「小川彩佳」「加藤綾子」も大苦戦、なぜ報道番組で「女性ピンMC」は成功しないのか

■男女2人のMCは高視聴率


 人気のニュース番組を振り返る時、「男性MCと女性のサブMC」という組み合わせが脳裏に浮かぶ方は、決して少なくないだろう。

 ***

「ニュースステーション」(テレビ朝日系列:1985〜2004年)なら、久米宏(74)と小宮悦子(61)、「筑紫哲也 NEWS23」(TBS系列:1989〜2008年)なら筑紫哲也(1935〜2008)と草野満代(52)という具合だ。

 さらに時代を遡れば、「ニュースセンター9時」(NHK総合:1974〜1988年)の木村太郎(81)と宮崎緑(61)、「NNNきょうの出来事」(日本テレビ系列:1954〜2006年)の小林完吾(87)と櫻井よしこ(73)、「FNNスーパータイム」(フジテレビ系列:1984〜1997年)の逸見政孝(1945〜1993)と幸田シャーミン(63)――と枚挙に暇がない。

 では、今のニュース番組は、どのような状況になっているのだろうか。例えば小川彩佳アナ(34)がテレ朝から移籍して話題となった「NEWS23」(JNN系列)の公式サイトを見てみると、確かに2人の男女がメインに据えられている。

 1人は言うまでもなく小川アナであり、もう1人は「元朝日新聞社政治部特別編集委員」という長い肩書きを持つ星浩氏(63)だ。

 しかし公式サイトで星氏の肩書きは「アンカー」になっている。つまり、「news23」は実質、小川アナがピンでMC=キャスターを務めていることになるのだ。

 同じように加藤綾子アナ(34)のキャスター就任が話題となった「Live News it!」(フジテレビ系列)の公式サイトも見てみよう。

 こちらは「メインキャスター」が3人。1人は加藤アナ、あとの2人は男性で、風間晋・フジテレビ解説委員(年齢不詳)と、木村拓也アナ(28)だ。

 公式サイトは「3人が等しくMCですよ」と紹介しているわけだが、微妙な違和感が残る。テレビ担当記者が解説する。

「『ニュースステーション』を例に取りましょう。MCの久米さん、サブMCの小宮さんが全面に出て、さらに朝日新聞の記者がコメンテーターに付きました。特に人気があったのは初代の小林一喜さん(1934〜1991)でしょう。そしてスポーツを担当する朝岡聡さん(59)や松井康真さん(56)という当時の若手男性アナが“3番手”という感じで画面に映っていました。これこそがニュース番組における“勝利の方程式”なのです」

 この“方程式”に当てはめると、「news23」の星浩氏や、「Live News it!」の風間解説委員は実質的にコメンテーターだと言える。

 さらに「Live News it!」の木村アナも28歳という年齢を考えれば、MCやサブMCというよりは“3番手”のポジションだろう。つまり小川アナだけでなく、加藤アナも女性のピンMCとしてニュース番組を仕切っているのだ。

 両番組とも低視聴率に苦しんでいる。「NEWS23」の初回視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、「Live News it!」も初回は4.6%と低迷。少なからぬメディアが「期待外れ」と報じた。

 民放キー局で番組を制作するスタッフは「小川、加藤アナがピンでMCを担当していることが、低視聴率の一因だと思います」と指摘する。

「男性がメインMC、女性がサブMCを務めるという“勝利の方程式”は昭和に完成しました。依然として、それは令和になっても有効です。ニュース・情報番組の視聴者は保守的な人が少なくありません。有働由美子アナ(50)の移籍が成功したとされる『news zero』(日本テレビ系列)も視聴率を精査すると、櫻井翔さん(37)と有働さんが男女2人のMCとなる月曜の視聴率がトップです。多くの視聴者は男性と女性のペアがニュースを報じるスタイルに安心感を覚えると言われています」

 論より証拠、ビデオリサーチが関東地区で調査した6月第1週の視聴率から、ニュース番組だけをピックアップしてみよう。ベスト10を並べ、MCを附記して表にした。最初はベスト1から5だ。

 4位の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系列)に至っては、女性のMCはメインでもサブでも存在しない。ビートたけし(72)と安住紳一郎(45)という男2人のMCで番組を進行していくが、しっかりと視聴率を取っている。

 次は6位から10位までをご覧いただこう。当然、「NEWS23」も「Live News it!」も入っていない。

■高視聴率と低視聴率の夏目三久アナ


 結果はNHKの上原光紀アナ(28)が1人でニュースを読みあげる「首都圏ニュース845」だけが「男性のいない番組」となった。しかし、これは昔ながらの報道番組であり、「MC」や「キャスター」という役割が求められるものではない。

 そして、その他の番組は全て「男性だけか、もしくは男性と女性がMCを務める番組」が占めた。前出の番組スタッフが言う。

「興味深いのは『真相報道バンキシャ!』が視聴率で7位に入っていることです。夏目三久さんがサブMCとして出演していますが、彼女がピンでMCを担当する『あさチャン!』(TBS系列)は苦戦しています。やはり男と女の2人がMCという“勝利の方程式”を乗り越えるのは至難の業なのです」

 このスタッフによると、高視聴率の実現とは、「最大多数の最大幸福」(J・ベンサム)ならぬ、「最大多数の“最大公約数的”幸福」を実現することにあるのだという。

「『オッサンMCの顔なんて見たくない』、『添え物の女子アナなんていらない』などと悪口を言われながらも、視聴者の皆さんがしっかり番組を見てくださる。視聴率を取るというのは、こういうことです。守るべきところは守り、変えるべきは変える。極端な言い方をすると、自分の配偶者の顔を見るより、テレビを見る時間の方が長いかもしれない。奇をてらったキャスティングや演出は逆効果です。保守的でちょうどいい。特にニュース・情報番組で女性のピンMCというキャスティングは、まだ機が熟していないと思います」

 そして昔のテレビが面白かったのは、プロデューサーたる者、「相馬眼」を持って当たり前だったからだという。「相馬眼」は「馬の才能を見抜く目」という意味だ。

 日テレに細野邦彦氏(84)という名プロデューサーがいた。作る番組は“俗悪番組”ばかりという御仁だ。

 代表作は野球拳が視聴者の度肝を抜いた「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」(1969〜1970)、「TVジョッキー」(1971〜1982)、「テレビ三面記事 ウィークエンダー」(1975〜1984)――というテレビの黄金期を代表するものばかり。良識派の猛烈な批判を浴びながら、視聴率を稼ぎまくった。

 その細野氏は「ウィークエンダー」のMCに漫画家の加藤芳郎(1925〜2006)、「ルックルックこんにちは」(1979〜2001)の2代目MCに岸部四郎(70)を、ほぼ独断でキャスティングしたという。2人がMCの素人だったことは言うまでもない。

「でも、どちらも高い視聴率を誇りました。細野さんは『視聴者は主婦が圧倒的に多い。あまりカッコ良すぎず、どちらかと言えば、しょぼくれて情けない方が見てくれる』と解説していましたね。さすがの『相馬眼』ですが、翻って小川アナや加藤アナをMCに据えたプロデューサーに人間の才能を見抜く目があるとは思えません」(同)

 TBSの「NEWS23」は月曜から木曜は23時、金曜は23時半からのスタート。メインの視聴者は男性、それも残業でへとへとのサラリーマンが主流だ。

「小川アナはテレ朝を辞め、いきなりTBSでMCを務めました。愛社精神の強いサラリーマンなら、それだけでマイナスポイントでしょう。おまけに会社から帰ってきてテレビを付けて、あの美貌と鋭い舌鋒は疲れます。彼女のMCが“最大公約数”ではない理由です。逆に加藤アナが夕方のニュースを担当するのも間違っています。彼女こそ男ウケするのですから、夜のニュースが“最大公約数”になるに決まっているでしょう」(同)

 イケメンがMCを務めれば、男性の視聴者を失うリスクがある。美女がMCなら、女性は興味を持たない。少なくとも生物学的に、人間の性は男と女の2種類しかない。ニュース番組は間口の広さが求められる。男性と女性の2人を画面に出した方が、両性の視聴者が関心を持ってくれる。

「日テレは絶対に水卜麻美アナ(32)をピンでMCにさせません。ピンのMCは、その人の美徳も欠点も丸裸にするリスクがあります。真面目な報道番組であっても、男性と女性が掛け合いながら番組を進行させていくと視聴者は安心するのです。ピンのMCがミスをすれば、リカバーが大変です。2人なら片方がミスしても、片方がフォローすることができます。いいことずくめです。上の表には『男性のピンMC』というニュース番組も同じように存在しないことも重要です」(同・スタッフ)

 女性の活躍という観点から、小川アナや加藤アナを応援する声もある。だが、このスタッフは「テレビの画面に主義主張の実現を求める視聴者はいません」と一蹴する。確かにテレビは、エッジの効いた流行の最先端から、半周遅れているくらいがちょうどいいのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月26日 掲載

関連記事(外部サイト)