アラフォーバツイチ女性が再婚相手に自分の姓を名乗ってもらおうとしたら双方の親にガチギレされた件

 現代社会を生きる女性が避けては通れない「婚活」「結婚」「妊活」「子育て」。これらのライフイベントに伴う様々な困難にぶつかりつつも、彼女たちは最終的には自分なりに編み出した「ライフハック」で壁を乗り越えていきます。読めば勇気が湧いてくるノンフィクション連載「女のライフハック」、待望の第5回です。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/rikaoizumi/

***


■結婚はふたりでしたのになぜわたしだけ


 3年間の同棲を経て、恋人と結婚することになって初めて気が付いたことのひとつが、世の中には自分の姓に、並々ならぬ愛着を持つ人がいることだった。

 記入した婚姻届を前にして「これで苗字を残せるかもしれない」と、感激している恋人の姿を目にして「そこにこだわりを持ってたのか」と感心したと同時に、わたしが籍から外れることで、わたしの旧姓は消滅する可能性が高まった……という考えもちらりと頭に浮かんだが、だからといってそれについて別段、抵抗感を持ったわけでもない。

 というのも、わたしは普段はペンネームで活動しているため、少し大袈裟な言い方をすると、先祖代々の姓どころか、親がつけてくれた名も、「とうの昔に捨ててしまった」という意識がある。実際、仕事関係者はもちろんのこと、友人や夫までもが、わたしのことをペンネームで呼ぶ。だから、結婚を機に姓が変わることなんて、なんでもないことだと思っていた。

 けれども、それがまったくもって大間違いだったと気が付いたのは、婚姻届を出すと同時に煩わしい手続きが降って湧いてきてからだった。

 免許証に健康保険証、カードの類、パスポートそして銀行口座名から図書館の貸し出しカード、生命保険関連、ネット通販に登録してある配送先の宛名まで、とにかく多岐に渡っての名義変更が煩雑なことこの上なく、おまけにわたしの持っているキャッシュカードは、クレジット機能が付帯しているため、再発行まで数週間かかるという不便さで、パスポートに至っては変更手数料が6千円もかかるという。

 結婚はふたりでしたというのに、なぜわたしだけ。警察署や役所や銀行に自転車を走らせながら、その理不尽さに新婚の甘い気持ちも吹き飛んでいくようだった……というような愚痴を既婚の女友達に話すと、8割方は賛同してくれる。それくらい、姓を変えることに伴う各種変更の手続きは、誰にとっても面倒なことだと思うのだが、さらに離婚経験者に言わせると、「別れた時は、もっと最悪」なのだという。

 離婚という、ただでさえ精神的ダメージを負った状態で手続きをこなさなくてはいけない上に、ひとつ手続きする度に、否応なく自分が結婚に失敗したことを思い知らされて、ジワジワと心が痛めつけられる……それは確かに想像しただけでしんどい。「だから、日本も選択的夫婦別氏制度になって欲しいし、それが実現しない限りもしも再婚するなら、事実婚がいい」と、離婚経験のある友人は言っていたが、しかし、考えてみれば名前を変えずに済む方法はもうひとつある。

 夫側に自分の姓を名乗ってもらうという選択だ。そこで今回は、妻側の姓を採用したという、越野明日香さん(仮名・36歳 家族構成:夫37歳)に話を聞いた。

「そもそも、わたし、二度目の結婚なんですよ。一度目の結婚は20代の時だったんですが、その時は夫側の姓になりました。男性側の姓を採用するのが当然だと思ってたから、素直に従ったというか」

 しかし、姓が変わったことで明日香さんに降りかかってきたのは、例によっての煩雑な手続きだった。

「まずハンコを2種類、実印と認印を作って、警察署に行って免許の名義変更の手続きをして、それを証明書として銀行に持って行って、パスポートも……とかで何日もかかるわけですよ。休日は受け付けてないところもあるから、会社を半休取って。

 その時は、そんなものかと思ってやったんですけど、3年で離婚することになって。またすべて、名前を戻さないといけないわけじゃないですか。免許、銀行、パスポートと、同じことをもう1回。しかも、パスポートの名義変更は6千円かかるから、合計で1万2千円も払ったことになる」


■「無理無理無理! ないないない!!」


 再びのややこしい手続きを経て、独身に戻った明日香さんだが、数年後、友人の紹介で今の夫となる河合芳雄さん(仮名)と知り合い、お付き合いがスタート。やがてふたりの間に結婚の話が出たが、明日香さんは事実婚を希望、一方で夫となる芳雄さんは法律婚を望んだという。

「そもそも、わたしのほうは、どうしても結婚がしたいってテンションじゃなかったんですよね。30代で独り身は退屈だし、誰かいたほうが面白くていいなって思ったので、恋人の存在はありがたかったけど、あの手続きをもう一度するのは、まっぴらごめんだなって。だから事実婚を提案したんだけど、彼のほうは『初婚だし、配偶者控除が受けられたほうがいいから、どうしても籍を入れたい』と」

 平成28年度人口動態統計特殊報告の「婚姻に関する統計」によると、夫婦とも初婚の場合、妻の氏を採用した夫婦はわずか2.9%。しかし、これが夫が初婚で妻が再婚の夫婦になると、6.6%となり、さらに、夫婦ともに再婚の場合は、9.0%と約3倍にも数字が跳ねあがる。一度目の結婚で「懲りた」女性たちが、二度目の結婚に望むことのひとつが「姓を変えないこと」であることはデータからも明らかだ。明日香さんもまた、そう考え、夫の芳雄さんに告げたという。

「結婚に向けての話し合いの中で『とにかく苗字を変えたくない』っていうのを度々伝えていたら、よっぽどのことだっていうのが伝わったらしくて、『俺が変えるの? それって俺だけ、手続きとか大変だし、おかしくないですか?』って言われて。

 それなら交換条件として、新居の場所を彼の会社の近くにして、私は長距離通勤するっていうことを提案して。その代わり2人とも『手続きが面倒くさい』とか、『会社が遠い』とかいう文句は言わないようにしようって。そういう話で決まったんだけど、今度は双方の親の理解が、まったく得られなくて」

 まずは明日香さんの実家を訪れて、結婚の報告とともに姓のことを告げたところ、明日香さんの父親は「婿養子に入るわけではなく、ふたりで新しい戸籍を作るのだから、好きにすればいい」と容認したものの、一方で母親は強い拒否反応を示すことになった。

「『無理無理無理! ないないない!!』って叫ばれました。『結婚はあなたのわがままだけではできないんだから、人が理解できないことはやめろ』ってきつく説教されて。世間と違うことをわざわざする必要がない、世間体もある、向こうの親御さんもいい顔しないだろうしって、すごく責めてきて。

 そもそも私はバツイチで、若くもなく条件がすごく悪い。そんな立場なのに、名前まで変えてもらいますってわけわからんことを言うのはひどい話だ。本来なら、売れないものが売れたんだからちょっと自粛しろ、みたいな感じで。

 だから、交換条件の話もしたんです。『代わりに私の通勤距離が長くなるから』って。そしたらそんなの、当たり前でしょって言われて。『男の人に尽くすのが結婚なのに、上から目線でなにを言ってるの』って。それでもひたすら説得をして、納得はしてないけど、しょうがないっていう話にまとまりました。しぶしぶでしたが」

 しかし、それ以上に大変だったのが、芳雄さんのご両親の反応だった。


■姓も生活も変えません


「そっちでも、『絶対にありえない』って話になって。名前を奪おうとすることがどれだけ失礼なことかわかっていない、とにかく理解ができないって。『バツイチだってことも、子供も見込めない可能性が高いってことも知って、受け入れてるのに』って、うちの親が心配していたことをそのまんま言われて(笑)。

 もう仕方なく、夫と話し合い強引にも強行突破することにして、後日『婚姻届を出しました。姓は越野です』って言ったら、もう大慌て。今度は、どういう手続きを取れば、姓を変えられるかっていう話になったけど、無理だってことが判明して、最終的には受け入れてくれました。

 ただ、双方の両親とも怒ってばっかりで、祝福モードとは正反対だったのは、ちょっとさみしいというか、彼に悪いなっていうのと、あと、大人になってから、激しく怒られたことがなかったから、かなりへこみました。人格否定もかなりされたし」

 一方で、友人たちの反応はというと、

「わたしの友人たちは、『へぇ〜』って感じ。今これだけ、選択的夫婦別氏制度についての議論が盛り上がってる中での話だから。実際に事実婚する人も増えてるし。彼のほうは、会社に報告したらそれなりに驚かれたみたいだけど。でも、説明が面倒くさいだけで、それも1回したら終わるじゃないですか。業務上では旧姓で通すみたいだし」

 と別段、困るようなことはなにもなかったという。

 では、“姓が変わる”という経験をした本人の芳雄さんは、どう考えているのだろうか。

「わざわざ、すごく凝ったハンコを作ったりしてましたよ。もともと夫は、ポジティブな人なので。いまだに『病院で呼ばれても、まだ慣れないんだよね』とか、初々しいことも言っていますけど。

 あと、最初に、わたしが『苗字を変えたくない』って言っているのが冗談じゃなくて本気だって気が付いたあたりで、妻側の姓に変えた男性のブログとか調べたみたいで。『名前にこだわりがなくて、面白そうだから変えた』っていう人の体験談を見つけて。『こういう人も、世の中にいるんだ』って励みになったって言ってましたね」

 と、夫婦ともに、至って穏やかな結婚生活が送れているという。

 自分たちが納得する結婚の形を話し合い、周囲の圧力に負けることなく、それを貫き通すのは、主体性がしっかりと形成されていないとなかなか難しいが、どうしたら、そうできるのか。明日香さんに尋ねてみた。

「それはアラフォーだからじゃないですかね。だって20代でした一度目の結婚の時は、お花畑みたいで、あんまり考えてなかったし。姓のことだけじゃなくって、お互いにもう大人だから、彼には彼の生活があって、わたしにもわたしの生活がある。

 だから、結婚する前に、姓を変えたくないっていうことだけじゃなく、生活は変えませんって言ってもいたんです。『酒も飲むし、旅行も行くし、いきなり家に入る人になりませんけど、いいですか』って確認も取りました。

 あと、晩婚の良さといえば、若い頃よりは、少しだけお金に余裕がある。なので、まずは食洗機、洗濯機、乾燥機を買って、部屋の掃除はダスキンに外注することも考えて、どっちが洗うとか、誰が洗濯するとか、くだらないことで揉めないようにしようって思います」

 結婚は、誰もがしなくてはならないものではなく、したい人がしたいタイミングに、自分の意思でするもの。だからこそ、結婚後に「こんなはずじゃなかった」という不満を口にすると、口さがない人からは “相手を見る目がなかった”“わかっていて結婚したのではなかったか”というような自己責任を問う言葉が返ってくる。けれども、結婚する前にどれだけ想像力を張り巡らせても、取り違えることや、予想を裏切られることはある。

 一度目の結婚後、明日香さんが得た“幸せな結婚生活”を送るための知見は、結婚しても生活を変えないこと。今のところ予定はないけれども、もしも離婚し、そして再婚することになったら、やはりわたしも自分の名前は変えない、という選択を取ると思う。

大泉りか(おおいずみ・りか)
1977年東京生まれ。2004年『FUCK ME TENDER』(講談社刊)を上梓してデビュー。官能小説家、ラノベ作家、漫画原作者として活躍する一方で、スポーツ新聞やウェブサイトなどで、女性向けに性愛と生き方、子育て、男性向けに女心をレクチャーするコラムも多く手掛ける。『もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる』(イースト・プレス 文庫ぎんが堂)他著書多数。2017年に第1子を出産。以後育児エッセイも手掛け、2019年には育児に悩む親をテーマとしたトークイベント『親であること、毒になること』を主催。

2019年9月10日 掲載

関連記事(外部サイト)