50代の7割がノープラン! 定年後のマネー計画を立てていない人が今やるべきこと

 年金、住まい、資産運用……そろそろ真剣に「定年後のお金」について考えないといけない、そんな現役世代の人たちに、創立17年のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」(https://www.f-academy.jp/)の講師陣が定年後の設計方法をわかりやすく指南します。第7回の講師は引き続き、某大手証券会社出身でファイナンシャルプランナーでもある小野原薫先生。
 今回はスタッフが聞き役となり「調査結果で見えた50代の赤裸々マネー事情。7割弱を占める定年後のマネー計画を立てられていない人が今週末に行うべき、たったひとつのこと」と題してお送りします。

 ***

小野原先生:いわゆる「老後2千万円報告書」が出されて早1カ月が経ちますが、まだまだ世間の関心は高い状況ですね。そんな中で今月3日にまた一つ、興味深い報告がありました。日銀に事務局を置く「金融広報中央委員会」というところが発表した調査結果です。

――何の調査なんですか?

小野原先生:「金融リテラシー調査2019年」という調査です。日本の18歳以上の方の金融リテラシーを調べるために3年に1度、大規模に行っている調査でして、今回も全国2万5千名を対象に調査しています。

――内容的にはどういったことを調査しているんですか?

小野原先生:金融リテラシーの現状分析から海外との比較、都道府県別の調査、それからキャッシュレス決済や暗号資産、いわゆる仮想通貨に至るまで本当に幅広い内容に関して全国の様々な年代、性別の人に調査・分析したものになっています。今日はその中でも、みなさんにとって身近な「定年退職後」に関する調査結果を紹介したいと思います。

――気になります!

小野原先生:まず、私が衝撃を受けたのが「50代の公的年金に関する理解」についての調査結果です。

――私たちの連載みたいなテーマですね(笑)

小野原先生:「加入している公的年金の種類を知っていますか?」という問い。これはいわゆる「私は会社員だから厚生年金で2階建てですよ」とか「私は自営業だから国民年金で1階建てですよ」というあの話なんですが、この問いに対して「知らない」と答えた方が28.8%、なんと約3割もいらしたんです。定年後を意識せざるを得ない50代でこの現状には驚きでしたね。

――そうですね。年金をまだ意識しなくていい年代ならともかく、ですが。

小野原先生:そして「公的年金を受け取れる金額」について。これは「知らない」と答えた方がなんと62.6%もいらっしゃったんです。あと数年で年金暮らしが始まる50代の方ですら、約6割が自分の年金額がよくわからないという事実…。

――そりゃ、世間を賑わしている「2千万円で本当に足りるかわからない!」って話になりますね。

小野原先生:そうなんです。定年後に定期的に入ってくる金額がわからなければ、月々の赤字額も当然想像がつきません。言うまでもありませんが、年金額をシミュレーションすることは、定年後準備の必須タスクの一つです。読者のみなさんはもう大丈夫だと思いますが、誕生日に送られてくる「ねんきん定期便」を見るか、誕生日のタイミングでなくとも日本年金機構のホームページにある「ねんきんネット」を通して、まずはご自身の公的年金のだいたいの額を知ってほしいですね。
.
――そうでしたね。

小野原先生:さらに私がショックだった調査結果。それが、「定年退職後の生活費について、資金計画が策定できているか」という問いです。いま50代の方のうちどの程度の方が、老後のお金に関する計画を立てられていると思いますか?

――そう聞かれるってことは、あんまり多くないってことですよね…?

小野原先生:はい。資金計画の策定について「なし」と答えた方の割合は、なんと65.4%です。

――50代にして「老後のお金はノープランが7割弱」とは…確かに衝撃ですね。

小野原先生:そうなんです。さらに「資金の確保」にまで話が至ると、73.9%が「確保できていない」と答えているんです。定年がそろそろ見えてきた50代の方々の結果でこれです。金融業界にずっと携わってきたものとしては、この結果は改めてショックでした。

――予想以上の多さですね。私も正直びっくりです。

小野原先生:ただ、こうやって私は今デイリー新潮さんを通して、多くの方にメッセージを伝えられる立場にいるわけですので、衝撃を受けて終わりではなく、これまでの経験を通して、皆さんに今からできることをお伝えしたいと思います。

――ぜひお願いします!!!

小野原先生:個人個人によって状況が違うことは大前提にはなりますが、50代で老後資金準備が進んでいない方の場合、実は下記のいずれかのパターンに当てはまることが多いんです。

(1)無頓着タイプ
(2)あるだけ使っちゃうタイプ
(3)とりあえず貯金タイプ

 一つ一つ、改善策をお伝えしますね。

――ぜひ!!

■現実から逃げない


小野原先生:まず(1)の無頓着タイプ。奥さまに家計は任せっきりとか、仕事ばかりでお金については今まで全然考えてこなかった、という方がこのタイプです。

――私がそうかも(笑)

小野原先生:男性で50代の方だとこのタイプは結構多くいらっしゃいますね。無頓着タイプの方々に私が声を大にしてお伝えしたいことはただ一つ、「夫婦でお金について話しあってほしい」ということです。

――う…、耳が痛いです。

小野原先生:前職の証券会社時代のお客様にも、お金をどうするか以前に、そもそもお金の問題について夫婦で話せないというご相談をよく受けました。中には、家族会議に私も入ってくれないか、という相談を受けたこともあります。

――そこまでですか。

小野原先生:はい。長年連れ添ったご夫婦であればあるほど、本当に切実な悩みだと思います。話したいけれどいまさら話すだなんて無理、きっかけがうまく掴めない、と。ただこういった問題を放っておくと、老後にお金で困ってしまうことはもちろん、熟年離婚などにつながってしまうことも十分ありえます。

――はぁ…、まぁそうですよね。でも実際どうすればいいんでしょう? 今まで話をしなかった人がどう切り出せばいいんですか?

小野原先生:方法は色々とありますが、今までお金について無頓着だったり、話し合ってこなかったご夫婦が急に話されるとなると、意見が早々にぶつかってしまうことも結構あるんですね。そういった時に是非意識していただきたいことは、客観的意見をうまく使うことです。

――客観的意見、ですか。

小野原先生:はい。「○○ではこう言っているけれど、うちの場合はどうかな?」といった感じで話し合いをしていただくんです。例えば今であれば、老後2千万円問題の影響で書店にも定年後のお金に関する本がたくさん並んでいると思います。そういうものを一冊買ってみて、そこに書かれたことをきっかけに話してみるというのは良い方法だと思います。

――確かに今の社会問題にうまく乗っかってしまうというのはアリですね。

小野原先生:あと手前味噌ですが、私たちがやっているような初心者向けのマネー講座にご夫婦で参加してみるというのもすごく良いと思います。実際にご夫婦で来てくださる方もちらほらいらっしゃいますよ。ちなみに現役受講生である50代男性のお一人は、学校で使っている書き込みのある教科書をさりげなく家族が集まるリビングに見えるように置くのがオススメとおっしゃっていました。そうすると自然とご家族の方から話題にしてくれるそうです。

――夫婦で参加できない場合は、このパターンできっかけをつかむのもありですね。

小野原先生:お金の計画って「人生の計画」なんです。ご夫婦の価値観のすり合わせなしには、絶対に計画は立てられませんからね。

――確かにそうですね。

小野原先生:あと、(2)のあるだけ使っちゃうタイプと(3)のとりあえず貯金タイプについては、今までも色々とお伝えをしてきたので、その記事をお読みいただければと思いますが、(2)のタイプの方は、ずばり「支出の把握」、そして固定費を中心に「家計の見直し」をすることが最重要となります。定年退職して急に家計をダウンサイジングしようと思っても、一度あげたクオリティを急に下げることは簡単なことではありません。50代の方はご家族構成によって、教育費や介護費など、多くかかってくる費目が結構違うという現状もありますが、それでも手取り収入の最低2割は定年後のために確保してほしいですし、先取り貯蓄は必須です。

――そうですよね。

小野原先生:そして、(3)のとりあえず貯金タイプの方には、すべてを貯金するのではなく一部を「投資信託など長期投資にまわすこと」をおすすめします。定年は近づいているとはいえ、いまや人生100年時代ですので、長期の分散投資によって「お金を増やす」こともまだまだ可能です。50代の方でしたら以前お伝えした「つみたてNISA」の口座で運用するのも賢い選択だと思います。ただ投資信託は様々な商品がありますので、必ず知識をつけて良い商品を選んで運用してほしいと思います。

――そうですね。

小野原先生:いずれのパターンにせよ今の50代の方に必要なことは、現実から逃げずに定年後のお金について知ることです。そのためにもご夫婦なら、お二人でお金について話をしていただくことが不可欠です。現状を正しく把握し、自分たちが定年後どう生きたいかを話し合い、理想の人生を歩む計画を共に立てる。ぜひ今週末にでもトライしてほしいですね!

〈今日の学び〉
・50代で定年後の資金計画策定の準備なし、と答えた人は65.4%。
・定年後のお金の問題、最初の一歩は、まずは「夫婦で」話し合うこと。
・本をきっかけに話をしたり、夫婦でセミナーに出るのもあり。

ファイナンシャルアカデミー
お金の教養を身につけるための総合マネースクールとして2002に創立。東京校・大阪校・ニューヨーク校・WEB受講を通じて16年間で延べ約50万人が、貯蓄や家計管理といった身近なお金から、資産運用、社会を豊かにするお金の使い方までを学習。初心者向けの定番「お金の教養講座」https://www.f-academy.jp/school/kyouyousemi.htmlや40、50代に特化した「定年後設計スクール無料体験会」https://www.f-academy.jp/school/retirement.htmlが人気。

小野原 薫(おのはら かおる)
ファイナンシャルアカデミー認定講師、ファイナンシャルプランナー、相続診断士。大手証券会社勤務時代に、一受講生としてファイナンシャルアカデミーの講座を受け、中立的な金融経済教育の必要性を強く感じ同社の講師に転身。現在は成人向けの「お金の教養講座」や「投資信託スクール」の入門講座を担当する他、高校での出張授業など若年層への金融経済教育も積極的に行なっている。明るく誰にでもわかりやすい講義が好評。

2019年7月8日 掲載

関連記事(外部サイト)