紅蘭が語る再逮捕直前のDV夫「ストロングゼロ10本一気飲み」

■「紅蘭」独占手記 父・草刈正雄が後ろ盾になる「離婚の乱」(2/3)


 草刈正雄(66)を父に持つ紅蘭(くらん)(29)が、ラッパー内縁夫との“離婚”を独占告白する。3年前にも紅蘭へのDVで逮捕され、覚醒剤の使用も発覚、1年間を塀の中で過ごした下田ムトアリッキー容疑者(31)。この7月4日には知人男性2人を殴り、またも逮捕されていた。昨年12月に第1子が誕生した後は、リッキーのDVはより酷くなったと語る。

 ***

 特に、7月に入ってから事件を起こすまでの3日間は、飲酒量が尋常ではなかった。一晩でキャバクラを3軒ハシゴしたと言っていましたが、家でも空になった日本酒の一升瓶や、缶酎ハイのストロングゼロが10本くらい床に転がっていて……。水も一切飲まず、寝ては起きてすぐ酒を浴びるの繰り返し。自殺するつもりなのかと思うほどでした。

 もともと彼は、お酒をまったく受け付けなかったのに、出所してから少しずつ飲酒量が増えていった。美味しそうに嗜むのではなく、意識を飛ばすために無茶な飲み方をしていた。彼自身、「ストロングゼロってさ、めちゃくちゃ覚醒剤に似ているんだよねぇ、飛び方が」って言ってたことがありますから、薬物を止めて酒に走ってしまったのでしょう。

 逮捕までの3日間、リッキーは起きている時はずっとシラフではない状態でした。事件当日の午前3時か4時頃、そんな彼に叩き起こされ、「そこに立て」と言われ延々と説教を受けました。育児と家事に忙殺された上、まともに寝ることもできない私はもう無理だ、限界だ――。でもここで逃げたら子供に危険が及ぶ。パニックになってしまった。

 この時、彼は娘が寝ているというのに夜中ヒップホップを爆音で流し続けましたが、朝8時半頃に音楽が止んだんです。ようやく彼が寝静まったので、荷物をまとめて実家に逃げました。

 案の定、リッキーから何度も電話がきましたが、お酒を飲んで明らかに興奮状態。電話を切ると〈今から実家に乗り込む〉というメッセージが送られてきました。こんな脅しがあっても実際に来ることはなかったのに、この日は本当に彼がやって来た。

 門を開けて侵入し、玄関扉をガチャガチャ鳴らして、「紅蘭どこにいるんだ! 父親を出せよ!」と喚(わめ)くので、不在の父に代わって母が2階の窓から「帰ってください。警察を呼びますよ」と言ったんです。


■「父親を出せよ!」


 すると彼は、「父親はどこにいるんだよ。あいつが帰ってくるまでここから動かねぇからな」「警察でも何でも呼べよ!」と挑発してきました。私は事務所や弁護士と相談し110番したんですが、警察が来る前に彼は姿を消してしまった。

 そうしてリッキーが向かった先で事件は起きてしまいました。私の担当マネージャーはアパレル会社の社長でもあり、事務所と同じフロアで服飾担当のスタッフが仕事をしていました。

 リッキーはそこへいきなり土足で乗り込み、「紅蘭を出せ! 社長を出せ!」と叫びながらスタッフに殴りかかった。さらにディスプレイとして置いていたウィスキーをラッパ飲みすると、「こんな、だっせぇ服売ってんのかよ」と残ったお酒を商品の洋服にかけて台無しにして、椅子をブン投げ暴れたそうです。

 ところが、パトカーが到着したことに気づいた彼は、「お前ら、ぜってえ何も言うなよ。もし話したら全員殺すからな」と脅し、スタッフの住所が書かれた身分証の写真を撮った。なので、警官に事情を聞かれてもスタッフたちは黙るしかない。リッキーは自ら社長と名乗り社内ミーティングをしていただけと嘘をつき、誤魔化そうとしたようです。

 一方、実家にいた私にも現場の様子が伝わってきたので、私は警察の方に「スタッフは脅されているだけです」と訴えました。そこで警官はリッキーとスタッフを別々に分け、事情を聞こうという段になったところ、再び路上で暴れ現行犯逮捕となったのだと思います。

 最終的に、暴行を受けた20代の男性スタッフは鼓膜が破れ、片目が開かずに神経が傷ついた状態。もう1人の30代男性も、全身打撲の上、殴られた片目が腫れ上がっている。他のスタッフも、またリッキーに襲われたらと怯えている。本当に怪我をさせてしまい申し訳ない気持ちです。

(3)へつづく

「週刊新潮」2019年7月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)