Koki,ネタ「封印」したら母・工藤静香ライブの客席が埋まらない

 今やKoki,(16)の母、という説明の方がしっくりくるのかもしれない。キムタクの妻、工藤静香(49)が6月から全国ツアー中だ。

「かねてライブなどを開く際は娘の話題を持ち出していました。ですが、さすがにあからさまだという声を受け、最近は控えているとか」(芸能記者)

 ツアー直前、本人のインスタグラムを覗くと、

〈今現在行くか行かないか迷っている方 何故に〜迷うなら来て?〉

 そう記述はあっても、娘のことを持ち出して客寄せに使っている風は特にナシ。ついに“封印”したか。

 6月22日、石川県金沢市の音楽ホールで開かれたライブに足を運んでみた。17時半に開演すると、定員約1700人に対し、客の入りは半分強という寂しさ。

「こんばんは〜、金沢には昨年、娘と来たことがありまして。兼六園とか美術館も行ったり」

 ここで娘の話を出すなら、早くやっときゃ少しは客も増えたろうに。ファンに手を振る時は、常に視線が下に向く。客席後方は空きが目立つからだった。

 音楽関係者によると、

「このツアーでは、ライブ会場が広いと埋まらないこともあるんです……」

 ともあれ、洋楽のカヴァーなどを披露しつつ、ライブが進むと、

「次はKoki,が作曲してくれた歌、『鋼の森』を」

 あ、また出た。

 先の関係者が続ける。

「今でも、ライブの度にKoki,の曲を歌うようにしています。やはり、娘のことはどうしたってアピールしたいのでしょう」

 その後、懐かしの「嵐の素顔」などを熱唱。家族を背負う母の姿に少しは声援を送りたくもなるのだった。

「週刊新潮」2019年7月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)