報ステ「セクハラ事件」の森葉子アナの家までついて来たCPの“企み”

■「報ステ」激震の「セクハラ事件」! 「美人アナ」に口づけの代償(1/2)


 夜の報道の顔「報道ステーション」(テレ朝系)に激震が走っていた。最高責任者のチーフプロデューサーが、出演する美人アナにあろうことか口づけ。他にも被害者が続出し、代償は大きいものになった。お茶の間には届かぬ、人気番組における「セクハラ事件」の真相。

 ***

〈就業規則に基づき、社員1人に「謹慎」の懲戒処分を行った。賞罰委員会〉

 匿名の処分発表が社内のイントラネットに掲示されたのは8月30日のことだった。テレビ朝日の看板番組「報道ステーション」。その制作現場の舞台裏ではこの発表までの数カ月、テレビには決して映らない激しい攻防戦が展開されていたという。美貌の女子アナと番組トップの“事件”をめぐり、当事者ばかりか“糾弾派”“擁護派”が入り乱れ、「セクハラだ」「そういうつもりはなかった」とせめぎ合いを続けていたのだ。

 報道ステーションが襲われているかつてない激震の跫音は、今年4月から聞こえていた。

「森さんは、報ステのメインキャスターの富川(悠太)から、“桐永さん、誕生日なんだよ”とアドバイスを受け、千円くらいの焼菓子を渡したそうです」

 と明かすのは、テレ朝関係者。「森さん」とは美貌で170センチと長身の森葉子アナ(33)のことで、今年4月から報ステのフィールドリポーターとして全国を飛び回る。「桐永さん」とは報ステの桐永洋チーフプロデューサー(CP)=49=を指す。番組の最高責任者と出演者との間に何があったのか。


■「送っていくから」


「彼女は番組に起用されたばかりで、色々と気を遣っていたんですよ。そして、それが挨拶程度のものでも桐永さんはよほど嬉しかったのか、そのお返しということで食事に誘った。〈軽く飲みに行きませんか〉というLINEだったが、それを断っていると、こんなメッセージが届いたようなんです」(同)

〈5月3日24時、麻布十番の◎◎を予約しました〉

「これに対して彼女は、“他にも人がいるのかな”と思ってその居酒屋に行ったところ、個室に桐永さんひとり。驚いたけれど、相手は上司ですからイスを蹴って帰るわけにもいかず、2人きりで飲むことに。彼女はお酒がすごく強く、相手に合わせて飲んでいたそうです。ビールならビール、ハイボールならハイボールという具合に。彼は、“俺のバックには早河さん(洋・会長)がいる”と言い、“今までどんな人と付き合ってきたの?”と聞いたそうです。最後まで酔っぱらうということはなくお開きになり、彼女は歩いて帰ろうとしたんですが、“帰り道だからタクシーで送ってくよ”と、彼が言い出してタクシーを止めた。そこで彼女は不思議に思ったわけです。“先に降りるのは私なのに、どうして奥に私が座るんだろう”と……」(同)

 タクシーが目的地に着き、森アナが降りようとしたら、桐永氏はタクシーの支払いをしようとする。

森 大丈夫ですよ、そのまま乗って行ってください。

桐永 いや、送ってくから。

 マンションは目の前なのに彼は料金を精算し、タクシーを降りてしまう。更にエントランスまでついてきたので……。

森 もう、本当にここで大丈夫ですから。

桐永 いや、君は酔ってるから。

「彼女のマンションのキーは特殊な形状のもので、初見で開けるのはまず不可能だそうです。つまり、自分を見失うほど酔っていたはずがないということです」(同)

 桐永氏の“進撃”は止まらず、エントランスを“突破”してエレベーターの中へ。

森 ここでいいですから。

桐永 いいから、いいから。

森 部屋の前まで来られるのは困ります。ここで、本当に、ごめんなさい。

「そうやって桐永さんに帰るように促したところ、いきなり彼が、がばっと抱きついてキスをしてきた。彼女はもちろん嫌だったんですが、相手は上司であるうえに、全然帰ってくれない。これで離れてくれるなら、と引っぱたいたりすることはなかったようです」(同)

森 本当に、困ります。エレベーターに乗ってください。

桐永 また、飲もうね。

「そんな風に言って、悪びれもせず帰って行ったということでした。このあと3回ほど飲みの誘いがLINEで続いたそうです。〈酔った森ちゃんもかわいいね〉といった内容もあり、最後は“既読スルー”だったとか」(同)


■“あわよくば”


 他方、桐永氏をよく知る関係者によると、話はこうなる。

「あの日に2人で飲んだのは事実で、番組の反省会が終わった24時から2時間半ほど。ざっくばらんに話をして、“私、桐永さんみたいな身体の大きな人が好きなんです”っていう言葉も飛び出したようです。それで桐永はがぜん勘違いしちゃったんですね。店を出たら彼女はフラフラで。放っておけずマンションの前まで歩いて送って行ったら、彼女から抱きついてきたので、それに応えるように、彼の方からキスをしてしまったようなんです」

 そのままエントランスに吸い込まれる森アナを目で追っていると、

「鞄をひっくり返す姿が確認できた。それも放っておけず、“鍵どこ? 何階なの?”って聞きながら部屋の前まで行って、またそこでも桐永からキスをしちゃった。キス以上のことはしていないようですが、彼女の態度から、“あわよくば”というよこしまな下心があったのは間違いない。彼は妻との間に2人の子供がいて番組の最高責任者、彼女は独身で出演者。まぁ、不徳の致すところって言うのでしょうね。彼は翌日、“昨日はありがとう、楽しかったよ。また飲みに行こう”というLINEを彼女に送っている。それで、森アナに拒絶されたという認識は全くなかった」(同)

 タクシーか徒歩なのかのみならずこれまでも、そしてここからも述べるように、各関係者の証言は食い違い、あたかも芥川の『藪の中』のようである。事実、調査するコンプラ担当は判断に揺れたという。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年9月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)