声も

記事まとめ

  • 「新潟・山形地震」から一夜が明けた「あさイチ」では、予定通り腰痛企画が放送された
  • 民放各局は当然のように災害報道に切り替えており、NHKに怨嗟の声が上がっているよう
  • 「呆れましたよ。公共放送が何をやっているんですかね」と民放のプロデューサーは話す

NHK「あさイチ」が大地震の翌日、のん気に腰痛企画を放送 民放からは怨嗟の声

 新潟県で最大震度6強、山形県で震度6弱を観測した「新潟・山形地震」から一夜が明けた6月19日の放送を巡り、民放各局からNHKに対し、怨嗟の声が上がっているという。やり玉に上がっているのは、朝の情報番組「あさイチ」だ。

 ***

 とある民放のプロデューサーが言う。

「19日の朝は、各局とも当然のように、災害報道に切り替えました。しかし『あさイチ』は、冒頭に地震のニュースを入れ込んだだけで、予定通り“ビックリ!腰痛の新常識”を流し続けました。もうビックリというよりも、呆れましたよ。公共放送が何をやっているんですかね」

 確かにこの日の「あさイチ」は、番組冒頭の10分間、地震関連のニュースを放送し、残りは通常の放送だった。もっとも、今回の地震は震度6強という揺れは大きかったものの、不幸中の幸いにして死亡者は出なかった。

「それでも放送するのが、国から放送免許を与えられたテレビ局の矜恃というものです。確かに被害は大きくはありませんが、現地では地盤が緩んだ場所に雨が降り続いており、二次災害の危険もあったのですから。『あさイチ』の近江友里恵アナだって、ニュースから切り替わるときに、『今日の「あさイチ」は放送の内容を一部変更してお伝えしていきます。また新しい情報が入りましたらお伝えしていきます』と言っておきながら、その後は何も伝えなかった。民放はどこも地震予知連絡会であるとか、地震学者などをスタジオに呼んで、時間を割いて、余震や土砂災害などへの注意を呼びかけていました。それくらいやって当然でしょう」(同・民放プロデューサー)

 念のために言っておくと、同じ8時台の民放はといえば、「スッキリ」(日本テレビ)は番組開始から1時間を地震に充てていた。「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)は40分間、「ビビット」(TBS) も1時間。「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)に至っては、1時間50分の放送時間すべてが地震関連の情報だった。そしてMCの小倉智昭は、最後にこう言って番組を〆た。

「今日はラジオ・テレビの欄の内容とは全く違うことをやりました。みなさん、おわかりであろうと思いますが、ご了承ください」

 当たり前のことと言わんばかりである。

「こういう時は、広告収入に頼る民放も、視聴率云々を言っている場合ではありません。にもかかわらずNHKは、ラテ欄通りの番組を生で流していました。おかげで『あさイチ』の視聴率は13・6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区)ですよ。そこまでして視聴率が欲しいんですかね。これでは、各局が緊急放送をしているのに編成を変えない、テレ東と一緒じゃないですか」(同・民放プロデューサー)

 重大事故や事件が起こっても、頑なに予定通り放送した“テレ東伝説”として語り継がれているものには、湾岸戦争(91年1月)が開始され各局が横並びで現地の戦闘の様子を流す中、「楽しいムーミン一家」を放送して視聴率を奪ったことなどが挙げられる。もっとも、こうした伝説は「他局に比べて圧倒的に予算や人員が少ないテレ東ゆえ」とも言われている。


■改元でバカ騒ぎ


 別の民放ディレクターは「いまやNHKはテレ東以下」とまで言うのだ。

「資金も人員も潤沢なNHKが、視聴率稼ぎに走っているわけですからね。先日の平成から令和へと変わる“改元またぎ”の放送など、テレ東だって池上彰さんを立てて真面目に放送していたにもかかわらず、よりによってNHKは、改元の瞬間にバラエティ番組を放送していました」

 4月30日から5月1日へ元号が変わるその瞬間、NHKは何を放送していたかといえば、「ゆく時代くる時代」という番組を放送した。

「平成最後の4月30日、NHKは様々な番組を放送していました。ニュース番組を拡大して退位の模様も伝えました。しかし最も時間を割いたのは、爆笑問題と指原莉乃をMCに立てた『ゆく時代くる時代』。朝から深夜まで3部に分けて、計7時間半も放送しました。一見、『行く年来る年』を思わせる真面目な番組かと思えば、爆笑の2人が大はしゃぎするだけのバラエティでした」(同・民放ディレクター)

 改元直前には「おい、あと15秒だってよ! 令和まで」(爆笑・田中)なんて声が放送されていたのである。

「正直言って、NHKは『チコちゃんに叱られる!』の成功で浮ついているんじゃないですか。あの番組は実質的に、純然たる民放の共同テレビジョンなどが制作しているから上手くいっているんです。NHKの職員が慣れないバラエティを作ったところで、大したものはできません。事実、『ゆく時代くる時代』などは、改元の瞬間の視聴率は全局の中で4位でした。視聴者の中には、厳かに改元の瞬間を迎えようと、チャンネルをNHKに合わせた人も少なくなかったはずです。それなのに、日曜日のバラエティ『サンデージャポン』(TBS)みたいな番組を見せられて、民放に変えた人も多かったと思います」(同・民放ディレクター)

 ちなみに、改元の瞬間の視聴率1位は、「news zero」(日テレ)の拡大版だった。NHKの上田良一会長は、改元番組についてこう振り返っている。

「両日とも食事と散歩以外は録画も含め一日中テレビの前で座ってNHKのニュースや番組の放送を見た。個別のニュースや番組に対する評価は視聴者の判断に委ねるが、全体的な印象としては、幅広いテーマを多角的に取り上げ、お伝えすることができたのではないかと考えている」(5月9日・定例会見)

 これに対し、前出のプロデューサーは、

「バラエティやれば多角化なんですかね。NHKは5月29日に、インターネットへの常時同時配信を認める改正放送法が成立しました。その際、国会では附帯決議が盛り込まれているんですが、もう一度、NHK職員は、それを頭に叩き込んだほうがいいのではないでしょうか」

 今期の国会が求めた、NHKが努めるべき附帯決議には次のような文言がある。

〈協会は、自然災害が相次いでいる現状に鑑み、地震災害、風水害、雪害等、いかなる災害時にも放送・サービスが継続され、正しい情報が国民に伝達されるよう、地方局と連携し、放送設備と体制の強化を図ること。〉(第198回国会承認第1号 放送法第七十条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件に対する附帯決議)

週刊新潮WEB取材班

2019年6月22日 掲載

関連記事(外部サイト)