凪のお暇、偽装不倫…… なぜ今期ドラマは自己評価の低いヒロインが多いのか?

 誰かを好きになる前に自分を好きになりたい。今、そう考える人は男女ともに多いのではないか。今期ドラマを見てみれば、自己肯定感の低いヒロインだらけである。

「凪のお暇」に「偽装不倫」。言いたいことを言えない、恋愛下手な自己肯定感低め女子。「これは経費で落ちません!」「セミオトコ」も、仕事は頑張るけれども人付き合いには疲れている。ちょっと前は「獣になれない私たち」「きみが心に棲みついた」なども、自己評価の低い女性の物語だった。最近、生きづらさを抱えながら自己犠牲に身を投じ続けるヒロインが多すぎやしないか。そんな女性像が共感を呼んでいるというのもなんだか世知辛い。

「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ POISON」と反町隆史が歌い上げていたのは1998年。それから20年も経ったのに、ドラマのヒロインたちは相変わらず反町状態だ。そしてお約束のように、グイグイくるイケメン男子が見初めて恋愛成就。からの自己肯定感回復!バンザイ!という流れになりがちなのも、なんかちょっと違う気がするのである。

「あすなろ白書」から「花より男子」へ、そして「5→9〜私に恋したお坊さん〜」「ラスト・シンデレラ」「初めて恋をした日に読む話」……イケメンが自分をめぐって奪い合う話は少しずつ変化している。仕事を頑張ってきたから、アラサーになったから。何かそういう区切りや条件があってようやく「ご褒美」のように男性から求愛され始めるヒロインたち。

 このご時世、「選ばれる」「認められる」「褒められる」ということを手放しで受け止めることはとても難しい。「ブスのくせに」「年をとってるくせに」「能力もないくせに」と、知らない相手からケチをつけられるのは日常茶飯事だ。そうした反応に必要以上に傷つかないようにするには、自分はそれほど価値ある人間ではない、と先にへりくだるしかない。それでも手にしたいものがあるなら、人間の常識や慣習では抗えない、天変地異のような理由がなくては言い訳できないのだろう。ちょっと強引なイケメン男子が、自己評価低めヒロインの前に突如現れるのは、天災に近い救済とも言える。それをラブストーリーでは「運命」と言い換えてきたのではないか。


■「チート転生」を選ばない女性たちの幸福論 本当の問題は「理想の自分像」が高すぎること!?


 モテない。生きづらい。現状にそんな絶望を感じたら、異世界に転生して無敵でモテモテの存在になればいい。そんな男性主人公のライトノベルも多い。いわゆる「チート転生」モノである。でも女性の場合は、そう簡単に現世の苦しみを手放さない。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んでこそ価値ある自分と幸せが手に入る。今期ドラマに透けて見えるのは、そんな我慢強さと不器用さをどこかで重んじてしまういびつな幸福論である。

 自己評価の低さは、恋人選びにも表れる。人気の「凪のお暇」では今のところ、ヒロインの相手がモラハラ男か浮気男かという究極の選択だ。少し前は「だめんず・うぉ〜か〜」のように、「ダメな男に引っかかる私って」と自虐しあって盛り上がる風潮もあった。しかし今では「こんな恋愛しかできないのは私がダメだから」と、自分をひたすら責めてしまう。

 あるいはそうして「反省している」様子を見せないと、甘えているとか世間知らずと笑われるからこそ、多くの女性たちは「自己評価の低い女性」の殻の中に閉じこもりたいのかもしれない。その殻の中にいれば、多少の不運もあきらめがつくし、余計な批判も耳にせず済む。そしてじっと、天災のような「運命」の訪れをひそかに待っているのではないか。

 とはいえドラマでヒロインを救う男性が、みな顔も物分かりもいい男性というのは、実は自己評価が高い裏返しとも言えるのである。自分の生きづらさや頑張りの対価は、それだけハイスペックな男性でないと釣り合わないと考えているとも言い換えられるからだ。

 生きづらいのは、「自己評価が低い」から? それとも、「あるべき自分像が高すぎる」から? 自己評価が低いヒロインたちが、恋愛での大団円でなく、そこに思いを寄せる展開は来るのだろうか。それとも自己評価の低さを盾に、欲深さという毒性に目をつむり続けるのか。これまたポイズン。反町隆史なら、今度はなんと歌うだろう。

(冨士海ネコ)

2019年8月23日 掲載

関連記事(外部サイト)