TBSの朝の顔になる「立川志らく」 空気を読まない毒舌系コメントの源泉とは?

 落語家の立川志らく(56)が9月30日に始まる朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)でMCを務めることになった。現在、志らくはその後の時間帯に放送されている「ひるおび!」(TBS系)の1部(〜11:55)でもレギュラーコメンテーターを務めていて、これは継続される予定だ。つまり、TBSの平日の午前中には志らくが出ずっぱりという異例の状況になる。TBSがそれだけ彼のことを高く買っているのだろう。

 立川志らくは落語界の第一線を走り続けている人気落語家である。全国各地で独演会を開くと、大きな会場が観客で埋まる。「伝統を現代に」をモットーにしていた師匠の立川談志譲りの、現代的な感覚の笑いが含まれている落語は唯一無二の魅力を持っている。

 若手の頃には兄弟子の立川談春と「立川ボーイズ」というユニットを組み、バラエティ番組に出たりコントを披露したりしていたこともあった。だが、立川ボーイズとしての活動が収束してからは、テレビタレントとしての活動は少なくなった。

 最近、大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントに所属したことをきっかけにして、テレビで見かける機会が一気に増えた。特に、情報番組のコメンテーターとして重宝されるようになり、『ひるおび!』のレギュラー出演でその人気は不動のものとなった。

 テレビの活動が本格化する前、私は志らくのツイッターをよく見ていた。ネット上では、有名人に対して的外れな批判をぶしつけに投げかける人があとを絶たない。志らくはそういう有象無象の輩に逐一反論して、道理を説いてまわっていた。はたから見ればいかにも不毛な行動に思えたので、「あの手の人たちに絡んでもろくなことはないですよ」と忠告したい気分だった。


■テレビから干されても影響ナシ


 だが、いま思うと、そうやって絡んでくる人に対して自分の意見を言わずにいられない志らくの資質は、テレビのコメンテーターに向いていたのかもしれない。いまだにタレントとしての志らくを毛嫌いする人は一定数存在するし、その発言が物議を醸したことも一度や二度ではない。

 ただ、志らくのように反論を恐れずに率直に本音を言えるのは、コメンテーターとしては貴重である。これができるのは、志らくの本業が落語家であり、テレビに軸足を置かない活動をしているからだ。テレビに出ることを主な収入源としている一般的なテレビタレントは、そこまで自由な発言や行動をすることができない。

 志らくの場合、万が一、問題を起こしてテレビの世界から干されてしまったとしても、本業には何の影響もない。彼は今まで通り、落語を演じて目の前の観客を楽しませるだけだろう。

 しかも、志らくは普段から落語界で生の観客を相手に、マクラとして時事ネタについて自由に話をしている。ときにはテレビで言えないようなキツい冗談が飛び出すこともある。ただ、どの程度の毒舌なら観客が笑うのか、ということも彼にはわかっている。だから、テレビで多少極端なことを言って、ネガティブな反応が出てきたとしても、ひるむことがない。志らくは空気が読めないのではなく、いい意味で空気を読まないのだ。そこがコメンテーターとしての強みである。

 師匠の談志はテレビのスターでもあった。今も続く長寿番組『笑点』(日本テレビ系)の初代司会者を務めるなど、幅広い活躍をしていた。選挙に出馬して参議院議員や沖縄開発政務次官を務めたり、落語協会を脱退して立川流を旗揚げするなど、型破りな行動の連続で常に世間を騒がせてきた。

「落語家は大衆的な存在であるべきだ」という談志の教えがあるにもかかわらず、志らくは自分がテレビタレントとして売れていないことだけが心残りだった。ここへ来てタレントとしてもブレークを果たし、その点でも談志を受け継ぐ存在になりつつある。

 晩年の談志は、テレビに出ても無愛想でとっつきづらい印象を与えることが多かったが、志らくにはそのようなイメージがない。態度そのものは偉そうではないが、過剰に媚びているわけでもなく、率直に思ったことを言っている感じが伝わってくる。

 坂上忍、梅沢富美男、高嶋ちさ子など、いま人気の毒舌系タレントは本業が別にあって、テレビで空気を読む必要がない人ばかりだ。そういう人が求められている時代だからこそ、志らくも遅咲きのブレークを果たすことができたのだろう。志らくの落語を愛する一ファンとしては、この経験を生かして彼が自分の落語をさらに進化させていくのが楽しみだ。

ラリー遠田
1979年、愛知県名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家・ライター、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など多岐にわたる活動を行っている。お笑いムック『コメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務めた。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)、『逆襲する山里亮太』(双葉社)など著書多数。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)