「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」は土曜日に左遷 苦肉の“抱きつき作戦”

■テレ朝のリストラ!?


 朝日新聞は8月23日の朝刊で、「『ドラえもん』土曜に」という、以下の記事を掲載した。

 ***

《テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」(金曜午後7時)と「クレヨンしんちゃん」(同7時30分)が、10月5日から土曜の放送になる。ドラえもんは午後5時、クレヨンしんちゃんは午後4時30分から。22日、テレ朝が発表した》(註:全角数字を半角数字にするなど、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

 短いニュースだとはいえ、反響は大きい。たとえばツイッターを見てみると、「ついにゴールデンからアニメ番組が消えたか」と時代の趨勢に想いを馳せる書き込み、子供の親と思われる「土曜夕方は見づらい。金曜夜の方がよかった」という不満など、様々な意見が飛びだしている。

 この改変については、そもそもサンケイスポーツが7月に詳報していた。27日に掲載された記事「Mステ8→9時に!テレ朝系金曜ゴールデン帯、10月から大改革」によると、金曜の午後7時からの番組表は以下のように変更されるという。

午後7時:「ザワつく!金曜日」
午後8時:「マツコ&有吉 かりそめ天国」
午後9時「ミュージックステーション」

 ビデオリサーチが公式サイトにアップする「週間高世帯視聴率番組10.」のバックナンバー「VOL.31 2019年 7月29日(月)〜8月4日(日)」に興味深いデータが載っている。8月2日、金曜夜の視聴率に関するものだ。(註:率は全て関東地区、以下同)

 まず午後7時からNHKは「ニュース7」を放送したが、この平均視聴率は13.7%に達した。

“裏番組”にあたるテレビ朝日の「ドラえもん」は5.7%。NHKの半分以下だ。次の午後7時半から始まった「クレヨンしんちゃん」は、「ドラえもん」より少しは良かったが、それでも6.2%だった。

 苦戦するテレ朝を尻目に、NHKは午後7時57分から「チコちゃんに叱られる!」の放送を開始。こちらも13.5%と、さすがの人気だ。

 さらに近年は、テレビを録画する層も増えている。そのためビデオリサーチは「タイムシフト視聴率(世帯)10.」も公式サイトに発表している。

 それでは8月2日の金曜に、多くの人が録画した番組を探そうと「7月29日(月)〜8月4日(日)」のベスト10を見てみると、午後10時からTBSで放送されている「金曜ドラマ・凪のお暇」がタイムシフト視聴率9.1%で2位にランクインしていた。ちなみに、このドラマはリアルタイムの視聴率も同じ9.1%だった。

 ビデオリサーチが算出した、「凪のお暇」の総合視聴率は17.0%。タイムシフトとリアルタイムを合計した数字より少なくなっているのは、「放送分も見て、あとで録画でも見た」というWカウントを除外するなどの補正を行ったからだ。

「テレビ離れ」が取り沙汰される中でも、金曜夜に2ケタの視聴率を獲る番組は存在する。だが、「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」が、その役目を果たしているとは言い難い。テレビ番組を担当する記者が解説する。

「テレ朝に限らず、地上波のテレビ局にとってアニメーションの視聴者数が縮小しているのは間違いありません。朝や夕方には子供向け、深夜にはマニア向けのアニメが放送される編成が定着しました。内閣府によると、日本の人口は2017年、約1.2億人ですが、0歳から14歳は約1500万人で、全体の約12%しか占めていません。これに対して65歳以上は約3500万人、約27%です」

■視聴率ベスト10の意外な結果


 仮に各世代の半分がテレビを見たとして、0歳から14歳は6%前後、65歳以上は約13%という数字になる。

「今のテレビ業界は、『視聴率を獲るためには、50代の“アクティブシニア”をターゲットにしろ』という号令が飛び交っているそうです。人口の構成を考えれば当然でしょう。かつて90年代のトレンディドラマは20代女性を指す“F1層”が支えたことを思い出せば、テレビ視聴者の高齢化が著しいことがわかります」

 おまけに高齢者は人口が多いだけではない。「今、放送されているテレビを熱心に見る」という特徴がある。CMの広告収入を考えれば、最も大切にすべき“顧客”であることは論をまたない。

 総務省が2018年に発表したデータを見てみよう。たとえば40代の男性なら、平日の1日に約2.3時間、リアルタイムのテレビを視聴している。朝に会社へ行く前と、夜に帰宅してから、どちらもニュース番組を見る――こんな生活の一コマが垣間見える。

 60代は男性でも女性でも、平日の1日に約4.4時間、テレビを見ている。ゴールデンタイムは午後7時から10時まで。その3時間、全てテレビを見ていたとしても不思議はないだろう。

 一方、「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」は、少なくとも「地上波におけるアニメ番組」の中で比較しても、決して視聴率が良いとは言えない。

 ビデオリサーチは1週間単位で視聴率のベスト10を発表しており、「アニメ」のカテゴリーも用意されている。

 ここで「VOL.22 2019年 5月27日(月)〜6月2日(日)」から「VOL.33 2019年 8月12日(月)〜8月18日(日)」までのデータを抽出、平均視聴率などを算出し、「5月から8月にかけてのアニメ番組視聴率ベスト10」を作ってみた。

 ただし、放送回数は一定していない。フジテレビの番組は1回も休まず合計10回がオンエアされたケースが多いが、テレ朝は特番などの関係で休みも多い。「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の場合は7回しか放送されていない。

 毎週欠かさず放送され、視聴率を稼ぐのが「人気番組」だろう。そのため、ビデオリサーチの1位を取った番組には10点を、10位には1点というポイントを付与し、合計が多い順からランキングしてみた。

 このポイント制にすると「放送回数が多く、なおかつ1回の視聴率が高い番組」が上位に位置する。普通の計算方法で算出した平均視聴率とあわせて、表をご覧いただきたい。


■テレ朝は“抱きつく作戦”を計画!?


 アニメ番組の視聴率の低さに、驚いた方もおられるかもしれない。9位や10位となると3%台だ。これが少子高齢化の影響というわけだ。

 念のために振り返っておくと、ベビーブームの頃はケタが違う。何しろ「サザエさん」の平均最高視聴率は1979年9月16日の39.4%。「ドラえもん」も83年2月11日に31.2%という数字を記録している。

 視聴率の計測方法が今と同じになった77年9月以降、アニメ番組の視聴率で歴代1位にランクインしているのは90年10月28日の「ちびまる子ちゃん」で39.9%。これほど「隔世の感」という表現に相応しいデータは他にないだろう。

 表に戻れば、それでも「サザエさん」の安定は突出している。ベスト10のうち唯一、2ケタの視聴率。ビデオリサーチが発表した10回のベスト10で、全て1位を獲得した。

 つまり現在のアニメ番組は「サザエさん」、「ちびまる子ちゃん」と「名探偵コナン」が3強を構成し、「クレヨンしんちゃん」と「ドラえもん」は少し引き離されていることがわかる。マラソンにたとえれば“第2グループ”という印象だ。

「とはいえ、テレ朝にとって『ドラえもん』が大切なコンテンツなのは間違いありません。何しろ映画版が別格の興行収入を見込めます。14年に公開された3DCG版の『STAND BY ME ドラえもん』は83億円を超えるというメガヒット。18年に公開された『のび太の宝島』も53億円を記録しました。放送終了の選択肢はあり得ません。そのためにテレ朝が考えだしたのが、日テレに対する“抱きつき作戦”です」(前出の記者)

 テレ朝が日テレと激しい視聴率争いを繰り広げているのはご存知のとおりだ。そして日テレのアニメ番組における最大の敵は「名探偵コナン」だろう。

「『名探偵コナン』は関東地方の場合、毎週土曜の午後6時から放送されています。『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』をぶつける手も理論上は存在しますが、子供たちだけでなく親の顰蹙も買ってしまう。そこで、その前に放送することで、『クレヨンしんちゃん』から『ドラえもん』を経由し、『名探偵コナン』を見るという“ライフスタイル”を確立させる。そうすることで、現在6%台の『どらえもん』と『クレヨンしんちゃん』を、ライバル日テレの『名探偵コナン』と同じ7%台に引きあげられるとテレ朝は考えているのではないでしょうか」(同・記者)

「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の公式サイトには、既に「土曜にお引っ越し」という記事が公開されている。

 だが、この「お引っ越し」という表現なのだが、SNSなどでは「土曜左遷」とからかわれている。果たして、左遷されて視聴率は更に落ちこむのか、新天地で巻き返すのか。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月1日 掲載

関連記事(外部サイト)