「カサンドラ妻」が高確率で「DV被害者」であるという現実

「カサンドラ症候群」(以下、カサンドラ)とは、発達障害の一種・自閉スペクトラム症=ASD(旧診断基準名の「アスペルガー症候群」〈以下アスペルガー〉を含む)の夫や妻、あるいはパートナーとのコミュニケーションが上手くいかないことによって発生する心身の不調です。特に夫婦関係で多く起こると言われていますが、最近ではASDの家族や職場・友人関係などを持つ人に幅広く起こり得ることが知られています。

 本連載「私ってカサンドラ!?」では、カサンドラに陥ったアラフォー女性ライターが、自らの体験や当事者や医療関係者等への取材を通して、知られざるカサンドラの実態と病理を解き明かします。前回に引き続き、カサンドラの臨床に携わる臨床心理士の滝口のぞみ先生への取材の様子をお届けします。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/cassandra/

 ***


■パッと感情移入できるか、考えないとわからないか


 パートナーが自分を愛していたとしても、そこに情緒的な交流がなければ、寂しく感じ、傷付いてしまう。情緒的な交流がないということは花に水か?ないようなものて?皆、枯れていってしまう。それこそがカサンドラの原因だという。

 カサンドラの原因は、「パートナーがアスペルガーだから」ではなく、パートナーとの間に「情緒的な交流がない」ことだったのだ。

 では一体、「情緒的な交流」とは何を指すのだろうか。

「情緒的な交流とは、直感的な共感があるかどうか。例えば泣いている人を見ると自然とウッと悲しくなったりしますよね。情緒的な交流とはこの他人の感情に同期するようなやりとりのこと」(臨床心理士・滝口のぞみ先生)

 ところが、一見、同期して感じられているように見えても実は思考しているケースもある。泣いている→悲しいに違いない、と自身の経験を参照して推測している場合だ。

 パッと感情移入できるか、考えないとわからないか。その違いは大きい。

 自身の経験を参照しながら人の気持ちを推し量るというプロセスを経た思考だと、自らが同じ体験をしても悲しくなかった場合、「自分は平気だから相手も平気なはず」となることがある。そこで相手に「平気」な気持ちを押し付けてしまうことがあるからだ。

 例えば、「自分が嫌だと思うことは他人にしないようにしましょう」というあれだ。たとえ相手に「嫌だ」と言われても、「自分は平気なんでやめません」となってしまうケースだ。

 悲しいという気持ちに同期できなければ、相手が説明した理由に納得できず受け入れられないこともあるだろう。また泣いている人に自分の基準で「平気」を押し付けるだけじゃなく「平気」じゃないことを責めたり、さらには攻撃するまでに言動がエスカレートすれば、モラハラやDVになりかねない。

「そうすると情緒的な交流ができないことで傷付く部分と、被害者として痛めつけられる部分が出てきて、カサンドラの問題はさらに複雑になっていきます」(滝口先生)

 そこで、私はずっと気になっていたことを聞いた。

「カサンドラというとコミックエッセイ『旦那(アキラ)さんはアスペルガー』シリーズのアキラさんを連想する人が多いと思います。攻撃性がなく、穏やかで、けれど話は通じない。

 一方、私のようなケースはモラハラやDVが強く出ており、それはもう発達障害やカサンドラの問題ではないといわれることがあるのですが」


■ハネムーン期の有無が見極めのポイント


 すると滝口先生は、発達障害が問題のベースにあるときのDVと、一般的に言われるDVとは区別ができるとサラッとおっしゃった。

「従来のDVの概念では暴力はコミュニケーションの役割を果たします。DVでは暴力を振るった後に、加害者が被害者に普段より優しく接するハネムーン期がやってくるとされている。『暴力を振るうほど辛かった俺の気持ちをわかってくれ』というやつね、これはコミュニケーションです。

 でも発達障害がベースにある場合は全然違う。

 そもそも暴力を振るうこと自体があまり多くないけれど、暴力を振るったとしてもパニック状態での暴力であるというのが特徴。だからハネムーン期などもないんです。

 暴力は、闘争か逃走かもしくはフリーズ(死んだふり)かといわれる、非常にプリミティブ(原始的)な反応のうちのひとつとして現れます。『もう耐えられない』というようなときのパニック反応なので、違いがある。

 ASDの人は非常に純粋なところか?あり、外からの刺激への反応として問題行動を起こしている場合か?あるから、一般的なDVと同し?ように対処しようとしてもうまくいかない」(滝口先生)

 問題行動としては暴力より暴言が目立つという。

「論理性があり、言葉で相手を責めるときの攻撃力が高いので深刻なモラハラになりかねません」

 DVと捉えるべきケースもたくさんあるという。

「発達障害が問題のベースにあり、問題行動がDVにまで発展するタイプの人はADHDの特性が影響している場合があります」

 ASDにADHDの衝動性が加わると攻撃性が増すため、ハラスメントやDVに発展するリスクが高まるのだ。

 発達障害のひとつであるADHDとは、注意欠如・多動性障害のこと。脳の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの働きが不足していることが原因と考えられており、そのため脳内報酬系と呼ばれるドーパミン等を巡る反応が注意欠如や多動の症状として現れるといわれる。

「ADHDは報酬系の賦活が弱いので、高報酬の強い刺激でなければ反応しない、言い換えれば低い報酬ではあまり反応しないので行動の動機付けになりにくいためです」

 そしてやりたいと思ったら即行動する、動き続ける、これらの特徴は強みにもなるが、衝動的で中毒性の刺激に弱いとも言い換えられ、依存症との関連も指摘されている。我が家のケースはまさにこれだったのだろう。


■アルコール依存の併発が問題に


「確かに、アルコール依存の問題も同時に抱えている人は多いですね。

 お酒の場合、ADHDの依存問題だけじゃなく、ASDの飲み方というのもあるの。

 対人不安のせいでアルコールを飲んでから人と会う方が気持ちが楽だとか、または飲むとキャラクターが変わって陽気に人と付き合えるようになるとか」(滝口先生)

 元夫はある一定量までは飲んでも飲まなくてもキャラクター的なものはそんなに変わらなかった。しかし確かに、人と会うときにはお酒を飲みたがった。飲酒の有無というより、家と外でのキャラクターが違ったので、外向きの顔を作るためのエネルギーとしてアルコールがあった方が楽だったのだろうか。

 そして一定量を超えると酒乱のスイッチが入ってしまい、どこででも暴れた。

「酒席ではいつも定量を越えて飲んで帰り、家で暴れ奥さんを殴るという話はあります」

 似たような関係の夫婦は周りにも珍しくない。夫婦間のコミュニケーションに発達障害が疑われるような問題があり、そのため揉めごとが絶えず、そこにアルコール問題が被ってきてDVに発展するようなケースだ。社会が考えているより多いのではないだろうか。

「全部ではないけれど、確かにそういう例は少なくありません。そして困難度が高い。アルコールと合併すると本当に大変ですね。

 アルコールの問題は、専門家に夫の問題の大変さを伝えるときにわかりやすいという利点はあります。カサンドラとしては周囲の理解度はともかく、問題を自覚しやすく専門家には伝えやすいと考えてもいい。

 けれどアルコール依存の問題を別にすれば、酒席に参加し、コミュニケーションがとれる明るいいい人に見えるのでやはり周囲にはわかりにくい。

 カサンドラの苦悩として、周りから辛さを理解してもらえないというのがあります。例えばアキラさんのような大人しいタイプの旦那さんだと、情緒的な交流がないことに対する辛さをどれだけ説明しても辛さとしては周りに伝わり難い。そのため妻が一人苦悩し、孤立し、鬱になるようなケースが多い」

 妻の具合が悪くなると、夫は買い物をしてくれたりご飯を作ってくれたりする。

「すると周りから『いいご主人じゃないの』と言われ、鬱になってもなお同情さえしてもらえず、さらに孤独感が深まってしまう」

 そのようなカサンドラ同士の境遇の違いは、自助会などでも影響を及ぼす。

「自助グループに行き、自分は一人じゃないとわかること、分かち合えることはとてもいいことで、大事なことです。一方で、自助グループにはいろんなタイプの人たちがいるので、大人しいタイプの夫だと、うちの夫など大したことがないのかもしれないと感じてしまうこともあるようです」

 それぐらい大したことないと思わされてしまう状況は、カサンドラには突き刺さる。それがやっと辿り着いた自助会でならなおさらである。

「情緒的な交流がないという寂しさは暴力や暴言にさらされる辛さと根っこは一緒なんですよ」

 カサンドラとしての自分を救うためには、問題を整理する必要があるのだ。

〈次回につづく〉

星之林丹(ほしの・りんたん)
1982年、東京都生まれ。結婚を機に制作会社を退職してフリーランスに。6年で離婚、2児の母。

2019年8月19日 掲載

関連記事(外部サイト)