カサンドラは「パートナーがアスペルガーだから」ではなく「情緒的な交流がない」ことが原因で引き起こされる

「カサンドラ症候群」(以下、カサンドラ)とは、発達障害の一種・自閉スペクトラム症=ASD(旧診断基準名の「アスペルガー症候群」〈以下アスペルガー〉を含む)の夫や妻、あるいはパートナーとのコミュニケーションが上手くいかないことによって発生する心身の不調です。特に夫婦関係で多く起こると言われていますが、最近ではASDの家族や職場・友人関係などを持つ人に幅広く起こり得ることが知られています。本連載「私ってカサンドラ!?」では、カサンドラに陥ったアラフォー女性ライターが、自らの体験や当事者や医療関係者等への取材を通して、知られざるカサンドラの実態と病理を解き明かします。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/cassandra/

 ***


■カサンドラ妻がなぜか発達障害診断テストを受ける


「白黒つけてやる!」という気持ちは、実のところ離婚調停に費やされた。

 ところが調停委員とコミュニケーションをとることが全くできなかった。日々のトラブルを書き記した日記は読んでもらえず、殴られた時の診断書も話題にもされない。こちらから言い出せば嫌そうな顔をされ、それで夫が払わないと言っていた養育費の話をすれば「払わないなんて言っていない、妻は嘘つきだ」と夫が言う。気付けば私が加害者のような扱いを受けており、立場が完全に逆転していた。

 調停中、あまりにも精神的に不安定な自分が怖くなった私は、藁にもすがる思いで精神科を受診した。当日だがちゃんと電話で予約もした。ところが、なぜか医者が不機嫌で「当日急にこられても迷惑だ」と怒っている。意味がわからない。きっと医者も何かにイラついていたのか、もしくは私の態度が気に入らなかったのだろうか。あるいは私の被害妄想で医者は怒ってさえいなかったのかもしれない。

 けれど弱りきっている私には、事態を前向きに解釈する余裕などなかった。精神的にギリギリであることを自覚していたから病院に駆け込んだわけで、予想もしなかった展開にストレスは限界を超えた。そのため診療後、私は受付で過呼吸を起こした。

 受付のソファーでヒーヒー言いながら真っ青になって倒れこむ私を抱きとめてくれたのは隣に座っていた他の患者さんだった。そのときもう目が見えていなかったのでどんな人かはわからない。

「ちょっと大丈夫ですか、ねえ、なんとかしてあげてよ!」と受付の人を呼んでくれる。けれど、受付の人は迷惑そうに「もう病院おしまいなんで、帰ってもらえませんか。帰れないなら救急車呼びますよ」と言う。息も絶え絶えに「休ませてください」と言っても「もうおしまいなんで」と苛々したように繰り返され、あっという間に救急車を呼ばれ、総合病院に救急搬送されてしまった。

 過呼吸くらいで救急車に乗ったというのに、救急隊員の人はとても優しく、搬送先の病院の看護師さんも落ち着いた包容力のある年配の女性で、落ち着くまで手を握って声をかけてくれたので過呼吸はすぐ治ったのだが……。

 もう自分がおかしくないとはとてもじゃないけど思えなくなっていた。

 怖いと思った。

 人も怖い、何をするのも怖い。

 何が起こるかわからない世の中はすごく怖い。

「何をしても誰と話しても上手くいかない。私に問題があるんじゃないか。発達障害の検査をしてください!」

 そんなわけで離婚が成立してすぐ、改めて精神科に、それも大人の発達障害をみてくれる病院に駆け込んだのだった。


■発達障害診断テストの気になる中身


 自分はカサンドラだと一度は確信したのに、なぜその私が発達障害のテストを受けにいったのか。今冷静に考えると変な話である。

 私の場合、夫にテストを受けさせることができなかったのが一番の理由だと思う。

 いつも夫婦間で意見が180度食い違う。

「言った」「言ってない」

「やった」「やってない」

 水掛け論だ。

 どちらかの認知が歪んでいるに違いない。

 手っ取り早く自分の認知が歪んでいる可能性を否定したかったのだ。

 受けたテストはWAIS-III、AQ-J、バウムテスト、ロールシャッハテスト、SCTの5種類だ。簡単に説明すると、WAIS-IIIとは、いわゆるIQテストのことである。実施時間60〜95分ほどのテストで、パズルのように図形を並べかえたり、言葉の意味を答えたり、数字を暗唱したりとひたすら問題に答えていく。言語性IQと動作性IQと全検査IQが測れるほか、言語理解、知覚統合、作動記憶、処理速度という分野別の得意不得意の傾向がわかる。

 そして自閉スペクトラム症のスクリーニングテストがAQ-Jである。社会的スキル、注意の切り替え、細部への注意、コミュニケーション、想像力の5カテゴリーで各10問ずつ計50問の質問に対し、「そうである」「どちらかといえばそうである」「どちらかといえばそうでない」「そうでない」の4段階で回答し、自閉スペクトラム症の傾向をみる。

 残りのテストはどれも投影法と呼ばれる心理検査である。バウムテストは木を1本描き、ロールシャッハテストではインクの染みから想像するものを答え、文章完成法と呼ばれるSCTでは、文章の続きを創作する。その結果から精神状態やパーソナリティーを分析していくというものだ。

 WAIS-IIIのテストは面白かった。長時間に及ぶテストだが飽きないように問題が組まれており、集中して取り組めた。

 結果は104(言語性IQ)、115(動作性IQ)、110(全検査IQ)で、平均の上の水準と出たものの、群指数のスコアが105(言語理解)、106(知覚統合)、96(作動記憶)、113(処理速度)となっており、処理速度と作動記憶間の数字の有意差を指摘された。これは視覚情報を素早く正確に順序立てて処理する速度は速いが、それに比べて耳で聞いた情報を記憶して一時的に留めて脳内で処理するという作動記憶が弱いということだ。つまり「頭に留めた記憶が薄れる前に行動に移そうとする傾向があるかもしれない」ということらしい。簡単に言えばおっちょこちょいということで、自己評価と一致している。

 そしてAQ-Jのテスト結果だが、私のスコアは50点満点中7点だった。このテストは33点以上だと自閉スペクトラム症が疑われる。健常な社会人の平均値は11.5であり、私はそれをも下回る「非常に低い」スコアで、自閉スペクトラム症圏は完全に否定されていた。常に周囲に気を使い、場を取り持つような役回りが多かった結婚前の自己イメージに近い結果だ。

 その他の心理検査では強いストレス状態を指摘された。「内的に複雑な精神状態にあることが示唆される、クリスマスツリーからは現実を否認したいことが窺える、心が重苦しくもやもやとしている、感情の浮き沈みが強い、今まで通りに問題を処理できず、不安感が起こると衝動的になってしまう自分を持て余している」などなど。その通りである。

 レポートの最後はこう結ばれていた。「ストレスを感じ、従来通りに思考することが難しくなっており、それに付随してイライラ感が生じていることが窺える。本来は『そんなことはありえない』と知性化して感情刺激から距離を置く方だと思われるが、現在そのような対処ができなくなっており非常に心理的に圧迫されている。第三者に気持ちを吐き出し、不安感情に圧倒された状態から脱却していくことが望まれる」と。

 傾向的に自分の認知が歪んでいるかもしれない可能性はこのテストでほぼ否定された。ではこの「世にも奇妙な物語」はカサンドラのせいなのだろうか。


■日本初!? カサンドラの臨床心理士


「他者の感情がわからないと、突然嫌なことが起こるとしか思えない。被害的にもなってしまいますよね。その旦那さん……離婚されたから旦那さんじゃないわね、前の旦那さんね。世の中に対して常に非常に怖い思いをしてきたんじゃないかしら?」

 取材中にもかかわらず、15分もノンストップでひたすら自分のことを話したのははじめての経験だった。結婚していた時の夫の異常行動や違和感について説明しようとしたらそれだけかかってしまったのだ。

 例えば、混雑した電車に乗れば必ずといっていいほど周囲と揉めること。足を踏まれるなどすれば、相手が悪意をもって踏んだと思い込み執拗にやり返すこと。咳が嫌いで、咳をする人がいると他人だろうが私だろうが自分の子どもだろうがイライラして我慢できなくなること。子どもの泣き声もまた苦手であること。指示語が通じないこと。薬物依存の過去と、現在もなお、お酒の問題があること、そして彼の成育歴。
 
 取材の相手はカサンドラの臨床の第一人者であり、人気コミックエッセイ『旦那(アキラ)さんはアスペルガー』シリーズ(野波ツナ著)の解説もされている、臨床心理士の滝口のぞみ先生である。

 滝口先生がカサンドラの臨床に携わるようになったのは偶然だったという。

「たまたま私がカップルと発達障害の両方の領域を手がけていたので、当時、国立成育医療センター(現・国立成育医療研究センター)で『発達障害を持つ子どもの親支援』に取り組んでいた宮尾先生(現在は「どんぐり発達クリニック」の宮尾益知院長。滝口先生との共著も多く、『旦那(アキラ)さんはアスペルガー』シリーズの監修も担当する)が特性が疑われる夫との関係に悩むクライエントの面接を私に任せてくださるようになったんです」

 というのも、発達障害を持つ子どもの母親がご主人との関係に悩んでいる例が目立ったからだ。

「お子さんだけじゃなく、ご主人のことでもお困りの方が非常に多い。話を聞くとご主人にもまた特性や傾向のある方がいらした。それで宮尾先生の元でカサンドラの臨床をはじめることになったんです。日本では一番はじめかもしれませんね」

 普通、大学病院は臨床心理士の指名はできない。ところがカサンドラに関しては他にいないのだからしょうがない、滝口先生を名指しで全国から患者さんが集まった。

「おかげで共通する問題が分かってきました。今では妻に加え、カップルや発達障害の当事者のカウンセリングもしています」

 しかし滝口先生は、「カサンドラ症候群」という言葉はあまり使いたくないという。

「イギリスの心理学者マクシーン・アストン教授が命名した『カサンドラ症候群』とはASDの夫との間に情緒的な交流がない妻が孤独や孤立感を感じ、それを周囲にわかってもらえないことで抑うつ的になり、さらにストレス的な身体反応が現れること。

 まさにその通りなのだけれど、それでは『カサンドラ症候群』はASDの診断ありきの疾病になってしまいます。ASDの診断がされるほどではなくても、相手の気持ちを想像することが苦手だという人はいて、同じようにパートナーは苦しんでいるからです。なぜなら、どんな人でも情緒的な交流がないと苦しくなるから。それがないということは花に水がないようなもので皆枯れていってしまう。

 情緒的な交流ができないからといって妻を愛していないことにはならない。にもかかわらず、情緒的な交流がないことは生体にダメージを与えるんです」

「パートナーがアスペルガーだから」ではなく、「情緒的な交流がない」ことが「カサンドラ」を引き起こす原因だから、ということだ。

 では「情緒的な交流」とは具体的にどのようなことを指すのだろうか。

〈次回につづく〉

星之林丹(ほしの・りんたん)
1982年、東京都生まれ。結婚を機に制作会社を退職してフリーランスに。6年で離婚、2児の母。

2019年8月5日 掲載

関連記事(外部サイト)