ADHDのキャバクラ嬢が借金完済し「いくら稼いでいるのか分からない」境地に至るまで

 気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」第10回。今回は一度は東京で就職したものの、一旦地元でUターン就職し、現在は再び東京で働いているキャバクラ嬢にインタビューしました。波瀾万丈の半生を経て彼女が得たものとは一体?

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

 ***


■「なんでも鑑定団」ばりの目利き能力


 進学や就職で一度は上京したものの、地元にUターンした女子がいる。今回取材を受けてくれたのは、キャバクラ嬢のホノカさん(30歳)だ。

 一度地元である福岡にUターンしたもののもう一度上京して、現在は東京で暮らしている。待ち合わせ場所に現れた彼女は、すらっとした高身長の美女だった。サンローランのシンプルなバッグを持ち、堂々たる立ち振舞いの彼女から、夜の仕事の香りがした。

「私、中高生の頃、姫野さんと同じくバンギャル(ヴィジュアル系バンドの熱狂的な女性ファン)だったんですよ。そして、同じような仲間たちと好きなバンドマンのコスプレをして、プリクラを撮っていました」

 屈託ない笑顔でホノカさんは語ってくれた。また、ホノカさんとの共通点は他にもあった。発達障害の一種のADHD(注意欠如多動性障害)持ちであることだ。

 私は不注意傾向のほうが強く忘れ物やうっかりミスが多いが、ホノカさんはとにかく多動で、好きなバンドのライブ中も同じ空間にいられず、最低3回はトイレに移動して外の空気を吸いに行くということだった。

「私自身、ADHDだとわかったのはつい最近です。高校の頃、心療内科に通院していたこともあります。親はスパイのように過干渉になり、医師に私がどんな話をしていたのか聞きに行っていたようです。また、私がADHDであることをその頃すでに知らされていたようですが、私は知らされていなくて……。

 私、つい最近まで、親が毒親だと思っていたんですよね。でも、おかしいのは私の方でした。未だに親への反抗は続いていますし、ADHDについても理解してもらえていなくて、『なぜ普通の人ができることができないのか』とため息をつかれています」

 中学時代、バンドマンのコスプレをしていたホノカさんは、手芸部に入り、学校のミシンを借りて衣装を作っていた。学校で作っていたのは、家だと母親に怒られるからだという。ヴィジュアル系好きにありがちな黒い服も「葬式じゃないんだから」と、親に禁止されていた。クローゼットの中やゴミ箱の中までチェックされていたという。

 中学の頃は高校に行きたくないと思っていたが、親に「高校に行けばライブに行ってもいい」と言われ、発奮。無事高校に合格したが、高校では勉強をせず、コスプレのために髪を金髪に染め、いつも生活指導の教師から反省文を書かされる問題児だった。そんなホノカさんだが、特技がある。

「友達から『フンコロガシみたい』って言われるんですけど、アクセサリーを安く仕入れて高値で売ってお小遣い稼ぎをしていました。

 オークションでとあるブランドのリングを数千円で売っている人がいるんですが、実はそれはアンティークもので刻印が入っていたり、混じりっけのないシルバーだったりするんです。売っている人は、それがレア物であることを知りません。

 当時、そのブランドが好きだったので年代ものの商品について勉強し、数千円で購入したものを、磨いて綺麗にして、本当にその価値を知っている人に数万円で売る、ということをしていました」

 まるで、「なんでも鑑定団」ばりのすばらしい目利き能力だ。そうやって稼いだお金をコスプレ衣装の製作費用にあてていた。その目利き力や錬金術の能力は、今のホノカさんの生き方にも通じていることを後ほど紹介したい。

 高校卒業後もホノカさんの反抗期は続いた。大学に進学したくなくて、入試は名前だけ書いて白紙で出したので、当然落ちた。ホノカさん曰く、少し自閉スペクトラム症の傾向があるので、「名前を書けば受かる」と言われたことを言葉通りに受けて、本当に名前だけ書いて出してしまったという。

 親からはとにかく大学は出てほしいと言われ、その後予備校に通うものの「あなた、頭が悪すぎて受けられる講義がないから模試だけ受けて」と言われたという。しかし、ツアーで回ってきたバンドワゴンが東京へ帰っていくことから東京への憧れが募ったのと、とにかく親元を離れたかったので、東京に出たいと思うようになる。


■「私の虜にするぞ」という意気で接客


 予備校の先生に話すと「もうセンター入試も全部終わってるけど、一般の中期でこの学校だったらまだ間に合う」と言われた大学を受験し、合格した。どのくらいの偏差値の大学なのか尋ねるも、ホノカさん自身「偏差値」というものを考えたこともないという。

「一夜漬けで勉強して受かっちゃった感じです。情報系の私立大学で、とにかく東京に出たい一心で赤本を解きました。親からも、大学の近くに親戚が住んでいることから上京を承諾してもらえました。

 それで晴れて4月から大学に入ったのですが、情報系の大学なのでパソコンの授業がメインです。もう、パソコンが嫌すぎてぶっ壊しちゃいました。でも、マーケティングや消費者心理に関する講義を取って徹底的に学び、それが今のキャバクラに活かされているのではないかと思います」

 なかなかファンキーなエピソードである。パソコンは壊したが、なんとか単位は取った。そして、それまでヴィジュアル系が好きだったのが突然、グループサウンズ系の音楽にハマった。ヴィジュアル系と真逆である。大学の図書館にあるCDを片っ端から借りて聴いていった。大学では情報の勉強より音楽の勉強に精を出した。

 友達は少なく、ノートを写させてもらう友達と、出欠を代返してもらう友達と、一緒にライブに行く友達の3種類しかいなかった。しかも、男友達ばかりで「基本、私みたいな性格の女は女の子に嫌われるんです」と、ホノカさん。

 そして大学在学中、友達の紹介でランジェリーパブでバイトを始めた。私自身、風俗店で3年ほどバイトをしていたが、キャバクラやクラブなどの水商売のことはさっぱり分からない。ランジェリーパブのシステムについて教えてもらった。

「システムはキャバクラと一緒なんですけど、着ているものが下着です。店によってコンセプトは異なりますが、私はブラジャーにTバック、そしてキャラ付けのためにガーターベルト姿で接客していました」

 私の脳内で、イケイケギャルたちがギラギラの素材のビキニを着て踊る姿が再生されたが、ホノカさんの店ではショーはなかったそうだ。それより、そんな格好で接客をすると身体に触られたりしないのだろうか。

「逆にビビってみんな触ってこないんです。『すごいね、このTバック』とか『自分に自信がないとそんな格好できないよね』みたいな反応で。だから、普通のキャバクラよりセクハラ的な意味では安全かもしれません」

 今、ホノカさんは普通のキャバクラで働いている。その給与システムもわからないし、キャバクラと私がよく知っている風俗とでは業界用語も違う。

「キャバクラはお客さんに『ドリンクいただいてもいいですか?』と聞いて一緒にお酒を飲むのですが、例えばドリンク1杯1000円だったら、女の子にはだいたい200円のバックが入ります。一晩で5杯飲んだら1000円もらえる感じです」

 正直なところ、想像より稼げない、シビアな値段に感じてしまった。

「今は一晩でだいたい30杯くらい飲むので、もうお腹ポチャポチャですよ(笑)。あと、『場内指名』というシステムがあって、『君、気に入ったからずっとここにいて』と言われたらバックが1000円入るので、『私の虜にするぞ』という意気で接客します」

 もう駆け引きである。「男は射精できればなんでもいいから、そこまで気を張りすぎないで。疲れちゃうから適度に手を抜いて」と、風俗勤務時代、スタッフに言われており、ゆるゆるとホワイトな環境で働いていた私からすると、男性心理を研究しつくさないとキャバクラで稼ぐのは難しそうに思えた。


■「東京で失敗したんだろうな」


 話をホノカさんの学生時代に戻す。就活ではレコード会社を受けたが全滅し、職業訓練所の就職相談へ行くと、落ちこぼれコースに振り分けられてしまった。

 そこからシステムエンジニアになったが、大学1年の頃からパソコンから遠ざかっていたのと、元々細かい作業が苦手なため全く向いておらず、研修の時点でうつ病になってしまった。しかも、月の手取りは12万円。当時、家賃が7万7000円したので、当然生活費は足りず、親にお金を借りた。

「その後、一旦福岡に戻ることにしました。親は安心していたようですが、地元の友達からは『東京で失敗したんだろうな』と、マイナスイメージを持たれていたと思います」

 地元に戻り、派遣でアパレル店員として働いた。有名ブランド店に派遣されたこともあったが、制服代わりにそのブランドの服を着なければならず、自腹で購入しないといけなかった。社員割引がきくとはいえ、大きな出費だった。

 また、完全に体育会系の世界で、店長会議で「あの子の顔やスタイル、うちのブランドのイメージに合わないから辞めさせて」と告げられ、店長が言いにくそうにその子をクビにする場面も目撃した。その後、アパレルは辞めた。
 
 その次は製菓店にて派遣で働くも、そこでも人間関係がうまくいかず、信頼していた後輩に裏切られる形になってしまった。

「ちょうどそのとき、東京でアパレルの仕事があると聞き、これはもう一度東京に行けということだなと思って、二度目の上京をしました。でもやっぱり、人間関係がうまくいかなかったのと、ADHDの特性から店長に『障害者』呼ばわりをされました。給与も額面18万で、そこから税金が引かれ、自社ブランドの服を買うと生活できなくて、リボ払いがどんどん膨らんでいきました。

 結局3カ月で辞め、事務の仕事に転職しました。でも、サービス残業もあってお給料は相変わらず18万円。どんどんリボ払いが雪だるまみたいに膨らんで借金地獄に陥り、残業のせいでアルバイトのキャバクラにも出勤できないので、事務の仕事を休んでキャバクラに出勤し、なんとか返済しました」

 そして、事務職をやめ、今のキャバクラ勤務に至る。借金を完済した今、ホノカさんはお金に関しての不安はない状態だ。そう、あの「フンコロガシ」と大学で学んだマーケティング術を駆使し、とある方法で稼いでいるのだ。


■1時間お茶をするだけの「パパ活」


 彼女が見せてくれたスケジュール帳アプリには、週2回、1時間ごとに何件かタイムテーブルが組まれている。これは、パパ活のスケジュールだという。キャバクラと合わせ、パパ活アプリで会ってお小遣い稼ぎをしている。

 パパ活は肉体関係を持たないとお金をもらえない、いわゆる援助交際の言い換えではないかと思っていたが、ホノカさんの場合、賢い方法でパパ活していた。

「基本的に1時間お茶をするだけです。最初の10分で入るお店を決めて、残りの40分でパパの仕事の内容や、その人が話したがっていることを聞き出します。出張キャバクラみたいな感じですね。それで、パパの心を開いていって、残りの10分で関係を続けるかどうかの話もします。

 こないだも、私の話を気に入ってもらい、15万円するPRADAのパスケースと財布のセットを買ってもらいました。キャバクラの給料と合わせると、いくら稼いでいるのか、もう分からない状態です」

 今まで、人気風俗嬢を取材したこともあるが、稼いでいる人に共通しているのが「いくら稼いでいるのか分からない」ということだ。逆に、稼げていない風俗嬢ははっきりと金額を覚えている。

 今のホノカさんの夢は、自分の店(キャバクラ)を持つことだという。最後にホノカさんはキャバ嬢としての名刺をくれた。私はそっと手帳のクリアケース入れに名刺を挟んだ。

 取材を終え、サンローランのバッグとこれまたハイブランドのものであろうシンプルなサマーニットにパンツスタイルで、さっそうと去っていくホノカさんに、私には持ち合わせていない「賢く生き抜く術」を感じ、憧れに近い感情を抱いた。

 私はキャバクラに行ったことがない。一度行ってみたいと友人のキャバ嬢に申し出たところ「リピーターになるような男の人と一緒に来なきゃダメだよ」と言われて諦めたことがあるが、店によって方針が違うらしい。ホノカさんの店は女性だけでも入れるそうなので、私のキャバクラデビューはホノカさんの勤務する店になりそうだ。

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年7月12日 掲載

関連記事(外部サイト)