TBS「Nスタ」が日テレ「every.」に悲願の勝利 最大の功労者はホラン千秋ではなく……

 TBSの夕方のニュース番組「Nスタ」は、6月26日の放送で第2部の平均視聴率が8・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)を記録。難攻不落と言われた王者「news every.」(日本テレビ)の第3部8.1%に競り勝った!

 もっとも、翌27日には再び、「Nスタ」7・9%、「every.」10・1%と定位置に。だが、テレビマンは、今後、夕方のニュース戦争は群雄割拠の時代に突入すると見ている――。

 ***

「Nスタ」がジワジワと視聴率を伸ばしていることは、デイリー新潮(5月5日配信)でお伝えしたが、ついに1位に躍り出たというわけである。民放プロデューサーは言う。

「17年4月にリニューアルし、『Nスタ』は人心を一新しました。メインキャスターにTBSの井上貴博アナ(34)を据え、女性サブにはタレントのホラン千秋(30)、月〜木の男性サブに国山ハセン・アナ(28)を起用しました。それまでのメインは元NHKの堀尾正明アナ(64)でしたから、自局のアナウンサーに戻したことは社内的にもよかったし、若返りにも成功。そして、アイルランド人の父を持つホランと、イラク人の父を持つハセンというハーフコンビが数字を持っています。リニューアルしてひと月後には第2部の視聴率はそれまでの5%台から7〜8%台へと上がり、同じく夕方のニュース番組『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)にも勝つようになってきたんです。ただ、王者『every.』にはまだ当分及ばないと思っていましたが……」

 ついに王者を下したわけである。ちなみに「Nスタ」(15時49分〜19時)は番組がスタートから16時50分までを第0部、16時50分からの1時間を第1部、17時50分から番組終了までを第2部と称している。一方の「every.」(15時50分〜19時)は16時50分までを第1部、以後、同じ時間帯を第2部、第3部と呼んでいるのだとか……。ああ、紛らわしい。

「ホランの頑張りは誰もが認めるところですが、加えてハセンの好感度がアップしており、彼の貢献度は高い。『アッコにおまかせ!』(TBS)ではフリーになった安東弘樹の後を受けて進行役を務めていますが、そこでも和田アキ子さんにいじられ、主婦層からも人気を得ています。かつて、『王様のブランチ』(TBS)で大遅刻しましたが、単に寝坊しただけという理由も、むしろ“男の子”らしくていいという評価になったのも幸いでしたね」

 遅刻したのは16年7月のことだった。これが不評であれば、翌年4月の「Nスタ」リニューアルに起用されるはずもない。「Nスタ」では番組冒頭に登場し、スタートを告げるのが、ハセンである。そして、第0部から第3部までそれぞれの後半部分を務めているのが彼だ。


■夏休みに勢力分布が変わる?


「みんな若いから番組が新鮮に感じられます。ホランももちろんですが、井上アナも押しが強いタイプではないので、全体が爽やか。逆に言えば軽いとも言えますが、番組に勢いがあるのは結構なこと。依然として低調の『NEWS23』(TBS)もおこぼれを頂戴したのではないのでしょうか」(同)

 一方、これまで独走だった「every.」だが、たとえ1日でも抜かれたのは番組の勢いが落ちたということなのか。

「ここ数年は2桁が当たり前でしたからね。とはいっても、翌日には10・1%と持ち直しましたから日テレもホッとしているのではないでしょうか。この日は令和最初の台風が発生かという日でしたから、身近で重要なニュースの時にはハーフコンビよりも、落ち着きのある『every.』が選ばれたのかもしれません。ただ、キャスターの藤井貴彦アナ(47)もイケメンからすっかり中年男になりました。日テレは、古くは徳光和夫(78)、福留功男(77)、福澤朗(55)、羽鳥慎一(48)と、局の顔と言ってもいい男性アナウンサーを出してきましたが、藤井アナは中々そこに行き着かない。また、女性キャスターの陣内貴美子(55)もいつまで経っても、ジャーナリストには見えないし、スポーツ選手を引き摺っている。このままでは、いずれ『Nステ』に抜き去られるかもしれません」

 転機は、夏休みという。

「夏休みになれば、夕方のニュースも若年層が見るようになりますからね。若々しい『Nスタ』が視聴率をさらに上げるかもしれません。テレ朝の『スーパーJチャンネル』だって、10年前にはNo.1でした。これら3番組が鎬を削るデッドヒートはしばらく続くと思います」(同)

 残念ながら、そこに加藤綾子アナ(34)の「Live News it!」(フジテレビ)は、参戦しないようだが……。

週刊新潮WEB取材班

2019年6月29日 掲載

関連記事(外部サイト)