市川海老蔵が「子の七光り」で露出増の裏に「東京五輪出演願望」

 いよいよ大名跡・團十郎の襲名まで1年を切った市川海老蔵(41)。注目度は変わらずで、連日、芸能メディアをにぎわすが、それはおしなべて子どもとワンセット。「子の七光り」なんて揶揄する声も上がっていて……。

 海老蔵には故・小林麻央さんとの間に出来た子が2人いる。

 長女の麗禾(れいか)ちゃん(7)は8月に日舞の市川ぼたんを襲名予定。長男の勸玄(かんげん)くん(6)は、来年5月、父の襲名と同時に、「新之助」を継ぐことが決まっている。

 いきおい本人だけでなくこの2人にも注目がいくが、

「いや、それにしてもこの6月は参りましたよ」

 と苦笑いをするのは、さる演劇担当記者である。

「ひと月に3回も地方でのイベントがあったんです。しかも、すべてに子どもを同伴。ビッグネームだから行かないワケにいきませんが、これだけ続くと聞くこともあまりない。さすがに食傷気味と言いますか……」

 確かに日程を調べると、海老蔵はまず6月1日、志賀高原での植樹プロジェクトに参加。次いで9日には、新潟でブランド米の田植えに挑戦した。その翌週の16日は、成田山新勝寺で桜の植栽に。要は、毎週末、子どもを連れて“地方興行”に。そこに記者もゾロゾロ同行し、各紙横並びで様子を報じているのだ。


■息子はチケット完売


「ブログを見ると半分近くは子どもに関する投稿。Facebookに至っては、7割は2人のネタでしょうか。子どもをダシにアクセス数を稼いでいるワケで、口さがない記者には、これじゃ親じゃなくて“子の七光り”だ、と言う人もいるくらいです」(同)

 それもそのはず、

「麗禾ちゃんも勸玄くんも、歌舞伎ファンの間でものすごく人気が高いんです」

 と言うのは、エッセイストの関容子さん。

「2人とも顔立ちに麻央さんの面影があって本当に愛くるしい。愛嬌たっぷりで、生まれながらにして舞台に立つ人間の素養を持っているのかな、と思います」

 この1月の初春公演で3人が初共演した時のこと。

「『牡丹花十一代(なとりぐさはなのじゅういちだい)』という舞踊を披露したのですが、通常なら大向うさんが“待ってました”と叫び、海老蔵さんが“待っていたとはありがてえ”と返す。ところが、この時は“待っていたのは私のことじゃあないでしょう”と返して大爆笑を誘っていました。何しろ、2人が花道に登場すると、会場はキャーとか、ワッとどよめきが。お父さんが出る時より盛り上がっていましたからね。何十年と歌舞伎を見てきましたが、子役時代の勘三郎さんもすごかったけど、客席の盛り上がりは今の2人ほどではなかったです」(同)

 それはチケットの売り上げにも表れていて、例えば、来る7月の大歌舞伎。この昼の部に勸玄くんは出演するが、ほぼ完売。他方、海老蔵が出る夜の部はまだ売れ残っているそうで、

「成田山でのイベントの際、海老蔵は“勸玄が出ない夜の部は3千枚くらい残っている”“よろしくお願いします”と冗談ぽく言っていました」(前出の記者)

 というから、まさに子の人気にちゃっかりのっかっている感じなのである。

「来年の襲名に向けて、露出を減らしたくないということでしょうが……」

 と言うのは、歌舞伎に詳しいさるジャーナリスト。

「それ以上に彼は、東京五輪に出たいという気持ちが強いんです。組織委員会傘下の委員会メンバーでもありますし、歌舞伎界代表として、開会式で芸を披露したいという欲がある。実際、来年7月は襲名披露公演がありますが、開会式の日の日程は空いていますよ。そのためにも、一家総がかりで露出を増やし、オファーを待つ、ということでしょう」

 老いてなくても、子に従う。とは言え2人はまだ小学生。あまり商売に使い過ぎるのも酷な気はしますが。

「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)