「監察医 朝顔」「おっさんずラブ」「家売るオンナ」の共通点 ドラマ界に異変

■共通項は「女性」


 どのテレビドラマや映画を観るか、世の中の大半の人は、出演する俳優や監督で選ぶはずだ。特に映画は有名監督を信奉するファンがいる。日本なら黒澤明(1910〜1998)や、小津安二郎(1903〜1963)が筆頭格だ。

***

 ドラマや映画を制作する際、本来ならプロデューサーは監督と並ぶ重要なポジションだ。文字通りの総責任者。アメリカのアカデミー賞で「作品賞」はプロデューサーに渡される。

 ならばプロデューサーの名前で、観るドラマや映画を決める人がいてもおかしくない。ところが、なぜか少数派だ。

 ところが今、テレビの世界では新しいタイプの名プロデューサーが誕生しているという。ひょっとすると出演者や監督、脚本家より、今後は「プロデューサーは誰か」という観点でドラマを選ぶ人が増えていくかもしれない。

 民放キー局の幹部社員は、「今、若い女性がプロデューサーを務めたドラマにヒット作が相次いでおり、テレビ業界で注目を集めています」と明かす。

「例えばフジテレビの『監察医 朝顔』ですが、8月19日に放送された第6話は視聴率が14・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)に達し、“月9復権”と話題です。このドラマのプロデューサーは金城綾香さんという女性です。しかも1987年生まれの31歳という若さ。プロデューサーといえば、『ディレクター歴も長い、ベテラン男性』というイメージが強いですからね。話題になるわけです」

 金城プロデューサーは「5→9〜私に恋したお坊さん〜」(2015年)が初プロデュース作品。18年に「グッド・ドクター」がヒットして注目を集めた。

 ORICON NEWSは7月22日、「月9『朝顔』Pインタビュー、誕生きっかけは『上野樹里との出会い』『1話完結ドラマへの違和感』に」の記事を掲載した。この記事の中で金城プロデューサーは「朝顔」の原点が、「グッド・ドクター」で上野樹里(33)と仕事をしたことだと明かしている。

 金城プロデューサーには“ライバル”も存在し、すでに対談の場を提供したメディアもある。マイナビニュースは2月6日、「日テレ・小田玲奈×テレ朝・貴島彩理ドラマP対談(前編) バラエティの『やっちゃえ!』発想」という記事を掲載した。こちらについても、前出の幹部社員に解説をお願いしよう。

「日テレの小田玲奈プロデューサーは1980年生まれ、今年で39歳。03年に入社し、最初はバラエティ畑を歩んでいました。16年にドラマ『家売るオンナ』を初プロデュースし、続いて『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』も制作。今年は『家売るオンナの逆襲』が注目を集めました」

 対談の相手役を務めた、テレ朝の貴島彩理プロデューサーとなると、金城プロデューサーや小田プロデューサーよりも更に若い。

「1990年生まれで、何と29歳です。18年に『おっさんずラブ』を制作して大きな注目を集め、今年は劇場版の制作にも名を連ねました。ちなみに彼女のお父さんもTBSの名プロデューサーだった貴島誠一郎さん(61)で、佐野史郎さん(64)が演じる“冬彦”が社会的現象になった『ずっとあなたが好きだった』(92年)や、『愛していると言ってくれ』(95年)が代表作です」(同・幹部社員)


■実は男社会ではないテレビ業界


 特に映画の世界では、プロデューサーが俳優や監督を指名する。総責任者だから必然的に年齢が高くなるわけだ。一方、テレビドラマ業界では、それに逆行している。

「昔のテレビ業界は、プロデューサーと筆頭ディレクターは兼任することも珍しくなかったのです。それが次第に分離するようになった。最近では撮影現場のリーダーであるディレクターは俳優に睨みをきかせるためにベテランを活用し、プロデューサーは芸能事務所への当たりも柔らかく、しがらみのない若い女性を起用するようになっています」(同・幹部社員)

 近ごろのプロデューサーは、厳めしい“総責任者”というよりも、“サービス業”という表現がぴったりの仕事内容だという。

「出演者に気持ち良く演技してもらうこと、遅筆の脚本家を怒らせないように急かすこと、自局のバラエティや情報番組を担当するプロデューサーとの番宣折衝など、ありとあらゆる仕事にきめ細かな心遣いが要求されます。こうなると偉そうにふんぞり返っている、がさつな男性プロデューサーより、何かと気が利く女性プロデューサーの方が、はるかに仕事はうまくいきます」

 ベテランの男性プロデューサーだと、どうしても配役にしがらみが生じてしまう。大手芸能事務所との折衝は必須と言える。だが、若い女性プロデューサーは、まさに“人気本意”でキャスティングを組むという。

「視聴者代表という立ち位置に、プロのセンスを加え、それこそど真ん中の配役を行います。29歳の貴島プロデューサーでなければ、『おっさんずラブ』で田中圭さん(35)を連続ドラマの主演にしようとは考えなかったでしょう。たとえベテランの男性プロデューサーが思いついたとしても、過去のしがらみから、なかなか難しかったと思いますね」(同)

  先に紹介したマイナビニュースの対談は「後編」で、「プロデューサーというと、チームを統率しているイメージですが」という質問に対し、小田・貴島プロデューサーは、こう語っている。

《小田:現場のみんなが私のために働いているなんてこれっぽっちも思わない》
《貴島:みんなが楽しそうにやっているのが一番うれしいなぁと思います》

 更に「まだまだ男社会と言われるテレビ業界ですが、お2人が担当する現場で女性進出は進んでいますか?」という質問には、以下のように答えた。

《小田:日テレは女性が多いですね。女性の監督もいますし、カメラや音声など技術さんは男性が多いですが、アシスタントには女の子もいますしね。

貴島:女性進出が進むというか、すでに当たり前という印象です。テレビ朝日のドラマ部は内山聖子さんや三輪祐見子さんという女性のスタープロデューサーがガンガン引っ張ってくださっていて、後輩たちはそれに続け!みたいなところもあると思います》

「そもそも女性プロデューサーといえば、例えばTBSなら石井ふく子さん(92)や、『男女7人夏物語』(86年)を制作したのは武敬子さん(89)が有名です。『男女7人』は明石家さんまさん(64)と大竹しのぶさん(62)が共演し、結婚のきっかけになりました。ですが、これほど若い女性プロデューサーがどんどん活躍する時代が来るとは、昔なら考えられませんでした。ドラマ界にも女性活躍の時代が訪れたということでしょうか」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年9月2日 掲載

関連記事(外部サイト)