俳優「小泉孝太郎」が着々と実力を付けている いかりや長介、ムロツヨシとの出会い

 政界で陽の当たる道を歩き続け、このほどキャスターの滝川クリステル(41)と結婚した小泉進次郎衆院議員(38)。その事実はニュース番組のトップで扱われており、もはや国民的スターと呼んでもいいだろう。それと比べると、俳優の道を選んだ兄の小泉孝太郎(41)はマイナーな存在と見られがち。だが、実は伸長著しく、人気も評価も高まっているのだ。

 弟の小泉進次郎氏と比較すると、話題になることが少ない小泉孝太郎だが、その力量を高く評価するテレビ局スタッフやドラマ評者は数多い。

 元毎日放送プロデューサーで同志社女子大・影山貴彦教授(メディアエンターテインメント論)も、そんな1人だ。

「自分の力で道を切り拓いてきたところに凄みを感じます。着々と実績を積み重ね、成功しているところが凄い」

 そう、言い方は悪いが、弟の進次郎氏は、家業を継いだだけなのである。父親が小泉純一郎元首相(77)なのは知られているとおり。曾祖父・小泉又次郎(1865〜1951)の代から数えると、4代目の世襲議員だ。

 一方、孝太郎は、コネの利かない俳優の道を選んだ。親の名声など意味を持たず、力で競り勝つしかない世界である。話題性で仕事が入るのはデビュー当初だけ。だから2世俳優で成功する割合は、実は少ない。

 孝太郎は当初、「話題先行」「素のままの育ちのいい若者しか演じられない」などと叩かれた。本人は腐った時期もあったのではないか。だが、近年は違う。

 9月6日に最終話を迎えた孝太郎が主演する連続ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜』(テレビ東京・金曜・午後8時)も好調。8月30日放送の視聴率は7・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

「なんだ、一桁じゃないか」と言うなかれ。天下の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺』(NHK)ですら、最近では5〜6%しか獲れていないのだ。まして制作費などでハンデのあるテレ東である。『警視庁ゼロ係』の制作費は、おそらく『いだてん』の半分以下だろう。

『警視庁ゼロ係』はまず2016年に放送され、それが好評を博したことから、続編、続々編がつくられ、今作はシーズン4。主演ドラマシリーズを持っている点でも、孝太郎は評価できる。シリーズ化は成功の証なのだから。

 孝太郎の役柄は小早川冬彦警視。東大法学部卒のキャリア組であるものの、空気をまったく読まず、思うままに行動してしまうため、エリートコースから外された。頭はいいが、どこか頼りなく、いい加減なところもあり、昼行灯のような存在。複雑な人物で、決して簡単な役柄ではない。

 今年1月から3月まで放送された『グッドワイフ』(TBS)には準主役級で登場し、正義の人かワルなのか最後まで分からない弁護士に扮した。これまた難役だった。2015年の『下町ロケット』(TBS)では、主人公の良心的な町工場経営者・佃航平(阿部寛[55])と敵対する悪辣なメーカー経営者を好演。屈折した人物で、やはり簡単な役柄ではなかった。

 2002年の俳優デビューから18年目。育ちの良さはいまだ隠せないが、演技の幅が飛躍的に広がった。

「ページをめくるたび、違った魅力を見せてくれるような俳優になりましたね」(前出・影山教授)

 これまでの苦労もプラスになっているのだろう。

 子供のころ見た映画『E.T.』に感動し、人に夢を与えられる俳優を志したが、最初からつまずいた。日大在学中の2000年、「21世紀の石原裕次郎を捜せ!」と銘打たれた石原プロモーションのオーディションに応募したものの、落ちてしまったのだ。

 身長が180センチに満たなかったことが表向きの理由だが、雰囲気がワイルドでないところも石原プロに合わないと判断されたようだ。ちなみに、グランプリを獲得したのは徳重聡(41)で、こちらは2018年の『下町ロケット』(TBS)に出演した。

 孝太郎は結局、ザ・ドリフターズなどが在籍する現在の所属事務所、イザワオフィスへ。故・いかりや長介さん(1931〜2004)に師事する。

 いかりやさんは、孝太郎に口うるさいことを言わなかったが、時折、金言を与えた。たとえば、こんな話もしたという

「俳優という仕事は40歳なら40歳の自分が嘘偽りなく出る」

 演技には限界がある。内面が表れてしまう。だから、大切に生きろということだろう。

 ミュージシャンからコメディアンになり、そして独学で演技を覚えた、いかりやさんとの出会いは大きかったようだ。石原プロ入りが果たせなかったのは、奇貨だったのだろう。

 そもそも、男臭い「石原軍団」に、ソフトなイメージの孝太郎は合わないはずだ。

「相手に警戒心を与えることなく、懐に入っていけるキャラクターですよね」(同・影山教授)


■CM起用がプラスに


 笑顔を絶やさず、嫌味がなく、人当たりがいい。だから、バラエティー番組にもすんなり溶け込める。それより、彼に向いているのはCMに違いない。

 スポンサーにもそれは分かるのだろう。現在、「伊賀の天然水強炭酸水(SANGARIA)」、「ブレスケア(小林製薬)」、「注文住宅(アイダ設計)」など8本ものCMに登場している。芸能人の中で、トップクラスの多さである。やたら目にする「ハズキルーペ(Hazuki)」のCMでは、「松岡(修造)さん、ここでハズキルーペを」などと“仕切り役”を務めているのはご存知のとおりだ。

 複数のCMに起用されると、小泉のイメージがより上がり、俳優の仕事にもプラスになると、某芸能プロダクションの代表は解説する。

「人間は特定の人物を頻繁に見ていると、親しみを感じる。愛着を覚える。たとえば、全英女子オープンで初優勝した渋野日向子選手(20)の顔がテレビで連日流れていると、ゴルフに興味がない人まで渋野選手に親しみを覚え、好感を抱くようになる。もちろん、犯罪者とか悪い奴は別ですよ。憎悪心や嫌悪感を抱きながら見るから。なのでCMは、芸能人にとって格好の自己PRの場でもあるのです」

 CMは孝太郎に好循環をもたらしているわけだ。

 成長の背景には、俳優になってから知り合った友人たちの存在もあるだろう。良い刺激になったのではないか。たとえば、親友のムロツヨシ(43)である。

 ムロは複雑な家庭に育ち、4歳で両親と生き別れになって、親戚の家で育てられた。やがて東京理科大に入学するが、すぐに中退し、アルバイトをしながら演劇活動を開始。食えない時期が長かった。孝太郎が政治家の息子らしい生き方をしていたら、2人の人生が交錯することはなかったはずだ。

 孝太郎のルックスはデビュー時とほとんど変わらない。が、顔つきは変わった。凛々しくなった。いかりやさん、ムロたちとの付き合いが、孝太郎の内面を変容させたのだろう。何不自由なく育った2世同士で遊んでいる俳優もいるものの、孝太郎はそうではなかった。ただのお坊ちゃんには見えなくなった。これが役の幅が広がった背景にあるだろう。 

「今後は心の中に闇を抱えているような人物も演じてほしいですね」(前出・影山教授)

 救いようのないワルも今の孝太郎なら演じられるはずだ。

 気がつくと孝太郎は、このところ、ほぼ切れ目なく各局の連ドラに登場している。実力と人気の表れにほかならない。

 ひょっとしたら、滝川との結婚で陰りが見え始めたとも伝えられる進次郎の人気を上回ってしまうかも……。

「僕はもともと進次郎さんより孝太郎さんのキャラクターのほうが好きですよ」(同・影山教授)

 俳優の故・石原裕次郎さん(1934〜1987)は国民的スターのままで逝き、兄の石原慎太郎氏(86)は、芥川賞として時代の寵児となったあと、運輸大臣など政界の要職を歴任した。

 小泉兄弟は石原兄弟を超えられるのか。孝太郎と進次郎のどちらのほうが高い人気が得られるのか。2人の人生はまだ半ばである。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)ライター、エディター。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月15日 掲載

関連記事(外部サイト)