「#KuToo」石川優実さんが勤務先を突き止められ退職に追い込まれても潰れない理由

 気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」第9回。「仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい」とTwitter上で「#KuToo」というハッシュタグを発信し、署名を立ち上げたグラビアアイドル・女優・ライターの石川優実さんを取材しました。ネット上でのバッシングは熾烈を極め、ついには勤務先の葬儀社を突き止めようとされ、やむなく退職に追い込まれた石川さん。それでも彼女が#KuToo運動をやめない理由とは?

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

 ***


■女性や芸能人が社会問題について発言してはならない?


 グラビアアイドル、女優、そしてライターとして活動している石川優実さん。前回はグラドル界の裏側について語ってもらったが、今回は#KuToo運動や、女性や芸能人が社会活動をすることへの世間の冷たい視
線について切り込みたい。

 現在、石川さんは「足を痛める可能性のあるパンプスの強要をなくしたい」と#KuToo運動を行っており、様々なメディアに取り上げられている。しかし、パンプスとヒールの違いがわかっていなかったり、「ヒールを好きで履いている人もいるんだ」「接客業において、マナーとしてどうなのか」と、曲解している人も多く見受けられ、この問題はより複雑化しているように思える。特に、ネット上での石川さんへのバッシングはひどい。

 単純に「パンプスで健康被害を被る人もいるので、履きたくない人には履かなくてもいい権利をください。労働する上で男女平等の権利をください」と至極シンプルな訴えであるにもかかわらず、なぜか話をすり替えられてしまっている。好きでパンプスやヒールを履いている人の権利を奪っているわけではない。

 痴漢問題を訴えた被害者に対して必ず「冤罪ガー」という連中が沸く構造にも似ている。「いやいや、確かに冤罪はあってはならないことです。でも今は、痴漢被害の話であって、冤罪の話はまた別ですよ」と言いたくなる。

 また、中には「自分は男だけど痴漢されたことがある。その際、きちんと『やめてください』と言いましたよ」と、ドヤる人を見かけたこともある。「それは災難でしたね、そして、やめてくださいと言えてよかったですね。でも今は、怖くて声を上げられない人の話をしているんですよ」と言いたい。

 個人的にはTwitter上でバッシングと戦う石川さんのメンタルが心配で、相手にしなくてもいいのでは? と問いかけたところ「元々ケンカが好きですし、お互い何も言わない状態の方が気持ち悪いので」と、飄々とした表情で答えた。

「彼らは男女差別の話題になると、なぜか自分が攻撃されている気になってしまうんですよね。このあたりは認知の歪みでしょう。ローラさんや東ちづるさんが政治的な発言をした際、バッシングされたことがありますよね。杉本彩さんも動物愛護の活動をされていますが、個人事務所に所属しているため、少しはバッシングから逃れられる位置にいます。

 女性や芸能人が社会問題について発言してはならないという法律はないのに、なぜ叩かれるのか分からないです。海外などでは、タレントが政治的発言をしたり、支持している政党を表明したりしても、特に何も悪いこととされません。芸能人が本来言いたいことを言えない今の世の中に危機感を抱きます」


■フェミニストを名乗ると変な男性が近寄らない


 去る6月24日放送のNHK『あさイチ』で、#KuTooの話題が取り上げられた。番組内では「職場でパンプスを強要されて外反母趾になってしまった」という視聴者からのFAXや「営業の外回りでパンプスを履くと疲れる」といった街の人の声が紹介されていた。また、ホテルスタッフや客室乗務員などの育成の専門学校にも取材が入り、その学校の講師は「パンプスを履くよう正式なマナーとして明記されているわけではないが、未だに企業側はパンプスを履くことを求めている」とのことだった。

 スタジオの男性陣は「あまり女性の靴に関して意識したことがない」という意見も多く、少し拍子抜けした。また、ゲストで出演していたタレントでエッセイストの小島慶子さんは「飛行機に乗る機会が多いのですが、もし事故が起こった際、客室乗務員には安全に誘導してもらいたいので、動きやすい靴を履いてもらいたい」と述べていて、帰省の際に必ず飛行機に乗る私もそれには賛同した。

 また、冠婚葬祭のマナーにおけるパンプスだが、スタジオの女性陣の多くは、「移動の際は歩きやすい靴を履き、会場に着いたらパンプスに履き替える」と言っていた。私も以前、友人の結婚式でマナーとしてヒールを履いた。駅から会場まで少し距離があり、行きはなんとか歩いて行ったものの、帰りは疲れ果ててワンメーターではあったが、タクシーを使った。

 女性が性差別や社会問題について語ると、「めんどうくさいヒステリックな女」という印象を持たれがちだ。少々プライベートな話題ではあるものの、石川さんの恋愛事情について聞いてみた。

「今は何人か好きな人がいる『分散期』の状態ですね。でも、フェミニストを名乗っていると、変な男性は近寄ってきません。もし、フェミニズムについて理解できない相手であった場合、とことん話し合います。

 それに、私自身、昔交際していた相手へ、人格を否定するような発言をしたり、ワガママの度が過ぎた行為をしてしまったこともあって、一言で言うとモラハラをしてしまっていた経験があります。それは深く反省して謝りました。今はその彼と仲良くしてもらっていますが、過去、自分が彼に行ったことは許されることではないと思っています。

 誰だって失敗したり人を傷つけたりしたことはあると思います。自分の非も認めた上で、もっと社会を良くしたいと活動しているのに、潰そうとしてくる人は何なんだろうなと思います。社会活動をする人は清く正しくなきゃいけない、という意味が分からないです」


■単に物申す女性が気に食わないだけ?


 今年5月、パワハラ防止を義務付ける関連法ができた。石川さんはそこに、「職場における性差別をなくすジェンダーハラスメントについての項目も入れてほしい」という要望を出している。既にネット上で行われている#KuTooの署名は3万人に到達しようとしている(6月24日現在)。

「職場において『男だからこれをしなきゃいけない、女だからこれをしなきゃいけない』という決まりを取り締まってほしいんです。職場でジェンダーハラスメントはダメですよと言われると、きっと日常生活での意識も変わってくると思います。それが性犯罪の抑止にも繋がるのではないかと。私が考えるフェミニズムは、男女の選択肢が同じになることだと思うんですよね。それが私の目指している社会です」

 石川さんの話やネット上でのバッシングを見ていると、単に物申す女性が気に食わないだけなのではないかとも思えてくる。

 以前、私はこの連載で何度も取り上げた男性・R氏からモラハラを受ける側だった。私が彼の顔色をうかがってばかりではっきりしないので、ついモラハラをしてしまうとのことだった。だから、彼に嫌われないためにもっと強くなろう、もっと自分の意見を言えるようになろうと努めて自分の意見を言ったところ、返ってきた答えは「なんでいつも怒ってんの?」だった。

 これもR氏の認知の歪みであろう。だって、彼の彼女は「自己主張が強く、やりたくないことは絶対にやらない子」という情報を本人や共通の知人から(彼は彼女を知人に紹介しまくっていた)収集していたので、私という個人が何か意見をすることが気に食わなかっただけだ。彼にとって私に人権はなかったに等しい。

 靴の話に戻る。パンプスやヒールは履きたい人は履けばいい。私も数年前までは好みのファッションの系統が今と違ったので履いていた。でも、無理して履いていたので、足の指の関節には常にタコができていたし、小指の爪は割れていた。これが普通なのだと思い込んでいた。

 しかし、ファッションをカジュアルでスポーティーな系統に変え、靴もスニーカーか歩きやすい太いヒールのブーツにした途端、足のタコが消え去り、小指の爪も復活した。ファッションの系統を変えたきっかけはモラハラR氏に「その服装、ダサい」と言われたことであるので、この点においてはR氏に感謝すべきかもしれない。

 また、ヒールは身長が低い人にとってコンプレックスを隠すアイテムにもなる。私も背が低い方なので、高いヒールを履いていた頃は自分が大きくなった気がしていた。気分が変わることは確かだ。これを「気合が入る」と感じて仕事上必須と思う女性もいるだろう。それは別に個人の自由だ。


■好きでやった金髪が武装の効果も生んだ


 大先輩である作家の雨宮処凛さんは、一時期ロリータファッションを身にまとっていた。バンギャル(ヴィジュアル系バンドの熱狂的な女性ファン)であったことも大きいが(バンギャルにはロリータファッションを好む人が多い)、彼女の場合、セクハラ対策だった。

 作家デビュー後、出版社のお偉いさんからセクハラされることが多く、どうすればセクハラされないか考えた末、たどり着いたのがロリータファッションだったと著書に書かれていた。私自身、ロリータファッションは可愛いと思っているが、大半の男性はその個性的過ぎる格好が珍妙に見え、ちょっかいを出しづらくなる。これは、武装である。

 昨年の冬から私は金髪にした。このイメチェンに特に意味はなく、髪色の指定がある仕事ではないし、ファッションの系統も変えたから金髪でもおかしくないし、いっちょ金髪にでもしてみるか、くらいのノリでブリーチした。

 そうすると、思わぬ副産物が舞い込んできた。満員電車で男性から蹴られない、コンビニの長いレジの列で後ろの男性から舌打ちされない、厄介なナンパに遭わないなど、男性からの迷惑行為が激減したのだ。好きでやった金髪が武装の効果も生んだ。

 高いヒールを履いている女性は気が強そうに見えるし、ロリータファッションは不思議ちゃんに見えて気が引けるし、金髪は一般常識のなさそうな怖い女に見えているのかもしれない。

 今、私は好きで金髪にしているが武装も兼ねている。パンプスにしろロリータファッションにしろ金髪にしろ、今後、武装が外れ、ただ「自分が好きだからやっている」という形になる社会を望む。

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年6月28日 掲載

関連記事(外部サイト)