菜々緒が事務所に叱られてもインスタに「お尻投稿」を止めないワケ

 9頭身ボディが売りの女優・菜々緒(30)のインスタグラムが「刺激的すぎる」とネット上で話題を集めている。8月上旬、旅先のパラオから、お尻を強調したきわどいビキニ姿の写真をやにわに連投し始めたのだ。

 まずは、好き者たちが色めきたった投稿画像を見てみよう。しょっぱなは8月8日、高級ホテルのプールサイドで寝そべる水着姿だった。彼女が書くには、

〈以前、情熱大陸の一人旅密着でお世話になったパラオのホテルが、独立型のプールヴィラ、水上バンガローなどを備えた新エリアを2019年5月24日にグランドオープンしたという事で、さっそく遊びに行ってきました!〉

 この日の投稿では、ご自慢の股下85センチに及ぶ美脚を披露したものの、アングルのつけ方はおとなしめ。だが、2日後の投稿から徐々に過激さを増していく。旅の連れらしき女性とボートから海に飛び込む連続写真は、尻に水着がガッチリ食い込み、もうほとんど“丸出し”に。これに15万件以上の「いいね!」がついた。

 気をよくしたのか菜々緒は、さらにヒートアップする。12日には、赤い水着姿でプールべりにたたずむ3枚の画像をアップ。落陽が水面に映える、一見芸術的なショットだが、視線を誘うのは、やはり“穿いていないも同然”と目を瞠(みは)ってしまう臀部だ。続けて13日には恍惚とした表情を浮かべながら、シャワーを浴びる13秒間のスローモーション動画をアップ。腰のくびれからヒップラインに沿って水滴がしたたる艶めかしい動画は、たちまち100万回近く再生されるヒット作に。その後も尻、脚、胸元と、“大盤振る舞い”なのだ。

 ネットウォッチャー氏に訊いてみれば、

「フォロワー数をこの数週間で3万人以上増やし、250万人を超えました。あきらかにお尻の影響です」


■尻丸出しの“前科”


 不思議なのは、小粒なりといえども人気女優の仲間入りを果たした彼女が、なぜここまで扇情的な投稿をするのかという点だが、

「いまに始まったことではないですよ」

 と、さるスポーツ紙記者は冷静に受け流す。

「2年前も、水着をつけない臀部のアップ写真を投稿して騒ぎになりました。日焼けした肌に真っ白な水着跡がまぶしい一枚でしたが、“さすがにモロの尻出しはまずい”と事務所が注意し、数時間後に削除。もともと彼女はモデル時代に、尻を高く突き上げる“菜々緒ポーズ”で有名になった人で露出にためらいはなく、むしろそれが売りですから」

 一方、アイドル評論家の上杉純也氏に訊けば、

「10月からヒロインを務めるドラマを意識した話題作りでは」

 との指摘。菜々緒は「4分間のマリーゴールド」(TBS系)という作品で、福士蒼汰と恋に落ちる義姉役を演じるというが、

「これまで多かった主人公の敵役、悪女役とはうって変わった役柄です。今回の投稿は、女性が憧れるセクシーさを強調したものが多い。きっと連ドラのコアな視聴者たる女性を意識しているのでしょう」(同)

 とはいえ、こんなあられもない肢体を見せられては、男たちの関心を引くばかりだろう。やりすぎて事務所にまた叱られ、くれぐれもお尻に火が付くことのなきように……。

「週刊新潮」2019年9月5日号 掲載

関連記事(外部サイト)