錦戸亮、ジャニーさんお別れ会の翌日に独立を発表 このタイミングをどう見るべきか

 今度は錦戸亮(34)である。9月末に関ジャニ∞からの脱退、ジャニーズ事務所も退所すると、9月5日に発表されたのだ。

 錦戸は今年3月に脱退説が報じられたが、沈黙を続けていた。グループは結成15周年記念の5大ドームツアーを3日に終え、4日には東京ドームで行われたジャニー喜多川氏(享年87)のお別れ会に出席。その翌日の発表であった。

 やるべきことをきっちり済ませた後の脱退発表には、「これがベストのタイミング」との声がある一方で、「最悪のタイミング」と見る向きも……。

 ***

〈21年間お世話になったジャニーズ事務所を退所させて頂く運びとなりました。僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたいと思います〉

 公式のファンクラブサイトで発表された退所のメッセージだ。

 エンターテイメントを続けるのであれば、ジャニーズに残ったほうがいいのではないかという考えもあるが、そこは三十路に達した男の決断を尊重するとしよう。昨年9月ごろからメンバー全員で話し合い、今年3月末に出た結論だという。彼の決意は相当堅かったようだ。

 それゆえSNSにはファンからの感謝と応援メッセージが溢れている。

〈受け入れるのに時間がかかる 代わりなんていないのよ 10年以上の愛を簡単に終わらせれやん 錦戸亮は1人だけなんよ 会いたいよ、りょうちゃん 21年間ジャニーズとして輝いてくれてありがとう〉

〈1リットルの涙、ラスト・フレンズ、流星の絆、全開ガール、トレースなどなどを見てきたので、これからも錦戸亮という俳優を見たいなと思う〉

〈これからも錦戸亮を応援し、ついて行きたいです!〉

〈っていうか、亮ちゃんの去り方が潔すぎて、あまりにも突然スーッといなくなったからか、錦戸亮って実在した?あれは幻?って思えてくる〉

 確かに潔すぎる気はする。


■櫛の歯が欠けるように


 振り返れば、あのSMAPの解散騒動にしても、2016年8月13日に正式に解散が発表され、12月26日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ)最終回を経て、解散したのはその年の大晦日。さらに稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の退所は翌17年9月8日だった。

 同じ関ジャニ∞の渋谷すばる(37)の場合は、昨年4月15日に会見が開かれ、関ジャニとしての活動は7月15日スタートのツアー前までとされ、大晦日に退所した。

 さらに、嵐の大野智(38)の場合は、今年1月27日公式ファンサイトに、2020年末をもって嵐の活動休止が発表され、同時に大野の芸能活動休止(退所ではない)が発表されている。

 これらに比べると、錦戸の脱退・退所が発表された9月5日から、9月末の退所までは、かなり時間が短いといえる。ある芸能関係者は言う。

「これまでは、グループを脱退しても、年末ぐらいまでは事務所に残るというパターンが多かった。しかし、SMAP騒動で、鉄の結束を誇ったジャニーズも一枚岩でないことが露呈しました。その後も、櫛の歯が欠けるように辞めていくタレントが出ている折、錦戸の場合は、発表したその月に退所ですからね。言い方は悪いが、まるで強制わいせつ事件で契約解除となったTOKIOの山口達也(47)なみの速さです。そもそも、ジャニーさんのお別れ会が終わった翌日に退所発表をしたことについては、事務所内でも『なにも、このタイミングで、発表しなくてもいいのでは』と疑問の声が上がっているそうです」

 お別れ会の前ならともかく、終えてからなら問題ないのでは?

「東京ドームで営まれ、8万8000人もが参列した盛大な規模のお別れ会は、祭壇から映像、構成演出までをタッキーこと滝沢秀明(37)が手がけました。当然メディアでも大きく取り上げられた。翌日は情報番組でジャニーさんに育てられた子供たちがそれぞれ、故人への思いや思い出、感謝の言葉などを口にする姿が映し出されたわけです。ジャニーさんを偲ぶしんみりとした話が、一通り放送された後、終わったその日の夕方に突然、発表されたのが、錦戸の脱退でした。これでは、ジャニーさんの思い出の余韻もなにもあったものではない。他の所属タレントたちから、錦戸は恩人の顔に泥を塗った、と思われても仕方がないでしょう」(同)

 ならば、もう少し発表を送らせる手もあっただろうに。

「ジャニーさんが亡くなった後、錦戸が『できるだけ早くに退所したい』と考えていたのは間違いありません。ただし本人は、お別れ会翌日に発表するつもりなどありませんでした。発表のタイミングは、すべてジャニーズ事務所側が決めたことだからです」(同)

 いったい何のために?

「そもそもジャニーさんは、ジャニーズ事務所の創業者ですが、表には全く出てこなかった人。業界ではもちろん認められた存在でしたが、ファンにとってはあまり関係のない人です。こぢんまりとお別れ会を開くことだってできたにもかかわらず、あえて東京ドームでファンを呼び込んで一大イベントにしたのは、所属タレントの結束を高めるためでした。その翌日に錦戸の脱退・退所を発表したのは、錦戸のイメージダウンを狙ったものではないかと言われています。つまり、『こんなタイミングで発表する錦戸って、やっぱり恩知らずなんだな』と思う人も少なくないはずですからね。まあ、ジャニーズにすれば、今後、彼を応援するつもりはないということでしょうね」(同)

 早い話、錦戸はジャニーズ事務所からさっさと出て行け、と言われたようなものだろう。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月14日 掲載

関連記事(外部サイト)