参院選落選の市井紗耶香 「選ばれない女」というポジションと人生

 立憲民主党から出馬した市井紗耶香、落選。私は「選挙の日は投票行って外食」、と無意識に刷り込まれているモーニング娘。世代であるが、思えば市井はモーニング娘。内でも影が薄いというか、いまひとつ「選ばれない」こと続きのポジションだったように感じていた。今でいうならAKBの峯岸みなみ的なポジション。顔はみんな知っている、でも一番好きなメンバーとして名前が挙がらない立ち位置。

 当時グループにはトップ人気を誇る安倍なつみがいて、さあこれから自分たちの番という時にエース・後藤真希の加入。続いて石川梨華・吉澤ひとみの美人コンビと、加護ちゃん辻ちゃんが暴れ出す。同期の矢口真里は低身長とロリ顔を生かしつつバラエティで頭角を現し始め、保田圭は「うたばん」で石橋貴明に必ずイジられていた。こうして周りのメンバーは確固たるポジションを築き始めていた一方、市井のイメージはあまりない。在籍時のラストシングル「ハッピーサマーウェディング」でさえセンターになれず、PVにもほとんど映っていないほどだ。プッチモニではセンターに抜擢され、スタイルの良さとさわやかさは残したものの、目を引く華やアクはなかったように記憶している。

 その後「シンガーソングライターになりたい」と16歳でモーニング娘。を卒業し、休業を発表。2年後にバンドを組んで再デビューするも、鳴かず飛ばずで引退宣言。20歳でバンドメンバーとできちゃった婚をした後、第2子出産後にまた芸能界復帰と、迷走ぶりを見せている。

 離婚とできちゃった婚を繰り返し、今では4人の子どもを持つ親になった市井。現役当時は奇しくも「母さん」というアダ名もあった。でも「ママタレ」という立ち位置でも、彼女の存在感は薄い。炎上はしても辻ちゃんや、藤本美貴の知名度には及ばないのではないだろうか。

 2014年には大人AKBオーディションに挑戦するも、最終選考で落選したことが明かされている。ことごとく、「時代に選ばれない女」なのである。

 そして参院選への出馬である。正直、「ここまで来たか」と少しがっかりしてしまった。彼女の出馬表明に対して私が感じたのは、子育て世代に優しい政治への期待よりも、長年腐らせ続けた功名心の匂い。アイドルでも歌手でも1番になれないなら、政治でひと花咲かせよう、というような焦りと野心。やはりというかなんというか、彼女はまた、選ばれなかった。


■「自分は器用な方ではない」と称した市井のズレと失敗


 アイドルとしても、シンガーとしても、ママタレとしても、政治家としても選ばれない市井。今ひとつ運が悪かったという言い方もできるのかもしれないが、芸能界は運も実力のうちという言葉もある。さらに今は承認欲求全盛の時代だ。「選ばれない」「求められない」という烙印はひどく苦しいことだろう。

 市井は出馬にあたり、「器用ではないので、一度決めた以上は議員になるため専念したい」と語っていたが、むしろ器用すぎることが問題ではないかと感じている。人気アイドルを経て、バンドにモデルに女優活動。ママタレもやりつつアロマセラピスト資格を取って鍼灸の学校にも出向く。そして政治家宣言。手広くなんでもやりすぎて、結局彼女はどんな人で何が得意なのか、自ら目印となる印象を消してしまっているのではないだろうか。

 彼女の言う「器用ではない」は、今まで挑戦してきた世界の中で、1番に選ばれるような成功体験が無い、ということだろう。また今回も選ばれなかった、という焦りが彼女を急き立てているのかもしれないが、見切りが早すぎることもあと一歩のところで成功に手が届かない理由とも言える。モーニング娘。の過去のPVを見ていて、「ザ☆ピ〜ス!」くらいまで残っていたら、もしかしたら市井がセンターをやっていたかもとふと思った。この時のセンターの石川梨華はすごく可愛いのだけど。

 きっとモーニング娘。OGの中で、最も手広く行動しているのは市井だろう。その行動力を生かして、彼女がどこかで自分の納得がいく「選ばれし女」になることはできるのだろうか。次なる道としてどんなフィールドを選ぶのかとても興味がある。また焦って一発逆転を当て込んで、YouTuber宣言とかをしないことを願うばかりだ。

(冨士海ネコ)

2019年7月25日 掲載

関連記事(外部サイト)