美川憲一、井上陽水、研ナオコが芋づる式に挙げられた昭和芸能界の麻薬汚染

 今年はピエール瀧、元KAT−TUNの田口淳之介と大物芸能人の薬物事件が相次いでいるが、1977年(昭和52年)はその比ではなかった。井上陽水、研ナオコ、桑名正博、美川憲一……。芋づる式に十数名の芸能人がクスリで検挙されたのである。

 のちに「芸能界麻薬汚染事件」と名付けられた一連の事件の火付け役となったのは岩城滉一だった。77年7月、暴力団から入手した覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反で警視庁に逮捕された。

 それからは、まさに雪崩を打つかのようだった。8月にジョー山中、9月に井上陽水、内田裕也、研ナオコ、内藤やす子、10月に桑名正博、錦野旦、美川憲一、11月に上田正樹と、半年足らずで次々と大物歌手が大麻取締法違反などで検挙されていったのである。

 芸能レポーターの石川敏男氏が振り返る。

「当時、アメリカのヒッピー文化が流入したことがきっかけで、ミュージシャンを中心に大麻が流行しました。73年に井上陽水が発表した『夢の中へ』に出てくる“探しものはなんですか”という歌詞は、薬物を指しているという都市伝説があったので、陽水の逮捕を受けて、やはり!と話題になりました」

 捜査は、警察と厚生省(現・厚労省)麻薬取締部、通称マトリとの間で、競い合うかのように全国で繰り広げられた。


■ベッドに裸の女が


「警視庁では、荏原署がポルノ女優からの突き上げ捜査で錦野を逮捕。また保安2課が、マリファナパーティの参加者から陽水を割り出した。長崎県警佐世保署は、大麻の供給源になっていたジョーから内田、美川へと捜査を広げた。一方、マトリは東京で、研を取り調べた後、研に大麻を譲渡したとして内藤を逮捕しました」(元スポーツ紙記者)

 元麻薬Gメンの高濱良次氏は、大阪で桑名正博の捜査にあたった。

「ある捜査員が、桑名が阿倍野区の実家でマリファナパーティを開いたというネタを取ってきました」

 そこで、桑名が大阪でコンサートを開いたタイミングで着手することに。

「前夜のうちに実家に帰ったことを確認し、翌朝、十数名で踏み込みました。桑名の自室に入ると、ウォーターベッドにお持ち帰りしたであろう若い女性が裸で寝ていましたよ。たまたまトイレから出てきた桑名は、私たちの姿を見て仰(の)け反っていた。薬物は微量しか見つかりませんでしたが、その後の捜査で証拠隠滅を図っていたことを突き止め、逮捕しました」

 当時、芸能人の薬物捜査は荒かったと高濱氏は語る。

「いまは、聴取されたと噂が広まるだけで致命傷になります。しかし、当時はまだコンプライアンス意識が高くない時代。押収した薬物が微量でも在宅で捜査を進め、書類送検後に起訴猶予というケースもあった」

 前出の石川氏も時代の違いを強調する。

「彼らは、みんな後に復帰できたでしょう。先日、美川が、ピエールの逮捕を受けて自分の体験を“どん底から這い上がってきた”と偉そうに言っていましたが、彼が復活できたのは時代のおかげです」

 薬物一つとっても、昭和は大らかな時代だったのだ。

「週刊新潮」2019年6月20日号 掲載

関連記事(外部サイト)