TBSが炎上覚悟で五輪司会を発表したウラ、リストラ「中居正広」の胸中やいかに

■金スマの視聴率は低迷


 少し古い話になるかもしれないが、スポニチアネックスは7月8日、「安住紳一郎アナ、ぴったんこ“大切なおしらせ”演出に苦言『非常に信頼を失う』お詫びも」と報じた。「TBSの詐欺的PRの話ね」と、ご記憶の方も少なくないはずだ。

 ***

 念のため経緯を振り返っておこう。TBSの安住紳一郎アナウンサー(46)が出演する「ぴったんこカン・カンスペシャル」が7月5日に放送されたのだが、当日の新聞ラテ欄に次のような思わせぶりな告知が掲載されたのだ。

「恐縮です 今夜、安住紳一郎アナより大切なお知らせが」

 6月30日に春風亭昇太(59)が「笑点」(日本テレビ系列)で結婚を発表したこともあり、世間は注目した。「やはり結婚発表だろう」、「いや、フリー転身の発表では?」などと予想が盛り上がった。

 ところが蓋を開けてみると、「2020年の東京オリンピックで、安住アナが総合司会を務める」という発表に過ぎなかった。世論は落胆から怒りに転じ、SNSは「結婚だと思ってたのに」、「詐欺じゃないか」、「だからテレビはつまらない」、「視聴者をバカにするにもほどがある」といった批判の声で埋め尽くされた。

 安住アナは7月7日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「日曜天国」に出演。「私は『そういうやり方はやめた方がいい』って、制作とは話し合いを重ねたんですけども」と釈明した。

 また言い訳だけに終始することもなく、元カノや脚本家の三谷幸喜氏(58)からも“過剰演出”について怒られたエピソードを披露。リスナーの笑いをしっかり取ることも忘れなかった。

 普通なら、これで話は終わる。だが、TBSには「別の狙いがあった」と聞けば、どう思われるだろうか。実は熟慮に熟慮を重ねて、「大切なお知らせ」の発表を決めたというのだ。

 民放キー局の関係者が、「絶対匿名」を条件に取材に応じた。

「今回の発表はTBSの中居正広さん(46)に対する、事実上の決別宣言、リストラ宣言でした。それには当然、批判の声も上がる。そこで、ある程度の炎上は覚悟の上、敢えて、このタイミングでの発表に踏み切ったのです」

 SNSでは既に話題になっているが、東京五輪の総合司会を安住アナが担当するということは、同時に中居の落選を意味する。

「中居さんは冬期オリンピックも含め、アテネ五輪からリオ五輪まで連続してTBSのメインキャスターを務めてきました。それがよりによって東京五輪を目前にしてクビを切られたのです。中居さんの衝撃は筆舌に尽くしがたいでしょう。実際、相当に落ちこんでいたという話も聞いています」

 東京オリンピックの開幕は2020年の7月24日が予定されている。もし大々的に宣伝したいのなら、1年前にあたる今年の7月24日が最適であることは言うまでもない。だが何も関係のない7月7日に「安住アナが五輪司会に就任」が発表されたのである。

 おまけに7月7日と言えば、ジャニーズ事務所の創設者、ジャニー喜多川氏(1931〜2019)が危篤状態だった時期にあたる。「安住アナを五輪司会に起用」のニュースバリューは格段に落ちる。

「それこそがTBSの狙いだったようです。中居さんは、TBSで東京オリンピックのMCをやりたいがために、ジャニーズ事務所に残留したとまで言われています。それほど、五輪でのMCに強い思い入れがあります。それなのにTBSはあっさり切ってしまったわけですから、できるだけ世間の目が中居さんに向くのを防ぎたかったんです。そこでドサクサ紛れのタイミングで、安住起用を発表したというわけです」(同)


■他局は中居を評価!?


 残酷なのは、TBSは7月13日に恒例の「音楽の日」という長時間特番を組み、そのMCを中居と安住が務めたことだ。

「その1週間前に『五輪は安住でやります』と発表したわけですから、中居さんとしても『音楽の日』の出演は辛かったとい思いますね。実をいうと、ここ1、2年、中居さんの『金曜日のスマイルたちへ』の視聴率は低迷しています。TBSは他局に比べ、ジャニーズ事務所のタレントを起用した番組が少ないですからね。ジャニーズ事務所にあまり遠慮する必要もありません。そこで、五輪での中居切りを決断したのでしょう。そう遠くないうちに、中居の『金スマ』も終了するかもしれません」

 TBSはそのために布石も打ってきた。彼のスポーツ番組を長年担当してきたベテランプロデューサーを昨年、番組制作とは関係のない部署に異動させた。この“メッセージ”は中居にとっても強烈だったらしく、前々から「TBSで東京五輪のキャスターは落選するかもしれない」と危機感をあらわにしていたという。

 だが、中居ほどのベテランになると、切り替えも早い。MCの技術に対する自信も誇りも持っている。自分の“商品価値”を知り抜いている。

「中居さんは“TBSショック”を吹っ切ったようで、最近は晴れ晴れとした表情で他局への売り込みを始めているそうです。カギを握るのはテレ朝。中居さんは野球の『侍ジャパン公認サポートキャプテン』に就任しています。11月にテレ朝は『第2回 WBSC プレミア12』を中継しますが、これが“中居効果”で視聴率を稼げば、日テレと視聴率を戦っているテレ朝には吉報でしょう。テレ朝で五輪の総合司会を獲得できるかもしれません」

 ライバルの日テレが中居を起用する可能性も残っているという。

「日テレは東京五輪で上田晋也さん(49)を抜擢する計画があるそうで、そのためにも秋に行われるラグビーのW杯が、上田さんでどれくらい視聴率が稼げるかを見定めたいようです。もし視聴率が悪ければ、東京五輪で上田さんを諦め、中居さんを起用するというウルトラCもあるかもしれません」(同)

 ちなみにリオ五輪で日テレは櫻井翔(37)を、テレ朝は松岡修造(51)を起用した。この2人も、中居にとっては“ライバル”となる可能性がある。

週刊新潮WEB取材班

2019年8月7日 掲載

関連記事(外部サイト)