元スマの次は宮迫? 脱ジャニ「田原俊彦」、脱吉本「サブロー・シロー」はこう干された

 令和の時代を迎え、芸能界に地殻変動とも呼ぶべき大きな動きが生じている。なかでもジャニーズ事務所が元SMAP3人の出演をめぐりTV局に圧力をかけた疑惑、闇営業に関して吉本興業が宮迫博之らを恫喝していた問題は、業界の在り方を問う出来事だった。

 後者に関しても、今後の宮迫たちが、元SMAP3人と同じ憂き目にあうのではとの見方は少なくない。著書『芸能人はなぜ干されるのか?』で、タイトルそのものズバリの問題に切り込んだライターの星野陽平氏が、華やかな世界の“残酷物語”を繙く。

 ***

 芸能界に激震が走った。

 7月17日21時ごろ、NHKの「元SMAP3人のTV出演に圧力の疑い ジャニーズ事務所を注意 公正取引委」というニュース速報が第一報だった。その後、このニュースはNHKの通常のニュース番組でも取り上げられ、多数のネットメディアがこれを追従し、一気に拡散した。

 大手芸能事務所を辞めたタレントが突如、テレビから姿を消すというのは、すでに多くの視聴者が知っていることだろう。いわゆる「干される」という現象だ。

 なぜ干されるのか。一言で言ってしまえば移籍や独立の動きが、他のタレントに波及することを芸能事務所が恐れるからだ。売上を稼いでくれるタレントがいなくなってしまえば、芸能事務所は経営を続けることができない。タレントといえども一人の人間なので「事務所を辞める」と言い出したら、止めることができない。だから、見せしめに干して「うちを辞めたらこうなるんだ」ということを他のタレントに示さなくてはならない。

 2017年にジャニーズ事務所から独立したSMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人も例外ではなく、独立直後からテレビ出演が激減した。

 独立をしたと言っても違法行為をしているわけではないのだから、テレビ局が起用するのは本来自由なはずだが、現実には難しい。大手芸能事務所から「彼らを出すなら、うちのタレントを引き揚げる」と言われた場合、番組編成に大きな支障が出るからだ。

 すでに今年春、週刊誌で公正取引委員会がタレントの移籍をめぐってテレビ局に圧力をかけていないか、ジャニーズ事務所を調査する予定だと報じられていた。テレビ局の忖度が大半だと言われ、立証は難しいという見方もあったが、実際に公取委が動き「圧力の疑い」を指摘したことで、芸能界の既存のビジネスモデルが揺らぎ始めた。

 私は以前からこの問題に関心を持ち、2014年に『芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反』(鹿砦社)を上梓し、その後も関連書籍を出してきたが、ここでは特に印象に残ったタレントの“追放事件”をいくつか紹介したい。


■俳優の顔を切りつけ…干されの原点


 その原型ともいえるのが、80年以上前に起きた、林長二郎をめぐるトラブルだろう。1937年、東宝の京都撮影所で撮影を終えた俳優の林は、正門を出たところで暴漢に襲われ、二枚重ねのカミソリで顔を切りつけられた。

 事件から4日後に逮捕されたのは、朝鮮出身で23歳の金成漢という男。金は「スターを妬んでの犯行」と供述したが、事件の背景には映画会社の移籍問題があったとされる。この一カ月前、長二郎は松竹のライバル会社だった東宝への入社を発表していたのだ。

 背景には、舞台出演にこだわり続けた長二郎と、利益の上がらない舞台を良しとしなかった松竹との対立があったとされる。松竹に不信感を募らせた長二郎は東宝への移籍を決断したのだった。

 警察の調べによると、犯行に至る経緯には、松竹系列の映画会社・新興キネマの用心棒だったヤクザ者、笠井栄次郎という男の存在が大きい。笠井を介し、その子分が新興キネマの取締役・永田雅一の元を訪れ、長二郎の問題について「私が何とかしましょうか」と持ちかけたとされる。永田がうなずいたため、増田は自分のところへ出入りしていた金に犯行を命じたのだった。

 もっとも、長二郎の場合は、“干され”とはやや異なる。事件後、俳優業は絶望的と思われたが、時代劇用の厚化粧でカバーし、翌年から映画へ復帰。再びスターに返り咲いたからだ。映画復帰に際しては、長二郎は芸名を松竹に返還し、本名の長谷川一夫を名乗るようになった。

 この後に、戦後になると、「俳優ブローカー」と呼ばれる業者によって映画会社間での俳優の引き抜きが相次ぎ、経営を圧迫した。また、日活が戦時中に中断していた映画製作を再開するために俳優の引き抜きを活発化。それに対抗して、1953年、当時の映画会社5社(松竹、東宝、大映、新東宝、東映)が俳優の引き抜きを禁じる五社協定を締結した。

 戦前にも映画会社間の引き抜き防止カルテルは存在したが、強制力は弱かった。だが、五社協定はうまく運用され、俳優の移籍は鳴りを潜め、多くの犠牲者が生まれた。有名なのが山本富士子のケースである。


■「紳士のなさることではない」訴え


 山本は1950年代から60年台にかけて活躍した「日本一の美女」である。

 山本は50年に第1回「ミス日本」に輝き、53年、大日本映画製作(大映)に入社した。審査員を務めていたのは、先の長二郎のケースにも登場した永田雅一。大映は、永田が立ち上げに深く携わった会社で、当時は社長の座に就いていた。

 その大映で山本は103本の映画に出演し、「日本を代表する女優」としての地位を築いた。転機となったのが、結婚だった。

 62年1月、作曲家の山本丈晴との結婚を控えていた山本は、結婚生活と女優業の両立を不安に思い、自由のきくフリーへの転身を永田に相談した。すると、永田は、「そんなことを言わずにもう1年とにかくやってごらんなさい。1年やってみてやっぱり無理だと分かったら、来年フリーにしてあげましょう」と言った。

 だが、大映の専属女優としての生活はあまりに忙しく、1年後、山本は永田に再び、フリー転身の相談をした。永田は完全なフリーではなく、決められた本数全部をまず大映でこなした後で他社出演を認める「優先本数契約」を打診し、山本もそれを了承した。

 ところが、それから1週間ほどして急に永田の態度が変わり、山本に「専属かフリーかのどちらかを選べ」と二者択一を迫った。山本が、恐る恐る「フリーになったら、もう映画に出られなくなるんじゃないですか?」と念を押すと、永田は「俺をそんな小人物と思うか?」と怒った。山本は大映を退社し、63年3月にフリーを宣言した。

 その結果、山本は一切、映画に出演できなくなったのである。「日本を代表する女優」とまで言われながら、映画出演の依頼はまったく来ず、舞台出演の機会まで閉ざされた。これが五社協定の威力だった。

 当時の山本は、『週刊平凡』64年1月9日号のインタビューで次のように映画界を批判している。

《がんこに自分を主張してばかりいないで、永田社長のとこにおわびにいった方がいい、と忠告してくれるかたもいます。

 けれども、わたくしが約束ごとを破ったりしてまちがったことをしていれば、もちろんお許しをうけにまいりますが、そうではないのですから、ただわけもわからずに頭をさげることはわたくしの俳優としてのプライド、信念が許しません。

 わたくしがフリーになることを好まないのならば、永田社長は契約更新のときに、フリーになるのは認めないと主張してくださればよかったのです。いったんはたいへん紳士的に認めてフリーにしておいて、あとあとまであらゆる手をうってわたくしの俳優として生きる道をとどめてしまおうとなさるやりかたは、紳士のなさることではないと思います。

 おまけに、大映一社だけではなく、他の社までが永田社長の考え方に同調しているように見えるのは、フリーにはなったけれども、映画にも舞台にも出演できないという状態にわたくしを追いこんでおいて、フリー志願のほかの俳優さんへのみせしめにしているのだ、としか考えられないのです》

 映画界から追放された山本は、その後、テレビ女優として復帰し、やがて舞台に活動の軸を傾けていったが、その後映画に出演することはなかった。映画界はあまりに惜しい人物を失ったのである。


■森進一問題


 五社協定のような引き抜き防止カルテルは、テレビ界でも導入された。

 草創期の芸能界では、ギャラの配分などでタレントと所属事務所が揉め、独立や引き抜き事件が相次いでいた。

 そうしたトラブルに終止符を打つべく、渡辺プロダクション社長・渡辺晋が音頭を取って1963年に設立したのが、日本音楽事業者協会(音事協)だった。音事協も五社協定同様、タレントの引き抜き防止で団結し、独立問題に対しても協調して阻止した。

 芸能界史上で最大の追放事件とされるのが、渡辺プロに所属していた歌手の森進一のケースだ。

 79年、森進一はデビュー以来、13年所属した渡辺プロから独立を果たした。74年にリリースされた『襟裳岬』以来、これといったヒットが出ず焦っていた森は、「渡辺プロに問題があるのではないか?」という疑念を持った。押し付けられた歌ではなく、自分で選んだ歌を歌いたいと考え、独立を志向するようになっていった。

 森の所属していた渡辺プロは、芸能事務所のパイオニアであり、業界一の名門である。だが、当時は渡辺プロ以外の芸能事務所も勢力を伸ばし、渡辺プロの業界での影響力は低下していた。そこで、森は「渡辺プロに自分を潰す力はない」と判断したようだ。

 ところが、独立した森は見事に干される。レコードを出せなくなり、テレビ出演も激減した。

 その理由は、渡辺プロ以外の芸能事務所も協調して“森潰し”に加わったためとされる。

 タレントの独立を歓迎しないのは、どの芸能事務所でも共通する考えである。森の独立をあっさり認めてしまえば、雪崩現象が起きかねず、業界全体にとって死活問題となる。そこで音事協が業界の意思を体現して、テレビ局などに「森を使わないでしょうね」と圧力を加えていたと言われている。

 とはいえ、独立から半年後には念願の独立後第1作目のシングル『新宿・みなと町』がリリースされ、TBSの『ザ・ベストテン』で9位にランクインするほどヒットした。

 これに気を良くした森だったが、ここで新たな問題が発生する。森が、他の歌手やタレントに対し、自分のように独立するよう、“そそのかした”といわれたのだ。当時、名前が取り沙汰されたのは、サンミュージック所属の都はるみや、芸映プロ所属の西城秀樹らだった。

 実際、森のアドバイスを受けて独立の動きを見せたタレントもいたらしく、芸能事務所の経営者たちを怒らせた。音事協の総会では「あんな男はこの世界にいてもらいたくない」という声も上がった。

 この影響で、80年6月ごろより、芸能界に森との共演拒否の動きが広がった。「森進一の出演する番組には、いっさいうちの所属タレントは共演させません」と、多くの芸能事務所が言い出した場合には、森のテレビ出演は絶望的になる。

 共演拒否の動きが広まったのは、その直後に控えていた森と大原麗子の結婚披露宴を潰す狙いもあったようだ。

 披露宴では、本来なら出席すべき有名タレントが軒並み欠席し、白けた雰囲気になった。森と同じ鹿児島県出身で、仲人を務めた自民党の山中貞則代議士は、

《私は独禁法の権威でありますが、仮に事業者団体が特定の者を排除しますと、独禁法が発動されることになる。芸能界でも、もし同じようなことがあれば当然、独禁法にふれるわけで、私が媒酌人になった以上はこの二人についてずっと責任をもって後見人となります》(『週刊ポスト』80年7月11日号)

 と異例の挨拶をしている。とはいえ、当時の公正取引委員会は森潰しで団結する芸能界を摘発せず、森は再びテレビから姿を消したのだった。

 81年に森と渡辺プロが業務提携の契約を結び、渡辺プロが森の興行をすべてマネジメントすることとなり、手打ちをしたが、音事協との対立は解消せず、その後も森潰しの動きがたびたび取り沙汰された。


■干されたトシちゃん


 さて、今回、公取委からの注意で注目を集めたジャニーズ事務所は、音事協には加盟していない。ジャニーズは男性アイドル市場では独占状態であり、マスコミに対する影響力も強い。ジャニーズ単独でタレントを潰すだけ実力があるため、業界団体に加盟する必要がないのだ。

 もちろん、ジャニーズを辞めたタレントには過酷な運命が待ち受けている。例えば、田原俊彦のケースが有名だ。

 94年2月17日、田原は長女の出産報告会見を行った。会見の席上、田原は、「マスコミ嫌いの田原のために、こうしてお集まりいただいて本当にありがとうございました」「また、(結婚式に)来ないでよ。疲れるんだから。嫌いなんだから、僕はみんな(記者陣)のこと」などと語り、終始、不機嫌だった。そして、最後にこう発言した。

「何事も隠密にやりたかったんだけど、僕ぐらいBIGになっちゃうと、そうはいきませんてのがね、よく分かりました」

 これに対し、マスコミは「思い上がるな!」という非難の大合唱を浴びせた。

 田原といえば、79年に『3年B組金八先生』に出演し、共演した近藤真彦と野村義男とともに「たのきんトリオ」としてブレイク。翌年には『哀愁でいと』で歌手デビュー。80年代を代表するアイドルとして活躍した。また、80年代後半は『ラジオびんびん物語』『教師びんびん物語』(ともにフジテレビ)がヒットし、俳優としても頭角を現し当時のジャニーズを代表するタレントになった。

 だが、「BIG発言」の頃には、人気に陰りが出ていた。さらに発言が猛烈に叩かれたために、田原のイメージは極端に悪化し、翌95年の『an・an』(マガジンハウス)では「嫌いな男ランキング」で1位となった。彼の芸能活動は長期間にわたり低迷し、事務所を転々と渡り歩いた。

 世間的には「BIG発言」が田原の人気低迷の原因だとされているが、「BIG発言」は凋落のきっかけにすぎない。実は、田原は「BIG発言」直後の94年3月1日に、18年所属したジャニーズ事務所を独立していたのである。

 独立の背景には、ジャニーズとの確執があったと言われている。独立の前年、93年にはそれまで毎年行われていた田原のコンサートツアーが中止され、同年10月に夫人と入籍した際は事務所からの発表はなく、長女出産の会見でも事務所関係者は姿を見せなかった。

「BIG発言」に対するマスコミの過酷なバッシングには、ジャニーズ事務所という後ろ盾がなくなった田原に対する“溺れる犬は石もて打て”という意識が強く働いていたことは、想像に難くない。

 マスコミの“田原攻撃”の動きはその後も続いた。独立した直後には、週刊誌が“田原が薄毛治療を受けている”と報じた。記事によれば、情報源は「ある芸能プロ関係者」だという。

 実際、田原自身が、独立後の仕事にやりにくさについて次のように語っている。

《ジャニーズにいたほうが安泰だったとは思います。事務所を離れてからは、テレビ局のプロデューサーとかがビビって“田原俊彦とジャニーズのタレントを一緒の番組には出せない”なんてことが起きました。わざわざ去った人に協力する必要はない。ジャニーズ帝国というのは、外に出て行く人間に対しては絶対的にNOなんですよ》(『週刊女性』09年6月9日号)

 テレビ局の「自主規制」は長らく続き、田原はジャニーズの見えない手に悩まされたが、13年8月のイベントではメリーからの手紙が届いたことを明かしている。手紙には、直筆でこう書かれていたという。

「(ジャニーズの)若い子たちが、トシの歌を歌っています。よかったら、今度観にきてください」

 この時、田原がジャニーズから独立してから、19年が経っていた。


■吉本興業でもあった追放


 ジャニーズと同様に、独占的な業界支配力を持つのが吉本興業である。

 今や吉本所属の芸人は6000人もいるとされ、年々、お笑い業界に対する影響力が増している。ところが先ごろ、事務所を通さない「闇営業」を反社会勢力との間で行った問題で「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が行った謝罪会見で吉本への不信感と吉本幹部から圧力を受けていたことを明かし、大騒動に発展している。

 宮迫はすでに吉本との契約を解除され、田村は吉本所属だが、無期限謹慎中の身。2人とも吉本と敵対している中で今後の芸能活動への展望は開けていない。

 吉本を辞めた芸人はどうなるのか。典型的なのが漫才コンビの「太平サブロー・シロー」のケースだ。

 サブロー・シローがデビューしたのは1976年のこと。2人はもともと松竹芸能に所属していたが、吉本興業制作の『ヤングおー!おー!』(毎日放送)に出演したいという思いから、吉本への移籍を画策。だが、当時、吉本と松竹は芸人の引き抜きを禁じる協定を結んでおり、移籍は難しかった。そこで、師匠の「レツゴー三匹」から破門されたことにし、吉本への移籍を実現したという。

 その後、80年代の漫才ブームに乗って人気漫才コンビとしての地位を確立したが、88年、突如として吉本興業から独立した。

 何度かの話し合いを経て、サブロー・シローの辞意が固いことを知った吉本の冨井善則制作部長(当時)は「お前ら、自分が思うとるほどたいした芸人やないよ」と言い放ったという。

 記者会見でサブローは、こう述べた。

「芸人はナマモノで、電気製品じゃない。これまでは線路の上を自分たちの意志ではなく、無理やり走らされている感じでした。これからはやりたい仕事を選んでやっていきたい。夢を追うのが芸人の仕事です」

 吉本に対する不満は2年前からあったという。後にサブローは独立の理由について、こう述べている。

《当時(明石家)さんまさんが東京で暮らし始めたり、(島田)紳助君も東京へ進出したり、関西の芸人さんが東京に居を構えて、東京で勝負しようという風潮があったんです。(中略)ところが、会社は『オール阪神・巨人』さんと僕とこは、大阪に残って漫才の灯を守れ、と命令形で言うんですわ。(中略)そのときは、『なんでオレらだけ大阪に残って漫才をせなあかんのや』みたいな気持ちばかりが強くて、会社に交渉しに行ったんです、『なんとかなりまへんか』と。ところが、交渉の過程で歯車が悪いほうへ、悪いほうへと転がって》(『週刊宝石』93年9月9日号)

 当時、漫才ブームを経て吉本興業は大阪の芸能界を制圧していた。退社後、サブロー・シローは吉本制作の番組3本で降板となり、6月20日に出演を予定していた『2時のワイドショー』(日本テレビ)が突然、中止となり、吉本による圧力が噂された。吉本の中間搾取がない分、ギャラの取り分は増えたが、徐々にサブロー・シロー排除の動きが強まっていった。

 結局、吉本が支配する大阪をあきらめ、東京に活路を見出そうと89年に東京に事務所を設立した。だが、92年に吉本の東京事務所が東京支社に格上げされ、本格的な東京進出が始まった。次第に東京でも吉本の手が回るようになった。

 仕事が行き詰まったことでサブロー・シローは不仲になり、92年にコンビを解消。そして、独立から93年、サブローが全面降伏し吉本に復帰した。

 島田紳助とオール巨人らに付き添われて吉本興業本社を訪れたサブローは、同社幹部に深々と頭を下げ、「すんまへんでした」と詫びた。

 吉本興業はサブローに対し、復帰の条件として次の7カ条を突きつけたとされる。

(1) 3ヶ月はノーギャラとする。
(2)吉本を通さない営業(アルバイト)をしない。
(3)吉本内で独立をする動きのあるタレントがいれば、その説得役を引き受け、それを使命とする。
(4)今後、吉本への不満を一切口にせず、独立という思想をもたない。
(5)2週間以内に吉本の会長だった故・林正之助の墓参りに行く。
(6)無条件降伏します。
(7)明石家さんま、オール巨人、島田紳助が保証人となる。

 吉本復帰を許されたサブローは、「心配事がなくなって、自律神経失調症が治ってしまいましたワ」と周囲に話していたという。

 97年には、シローも吉本と和解を果たした。彼は意固地になって、タレントを廃業し、大阪でパブを始めていたが、心配した島田紳助が吉本に掛け合った。吉本に筋を通したシローは、本名の伊東博の名で紳助の番組の放送作家として芸能界復帰した。その後、大平マサヒコ(現太平まさひこ)と漫才コンビを結成し、舞台に出演するなどの芸能活動も行ったが、12年2月に大阪市内の事務所で倒れ、死去した。晩年は、絶縁状態にあった元相方のサブローと和解できたという。

 お笑い業界を支配する吉本には、ことほど左様に絶大な力があるのだ。

 宮迫らについていえば、まだ状況は流動的であり、今後の展開は予断を許さない。近年、芸能事務所とタレントのトラブルが相次いでいることを考慮すると、芸能界全体を巻き込んだ、さらに大きな紛争に発展するかもしれない。

文/星野陽平(フリーライター)

週刊新潮WEB取材班編集

2019年7月23日 掲載

関連記事(外部サイト)