宮迫博之だけではない闇営業、徹底的に取り締まったらTVに出られない歌手ばかり?

 振り込め詐欺グループのパーティーに参加した芸人たちの「闇営業」。謹慎処分をもってひと区切りとの気配も漂うが、この営業システムに目を向けると、底知れぬ「闇の奥」が広がっていた。それは、過去から連綿として受け継がれてきた不可侵の利権である。

 芸人たちは、ルールを逸脱して金の生る木にすり寄り、目一杯機嫌を取っていた。自分たちだけの利権システムを築いていたわけである。

 その様は、コンラッドの小説『闇の奥』に登場する西洋人の男に重なる。19世紀末、男は大河を遡ったコンゴの奥地に自分だけの王国を築き、大量の象牙を集めて富を得ていた。自由奔放に暮していたものの病に倒れ、末期に「地獄だ」と叫んで息を引き取った――。

 芸人たちがどんな言葉を叫んだかは分からないが、ともかく、彼らは表舞台から一時的に退場させられることとなった。

〈本日をもって、当面の間、活動を停止し、謹慎処分とする旨を決定致しました〉

 この〈ご報告とお詫び〉を吉本興業が発表したのは6月24日のこと。「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)をはじめ、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)やレイザーラモンHG(43)といった総勢11名への処分が明かされた。

 問題となったのは、すでに報じられているように、振り込め詐欺グループが2014年12月に開いた忘年会への出席。“友だち5千人芸人”を自称する入江慎也(42)が会社を通さずに芸人たちを参加させ、謝礼金が300万円。取り分は宮迫が100万円、入江が30万円、残り170万円をほかの芸人に分配したとされる。主犯である入江は先に吉本興業をクビになっていたが、宮迫をはじめとする芸人たちは、

「出席は認めても、“反社会的勢力と知らなかった”とか“ギャラはもらっていない”と訴えていました」

 だから吉本も厳重注意処分としていたんですが、と、スポーツ紙の芸能担当記者が首をひねる。

「しかし、あとからギャラを受け取った事実が認定された。要はシラを切っていたわけですよね。それで反社会的勢力と知らなかったと強調されても、説得力に欠ける気がするんですけど」

 そんな見方について、ある吉本興業関係者は、

「昔は、闇営業などふつうにやっていましたし、タレントのマネージャーが闇営業のスケジュールを切ることだってあったんですよ。たとえば、CMに起用してもらっている企業の社長さんから“司会やってもらえない?”と気軽な感じで頼まれるわけです。それに、“いや、会社を通してください”とは応じられません。会社を通せば了承を得るのに時間もかかるし、正規の営業ギャラになるから高くつく。だから二つ返事で“いいですよ”となるわけです。会社もそのへんは黙認していたんだと思います」

 闇営業は、なにも今回の芸人たちだけではなかったという。つまるところ、問題は反社会的勢力。それこそが「闇営業」の闇というべきなのか。


■徹底的にやり出したら…


 その闇の奥を覗くと、様々なことが見えてきた。先の芸能担当記者は言う。

「過去の歴史を見ると、今回の芸人たちの先輩がみんな身ぎれいだったと言い切ることもできないでしょう。島田紳助さんのこともありましたし。そもそも、芸能興行と反社会的勢力は切っても切れない関係にありますから。あの山口組にも、『山口組興行部』という部署がありました。美空ひばりさんだって、その山口組の田岡一雄3代目組長の庇護のもとスーパースターの地位を築いたんです。北島三郎さんが稲川会の新年会に出てNHK紅白の出場を辞退、なんてこともね」

 本誌(「週刊新潮」)が08年に報じた、山口組系の後藤組組長の誕生日を祝うパーティー。ここに小林旭や細川たかしなどが出ていた件も然り、だ。

 歌手と反社会的勢力のこのような関係を、元暴力団幹部で、作家の沖田臥竜氏は次のように語る。

「演歌歌手がパーティーなどに行くのは理由があります。ディナーショーの券をさばいてもらったり、なにかと面倒を見てもらうためです。仲介人がいればそれほど警戒せずに闇営業の現場には来ますよ。そのお礼や顔を立てる意味で出かけるのです。ギャラは、以前は車代として3万円から10万円ほどでした。しかし数年前にオレオレ詐欺が登場してからというもの、ギャラが跳ね上がっている。いま、100万円から300万円が相場です」

 額の多寡は別としても、それで稼いできた芸人も少なくないはずだ。続いて、芸能評論家の三杉武氏の話。

「事務所を通さない営業は吉本に限ったことではなく、ほかの事務所の芸人さんもやっていること。これは事務所と芸人のあいだの契約上の問題ですから、さほど大きな問題ではありません。問題となるのは反社会的勢力との交際に加え、金銭の授受があったことです。コンプライアンスに厳しい時世ですから、吉本としてはテレビ局やスポンサーの手前、処分せざるをえなかったのでしょう」

 この点を、さる芸能事務所の幹部に聞くと、

「闇営業が発覚したとき、宮迫さんが出ている人気番組『アメトーーク!』を抱えるテレビ朝日が吉本興業側にコンプライアンス遵守の徹底を求めました。ですが、清濁の清だけ求めてそれを徹底的にやり出したら、テレビに出られない歌手ばかりになってしまうんじゃないですか。このことは、テレビ局自体が一番よく分かっているはずだと思うんですがね」

 先ほど挙げた歌手たちで、視聴率を稼いできたのではなかったか。

「闇営業」の「闇の奥」には、芸人にしろ歌手にしろ、自分たちの王国で象牙のような富を築いてきた歴史が存在していたのである。

「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)