春ドラマ採点、ベスト3は3位「あな番」、2位「わた定。」、栄えある1位は……

「平成最後にして令和最初の4〜6月期について連ドラのベスト3とワースト3を挙げよ」というデイリー新潮からの司令。これはワタシにとって最近なかなかない難題でした。

 なにせ、ワーストは絞るのが難しく、ベストは見つけるのが難しかった、つまりは(すでに「ワースト3篇」にも書いたとおり)、視聴率的にもワタシ的にも4月クールの連ドラは凡作駄作死屍累々の海だったんです――と、愚痴とも諦めとも嘆きにも取れる、コラムニスト・林操氏が選んだ、4月期ドラマのベスト3。

 ***

 やっとのことで、なんとか選んではみたものの、以下のベスト3はカナヅチだらけの水泳大会や世襲議員限定の首相選びの結果みたいなもんだと思っていただければ幸い也。

 まずは第3位──日テレ系・日曜10時半の「あなたの番です」。
(今期は「ドゥルルルルルルル……」のドラムロールも文末のビックリマークもなし)

 ベスト&ワーストを選ぶにあたっては、ドラマ見巧者の知り合い何人かに相談もしてるんですが、ベスト3候補として名を出すたび、ほとんど全員が反対したのがコレ。

●「変わったことをやるために変わったことをやっているだけ」
●「『anone』(去年1〜3月期の日テレの連ドラ)は難解でも芥川賞系だから納得度が高かったけど、コレは直木賞系(ミステリー)なのに無駄に高踏的」
●「主演の田中圭も原田知世も芝居がなんだか戸惑っていて、いいキャスティングなのにもったいない」
●「原案が秋元康」
 ……その他いろいろ、悪評紛々に近い状態でした。

 さらには視聴率も6%台の回があったりと芳しくないにもかかわらず、それをわざわざトップ3に入れたのは、もちろん他がピンと来なかったからというのが最大だとして、それに続く理由は、さっきズラズラと並べた悪評の裏返しです。

●ニッポンのドラマは現状維持と既得権益保護による動脈硬化が進みすぎていて、「変わったことをやるために変わったことをやっている」くらいの作品をつくらないと死ぬ
●噛んで含めてわかりやすくつくるというニッポンのドラマの悪癖をブチ壊しつつ、視聴者を引っ張ってくるためには、犯人探しという強い推進力を持つ物語は有効
●主演の2人を大手の芸能プロダクション以外から選んだ制作側の意気は買い
●そういう“無茶”を社内の稟議で通すときのテクニックとして、既得権益の代表みたいな大物を企画に巻き込んでおく手があって、今回の「原案:秋元康」もソレ(だと信じたい)

 そういう「あなたの番です」は、最近のプライムタイム連ドラでは珍しく2クール=6カ月続く長丁場。6月末で終わった前半=第1部の最終話では、原田知世まで死ぬというサプライズもあって、視聴率が9%台まで急上昇。そもそも日テレの「日曜ドラマ」は、ここのところ「今日から俺は!!」「3年A組―今から皆さんは、人質です―」と濃い良作を連発してる枠でもあり、「あな番」にも大化けを期待してのベスト3入り、ということで。


■吉高のままで続篇を


 続いては第2位──TBS系・火曜10時の「わたし、定時で帰ります。」。

 タイトルがコレ、時は“働かせ方改革”の真っ只中、主演は若い娘の本音を叫ばせたら当代随一の吉高由里子、枠は「逃げ恥」「義母ムス」の「火曜ドラマ」。TBSがそれなりに本気で当てに来てることは、企画が発表された段階から見えていました。

 一方で、制作が凡作量産会社だったTBSスパークル(旧ドリマックス)であったり、吉高がアミューズ所属/相手役の向井理がホリプロ系/助演格までジャニーズからバーニングまで勢揃いというキャスティングにギョーカイ臭がキツかったりと、西の空に黒い雲が出ていたのも確か。

 ゆえに、放送開始前のワタシの予報は、「大当たりか大外れのどちらか」ではなく「プラスとマイナスの要素が拮抗しての中ヒット」だったんですが、出来も視聴率(全話平均で9・7%[視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区])も、まぁ読みどおりとなりました(吉高の視点から見るならば、前作の「正義のセ」と似たような結果)。

 それをわざわざベストの2位に選んだワケは2つありまして、ひとつは他の作品が(以下略)だとして、もうひとつは奥寺佐渡子・清水友佳子コンビの脚本が楽しめたこと。特に奥寺は「時をかける少女」や「サマーウォーズ」という細田守監督のアニメ映画のホンで唸らされた脚本家で、今回も吉高の跳ねさせ具合が、それこそ「時かけ」の真琴を髣髴とさせて悪くなかった。

「わた定。」、そもそも朱野帰子の原作小説はもっと面白いし、2作まで出ているゆえ、願わくば脚本:奥寺/主演:吉高のままで続篇・リメイク版・映画版などつくっちゃいただけませんかね? それもできるだけ早く。

■栄えある1位は消去法?


 そして2019年4〜6月期・民放プライム帯連ドラのベスト1は──日テレ系・土曜10時の「俺のスカート、どこ行った?」。

 放送開始前の個人的連ドラ予測で言うならこの「俺スカ?」、「わた定。」とは反対に「大当たりか大外れか」だと見てたんですが、始まってみれば、そして終わってみれば、「プラスとマイナスの要素が拮抗しての中ヒット」で、ワタシの予報こそ外れとなりました。

 プラスと思える要因はけっこうあって、デカいものだけ選び出しても……

●「おっさんずラブ」や「弟の夫」、同じ4月期(ただし深夜)の「きのう何食べた?」に「腐女子、うっかりゲイに告る」などなど、ここんとこどんどん増えて、かつ良作佳作傑作続きのLGBTモノ(というよりGモノ)
●主役の女装のゲイの高校教師52歳を演じるのが、達者すぎる古田新太師匠
●助演にも小市慢太郎に荒川良々から、大倉孝二、桐山漣まで演劇系の濃いのが揃って、その他に混じるジャニーズ系やら乃木坂系やらの臭み消しに
●「今日俺!!」「3A」と、当たり続きの日テレ学園ドラマ
 ……という具合です。

 実はこの他に、

●脚本も演出陣も名高いベテランではなくて、新しいモノが期待できる
 ……てな項目も、個人的予報には挙げていたんだけれど、放送が始まって話が進んでいくうちに、思惑から一番大きく外れたのがコレでした。いや、せっかくおかしな大人たち=教員たちを揃えたのに、対する子供たち=生徒たちが割と常識的で、ストーリーも古典的と呼びたいくらい、ありがちな学園モノだったんです。

 フツーの学校にフツーじゃなさすぎる教員をブチ込んでみる実験という学園ドラマは、矢沢永吉の「アリよさらば」とか「ビートたけしの学問ノススメ」とか、以前からよくあるんですが、あいにくヒット作は少ない。しかも「俺スカ?」の場合、肝心の古田新までが、回を重ねるごとに“中身はノンケとそう変わらないおっさん”に見えるような芝居を求められる筋立てになっていたのも残念だった。

 とはいえ、この手の不満は高すぎた期待の反動でもあって、毎週1時間弱をウチに居ながらタダで過ごすための方便である連ドラとしては、相応に、あるいは相当に、楽しませてもらえました。この「楽しませてもらえた」というのが、今年4月期のベストワンに相応しいと思える理由のトップだったかもしれないなぁ。何しろ他は、楽しむより残念がったり腹が立ったりせざるをえない物件が特に多かったんでね、このクールは。


■7月期「朝顔」でフジの命運が決まる!?


 と話を進めてきておいて、今さらではありますが、以上はすべて「ワースト3篇」と同様、プライム帯(夜7〜11時)の民放の連ドラに限った話。この縛りを外すなら、魔の平成31年/令和元年4〜6月期にも見ものはちゃんとあって、そこまで含めての連ドラ全作でのベスト3を挙げさせてもらえるのなら、次のようになります。

(3)「腐女子、うっかりゲイに告る。」「家政夫のミタゾノ3」
(2)「きのう何食べた?」
(1)「やすらぎの刻〜道」

「腐女ゲイ」はNHKの、「ミタゾノ3」はテレ朝の、「きの何?」はテレ東の、いずれも深夜モノだし、「やす刻」はテレ朝の昼ドラゆえ、プライム連ドラ、特にTBS、日テレ、フジは死んだのか状態でして、中でも4月クールのフジは、ちょっと前まで漂ってた復調の気配が嘘のような壊滅ぶり。日テレのように新しいことやってコケてるのならまだ先は明るいけれど、フジは手垢まみれの手慣れたやっつけ仕事で失敗してるので、救いがない。

 唯一、数字は悪くなかった「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の月9枠も、次の7〜9月期にやる「監察医 朝顔」は医療モノ+警察モノのニコイチ企画。この煮詰まり具合には不安が募るばかりです。上野樹里が主演の「朝顔」、現状では「せいぜい中ヒット」というのがワタシの予想なんですが、願っているのはこれが派手に裏切られること。大当たりになってフジのドラマを刷新するような新しい作品になるならありがたいし、正反対の大外れだって歓迎したい。死ななきゃ治らないほどの重体なら、いっぺん死ぬことも薬になるはずですから。

「ワースト3篇」で紹介した、デーブ・スペクターが2年前にニッポンのドラマを嘆いてツイートしたラディカルな提言を、今度は抜粋でもう一度──。

「全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。」

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

週刊新潮WEB取材班

2019年7月10日 掲載

関連記事(外部サイト)