「あな番」の陰で「ボイス」も大健闘 NHKは「唐沢寿明」「菊池桃子」に惚れ込んだか

 日テレ「あなたの番です」(日曜・夜10時30分〜)の最終回視聴率は19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、驚異的な数字を記録した。その陰に隠れた形だが、実は同局の土曜・夜10時の「ボイス 110緊急指令室」も健闘している。

 後半に入ってからの視聴率は、4週に亘って二桁超えの右肩上がり。平均視聴率で言えば、9月6日放送の第8話まででは、「あな番」(9・3%)よりも高い10・8%だ。人気の秘密はどこにあるのか。

 ***

 他局プロデューサーは言う。

「たしかに『あな番』の後半の勢いはすごかった。前半の第1章こそ一桁続きで、6〜7%台をウロウロしていました。ところが、SNSなどの評判もあり、第2章の第11話は9・2%から始まり、その後、二桁に乗って、最終回の直前は12〜13%に。最終回に向かって数字が上がっていく理想的なパターンと言っていいでしょう。ただし最終回の19・4%は、ちょっと盛りすぎな感じがしますね。もちろん数字は正しいのですが、あの日(9月8日)の関東地方は、台風15号の影響で在宅率が非常に高かった。実際、関西地域の視聴率は17・3%と、そこまで高くなかったですからね。しかも、番組の評価は賛否両論が噴出し、批判の声も少なくなかった。その点、同じ日テレの『ボイス』も順調に視聴率を上げている。こちらも大健闘と言っていいでしょう」

「ボイス」が放送されている“土曜ドラマ”枠は、かつては“同情するなら金をくれ!”の「家なき子」(1994年・主演:安達祐実)の平均視聴率24・7%や、「ごくせん(第2期)」(05年・主演:仲間由紀恵)の28・0%など、人気番組を続出させた名門枠だった。ただし、これらは土曜・夜9時に放送されていた頃の話。17年に土曜・夜10時となってからは、なかなか高視聴率は望めない状況だ。

「テレビ全体の視聴者離れがありますからね。前作の『俺のスカート、どこ行った?』(主演:古田新太)も話題にはなりましたが、平均は8・7%でした。そういう状況の中、平均で二桁超えは大したものです」


■荒唐無稽を感じさせないスタッフと役者


「ボイス」は、警察署の緊急指令室を舞台に、110番で助けを求める人々の命を救いつつ、妻を殺された敏腕刑事と父を殺された声紋分析官(ボイスプロファイラー)が、真犯人を追うドラマだ。

 敏腕刑事を演じる唐沢寿明(56)は、“ハマの狂犬”と呼ばれるほどの直情型の警官でもあり、アラ還にもめげずに走る走る。一方、声紋分析官役の真木よう子(36)は、声を頼りに居場所が割り出せ、足音だけも身長・年齢・性別までわかる特殊能力を持つ。ご覧になっていない方には荒唐無稽に思われるかもしれないが、実はこれ、韓国ドラマのリメイクである。

「第6話(8月17日放送)で明らかになった真犯人の伊勢谷友介(43)は、財閥の御曹司で、アメリカの名門大学でMBAを取得したエリートながら、残忍きわまる犯罪を続けてきたとか、警察上層部や検察までも悪の巣窟といった、財閥憎し、権力憎しといった、いかにも韓国サスペンスドラマ。物語がご都合主義的な感は否めません。しかし、テンポの良さがいい。プロデューサーは若手の後藤庸介(41)で、プライム帯の連ドラをプロデュースするのは初めてと聞いています。6話と8話では監督も務めていて、いずれの回も11%超えでした」(同)

 若手スタッフの力もあるようだ。

「唐沢さんや真木さん、伊勢谷さんが、おちゃらけずにしっかり演じているので、ストーリーのアラが目立たない。真木さんの滑舌の悪さは気になりますが……。唐沢さんの殺された妻役の菊池桃子さん(51)も、意外なほどの迫真の演技で驚きました。やはり唐沢さんがいるからこそ、荒唐無稽にはならないし、彼自身、数字も持っているのだと思います。今年1月に出演した『THE GOOD WIFE/グッドワイフ』(TBS・主演:常盤貴子)は米国ドラマのリメイクでしたが、評判も良かったですからね」(同)

「グッドワイフ」のオリジナルは、拳銃も出てくるようなドラマだったが、それを日本風にアレンジすることに成功していた。唐沢はリメイクドラマに向いていたりするのだろうか?

「それは作り手次第でしょうね。そういえば、作曲家の古関裕而をモデルに描く、朝ドラの次々作『エール』(NHK・主演:窪田正孝)では、唐沢さんと菊池さんが夫婦役を演じると発表されました。このドラマを見て判断したのかは分かりませんが、それほど2人の演技がよかったと、NHKも認めているのかもしれません。だとすれば、ちょっとズルいけどね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)