黒木メイサと赤西仁、子連れ海外移住の背景に「デキ婚騒動」

 元KAT−TUN赤西仁とのデキちゃった婚で話題をまいた黒木メイサも、あれから7年余が経ち、はや31歳。1男1女を育ててママと女優の二足のわらじでやってきたが、ここにきて子連れでの海外移住を決めたという。一体、何が?

 2012年のそのデキ婚騒動のとき、ある問題が起きた。黒木は契約中のCMを降板するハメになったが、

「所属事務所は黒木に対し“クライアントに違約金を払う必要が生じたため、ボーナスをカットする”と通告。実際に彼女の賞与をゼロにしたんです」

 と、明かすのは事情通。

「でも、本当は違約金など発生していません。黒木は理由なき罰金を事務所に取られたようなものでした」

 能天気なことに、黒木は賞与ゼロの不当性に気づいた風もなかったそうだ。

 が、これが今回の海外行きに、伏線としてつながっていくのである。

 言うまでもなく、現役の日本人女優が生活の拠点を海外に移すなど、そうそう例はない。黒木の場合も、12年7月からカネボウの化粧品「KATE」のCMに起用され、長くイメージモデルをつとめてきた。まだこの日本で“商品価値”はあるように映るのだが、

「KATEの契約が今季でついに切れることになった。それで黒木は心の踏ん切りをつけたのだと思います」

 とは、さる芸能界関係者。

「もともと彼女は米国志向が強く、ハリウッドで勝負したいと思い続けてきました。昨年は出演作をショートムービー1本とWOWOWの連ドラ程度に絞ったのも、日本でチョイ役をやるくらいなら、英語の勉強と育児に専念し、米国進出に備えたかったからです」


■堀北に桐谷に黒木


 だから米国へ、となるのはわかるが、奇怪なことにそれは米国の一州とはいえ4000キロも離れた南の楽園、ハワイなのである。

 判断の背景には夫・赤西の影響もあったと見られる。

「赤西は事務所に対し、12年に黒木が罰金を取られた際には異議を唱えに行き、以来、不信の念を募らせてきた。妻と事務所の距離を遠ざけようと考えてきたのは間違いない」(同)

 赤西自身、現在はネットでDVDやグッズの販売などを手がけ、日本に拠点を置く必要もない。そこでかねてお気に入りのハワイに家族で渡ると決めたわけだ。

 黒木の事務所は“移住”の事実を認め、こう言う。

「社長は黒木の才能を見越して投資を行い、英語習得のために英米に留学させたり、米国のアクションスクールに通わせたりしてきました。事務所のアメリカ支社も設立予定で、常に黒木とも連絡を取り合っています。移住は広告の契約期限と関係なく、社長とご家族が話し合って進めてきた話で、まもなくハリウッドの仕事も決まる予定です」

 つまり、黒木一家とは仲良く手を取り合っているとの主張。ちなみに「ハリウッドの仕事」は守秘義務があって答えられないそうだが、先の事情通が見るに、

「事務所は堀北真希が引退し、桐谷美玲も結婚して仕事を減らしており、稼ぎ頭を失いつつある。黒木まで日本を半分捨てたとあって、商売上、頭を抱えてます」

 だがその黒木とて、ハリウッドを目指すといえども、転居先は大陸遠きハワイである。関係者全員にとって先行き見えない状況が続く。

「週刊新潮」2019年9月5日号 掲載

関連記事(外部サイト)