「滝川クリステル」は代議士の妻に適任 元同僚が語る“5つの根拠“

 これほど驚かされた結婚も滅多にないだろう。言うまでもなく、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)のことである。滝川は妊娠しており、年明けに出産を予定している。小泉氏は「将来の総理」と目される有力代議士。滝川はどんな妻になるのか?かつての同僚たちが占う。

「滝川クリステルさんはすごくポジティブでアクティブな女性。何事にも前向きで怒っているところを一度も見たことがない。だからスタッフはみんな彼女のことが大好きでした」

 そう語るのは「Japan In-depth」編集長の安倍宏行氏(63)。元フジテレビ報道局経済部長で、2002年からの1年間、滝川と2人で午後11時台のニュース「ニュースJAPAN」のキャスターを務めていた。滝川が左斜め45度の座り位置で、カメラに向かってニュース原稿を読み、男性族を釘付けにした番組である。

 安倍氏の話を続けよう。

「生放送中は殺気立つこともありますが、彼女は何があろうが、慌てたり、焦ったりしなかった。それと、自分の考えをしっかり持っていて、ブレない。また、明るくて、一緒にいると楽しい女性。スポーツも得意ですよ」(同・安倍氏)

 そのルックスと語り口によって、世間の少なからぬ人から「クールな女性」、あるいは「アンニュイな女性」と思われているようだが、安倍氏は「ぜんぜん違いますよ」と一笑に付す。

 さらに安倍氏によると「弱音を吐いたこともない」そうだ。もっとも、左斜め45度の座り位置については、姿勢に無理があったようで、「のちにインタビューで『痛かった』と振り返ってますね(笑)」(同・安倍氏)

 別の元フジ報道局員はこう語る。やはり誉める。

「彼女は芯が強い。やりたいことがあったら、それに向かって突き進むタイプ。それでも少し天然で、頑固者というわけじゃないから、みんなから愛された」(元フジ報道局員)

 もっとも、滝川がフジの社員だったことはない。青山学院大卒業後の2000年、フジ系列の制作会社である共同テレビにフジ専属アナとして入社。フジの入社試験も受けたのだが、採用人数が少なかったため、落ちてしまったのだ。しかし、フジは手放すのはあまりに惜しいと考え、共同テレビに迎え入れたのである。その後、共同テレビとフジ、セント・フォースの出資で女性アナのプロダクション、フォニックスが創業されると、移籍した。

 さて、滝川の素顔について、ここまでの証言で分かったことは(1)何事にも前向きで、怒らない(2)慌てない、焦らない(3)弱音を吐かない(4)芯が強い(5)みんなから愛された、である。代議士の妻に適任ではないか。

 代議士には苦楽が付き物。選挙に強い小泉氏が落選の憂き目にあう可能性は低いだろうが、それでもポストの問題などで照る日もあれば曇る日もあるに違いない。何事にも前向きで動じない滝川が側にいれば、小泉氏は心強いだろう。

 また、いくら落選の可能性は低いからといって、選挙運動をやらないわけにはいかない。運動の際には有名人である上、みんなから愛された滝川なら、一騎当千の味方になるはずだ。

 結婚を発表した8月7日、小泉氏は首相官邸での記者会見で、「政治の世界は戦場、いつ命を落とすか分からない」と語っていたが、実際に政治家はみな明日をも知れぬ身。人気者の小泉氏であろうが、重大な失言などをしてしまえば、どうなってしまうか分からない。窮地に立たされたとき、慌てない、焦らない、芯が強い滝川なら、心強いサポーターになるだろう。


■昭恵さんタイプ?


 具体的に滝川がどんな妻になるのかを前出・安倍氏に占ってもらった。

「従来の代議士の妻は、夫を陰から支えるようなイメージがありましたが、それとは違い、自由に自主的に活動していくでしょう。財団(一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル=犬、猫の殺処分ゼロを目指す)の活動もやめないでしょうから。例えると、安倍晋三首相夫人の昭恵さんのようなタイプの妻になるのではないですか」(前出・安倍氏)

 滝川は自然保護への関心も高く、WWF(世界自然保護基金)ジャパンの顧問も務めている。また、「ニュースJAPAN」キャスター時代から医療問題への造詣も深く、世界の医療団の親善大使にも任命されている。

 滝川が関わっているのは、いずれも国際的に関心の高い問題。小泉氏が総理になった暁には、これまで日本からは生まれなかった、世界から注目を浴びるファースト・レデイになる可能性がある。ちなみに語学は、日本語、フランス語、英語が流暢に話せるトリリンガルである。

 仕事も続けていくという。これも代議士の妻としては珍しい。

 最後に、2人のつくる家庭は、どんなものになるのか?

「お互いに一緒にいると居心地がいいそうなので、いい家庭になりますよ。居心地の良さっていうのは大きいから。また、滝川さんはお父さんがフランス人ということもあり、進次郎さんと価値観が違うでしょうが、それもプラスになるはず。以前、ビートたけしさんが『価値観が一緒なら、自分1人でいいわけで、結婚する必要がない』と言っていましたが、そのとおりで、価値観が違うからこそお互いに高めあえると思います」

 前出の元フジ報道局員も「いい家庭になる」と太鼓判を押す。

「彼女は名声欲や金銭欲のない女性だから、進次郎さんは気疲れしないでしょう。共同テレビを離れたあとの彼女には、他局から出演依頼がひっきりなしだったが、自分の考えに合わない番組は固辞した。名を高めようとか、高額のギャラが得たいとか思うタイプじゃないんです」(前出・元フジ報道局員)

 古巣の仲間たちがここまで激賞するのだから、女性人気ナンバーワンとされてきた小泉氏が陥落するのも当然だったのか。

 小泉氏は自分のブログにこう書いている。

「彼女といる時は、政治という戦場から離れ、鎧を脱いで、戦うことから解放され、ふっと力を抜いて、無防備な自分でいることができ、救われる思いがします」(小泉氏のブログより)

 これからは「みんなに愛された」滝川を独占、である。

高堀冬彦(ライター、エディター)
1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長。2019年4月退社。独立

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月9日 掲載

関連記事(外部サイト)