「千葉真一」が芸能生活60周年祝賀会を開催、息子「新田真剣佑」の出演を危ぶむ声

■主催者側を取材すると……


「JJ. SONNY CHIBA Official Web Page 2019」なるサイトがある。サニー千葉という名前にピンと来た方もおられるだろう。そう、千葉真一(80)の公式サイトなのだ。

 ***

 サイトを見てみると《News》や《Bio》、《Info.》といったおなじみの項目が表示されるのだが、下の方に《千葉真一芸能生活60周年記念祝賀会》と銘打つ《特設WEBサイト》へと誘導するバナーが貼られている。

 そのバナーだが、グラスを片手にタキシードを着た千葉真一の写真が目に焼き付く。おまけに「令和元年。千葉真一、此処に極まる。」というコピーに「SONNY CHIBA」の英字サイン????まさにゴージャスとしか言いようのないビジュアルなのだ。

 クリックして特設WEBサイトに飛ぶと、祝賀会の開催日は2019年11月7日。会場はホテルニューオータニの「鶴の間」で、「開宴」は18時だという。そして何とチケットは全席共通で5万円と表示されている。

 そのチケット料金を「高すぎる」と考えるかどうかは人それぞれだろう。しかしながら「安くない」ことだけは間違いない。

 この特設WEBサイト、祝賀会の内容が全く記載されていない。千葉は歌手としてもデビューしているが、歌声を披露する「ディナーショー」であるのかどうかも不明だ。

 ただし、《ゲスト》と《総合司会》は書かれている。前者は新田真剣佑(22)、眞栄田郷敦(19)、真瀬樹里(44)の3人。いずれも千葉の実子たちだ。そして後者は徳光和夫(78)だという。

 千葉家の家族関係は少し複雑だ。3人の子供たちの、プロフィールをあまりご存じない方もおられるかもしれない。そもそも千葉は1973年に野際陽子(1936-2017)と結婚し、真瀬樹里が生まれた。

 だが1994年に離婚。そして96年に千葉は再婚する。この女性は「28歳年下の一般女性」と表現されることが多いが、当時のスポーツ紙などは「玉美夫人」と紹介している。この「玉美夫人」との間に生まれたのが、新田真剣佑と眞栄田郷敦の兄弟である。

 真瀬樹里は女優として、テレビドラマを中心に息の長い活躍を続けている。さらに女性を中心にズバ抜けた人気を誇るのは新田真剣佑だ。

 幼い頃は子役で、またアメリカでの映画出演の経験を積んで、2014年に日本で本格的にデビュー。16年頃から映画やテレビドラマで露出が増えるようになり、17年、『ちはやふる -上の句- / -下の句-』(東宝:小泉徳宏監督)で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

 いわゆる“イケメン俳優”として女性ファンが多いことで知られるが、本人は演技派への脱皮を目指しているようだ。今年は10月から放送される連続テレビドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系列・水曜・22:00)の出演も発表された。テレビドラマの出演は1年半ぶりであり、今作では高畑充希(27)の相手役を務めることから、ファン以外からの注目も集めている。

 真剣佑の弟である眞栄田郷敦は7月7日からテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系列・日・21:00)に出演。注目度という意味では、3人のきょうだいの中で今がトップかもしれない。「『ノーサイド・ゲーム』後、眞栄田郷敦は“新田真剣佑の弟”から卒業できるか」(アサ芸プラス:19年9月5日)という記事も報じられており、どんどん存在感を増しているようだ。


■主催者側に取材を申し込み


 さて祝賀会は、関係者の間では既に話題になっているという。しかしながら、話が広まれば広まるほど、宣伝どおりに開催されるのか、疑問視する声も大きくなっているようだ。関係者が取材に応じた。

「そもそもチケット1枚5万円で、どれくらいの人が集まるのか。ただ、千葉さんのお子さんが3人揃えば、多くの芸能マスコミが駆け付けるでしょう。私の記憶では、千葉さんの前で3人のお子さんが勢揃いしたことはないからです」

 祝賀会を宣伝する公式サイトに、公演の内容が書かれていないのは先に述べたとおりだ。牽強付会の誹りを受けるかもしれないが、3人の子供たちの名前を《ゲスト》として紹介すれば充分という判断があったのかもしれない。

「実を言うと、祝賀会の開催に対する疑問の声で最も多いのが、『本当に3人のお子さんが全員、集まるんだろうか、出席してくれるんだろうか』というものなのです。常識で考えれば、千葉さんは子供たちの許諾を得ているからこそ、ゲストだと発表しているのでしょう。ところが関係者の間では、新田・眞栄田兄弟と真瀬樹里さんは決して仲がいいというわけではないと言われています。不仲だという人も少なくありません」(同・関係者)

 大手の芸能メディアで正面から不仲説を報じたところはないが、ネット上では怪しげな情報も含め、きょうだいの関係についてさまざまな情報が乱れ飛んでいるのは事実だ。やはりファンにも関心の高いトピックスらしい。

 そこで祝賀会の主催として名前が記されている一般財団法人に取材を申し込むと、担当者が対応してくれた。まず、会の内容を聞いてみた。

「当日は映像とトークを中心に、千葉真一の芸能生活60年を振り返る予定です。当日のサプライズもありますので詳細は申し上げられませんが、例えば深作欣二監督(1930-?2003)との出会いを振り返る場面なら、監督と千葉の映画作品をダイジェストしたものや、貴重な写真といった資料などを上映します。それから監督のご長男である深作健太さん(47)と千葉で、深作監督についてのトークショーを行う、という具合です」

 チケット代金の5万円には、フルコースのディナーと、ソフトドリンクやアルコールの料金も含まれている。担当者氏は、「チケットの売れ行きも順調です」と言う。ちなみにチケットの販売は特設WEBサイトで行われている。

「約1000席を用意していますが、チケット現在、約700枚が売れました。関係者席の用意などもありますので、残り席は僅かとなっています。もしご興味のある方がおられましたら、特設サイトの閲覧など、早めに動いてくださると助かります」(同・担当者)

 最後に「きょうだいの不仲説」について質問したが、「3人とも必ず出演します」と一蹴した。

「そういう説があることは承知しております。しかしながら、父親である千葉真一と、3人の子供たちは、実に強固な絆で結ばれているんです。千葉は芸能生活60周年という大きな節目を迎えました。彼が父親として子供たちに『協力をお願いする』と依頼すれば、全員が一も二もなく手助けに駆け付けてくれる。そんな親子関係なんです。ですから、もちろん祝賀会には必ず出演します」

週刊新潮WEB取材班

2019年9月16日 掲載

関連記事(外部サイト)