ジャニーズ・吉本闇営業問題……データで読み解く“芸能ネタ”とニュース番組の関係

 日照不足・猛暑・水害・台風被害が続いた令和元年の夏。 実は例年になく、芸能ネタも各局のニュースを賑わせた。

 ジャニー喜多川の死去から始まり、ジャニーズ事務所の公取問題、吉本興業の激震、京都アニメーションの放火事件、小泉進次郎と滝川クリステルの結婚会見など。これだけ芸能・エンタメ関係のニュースが、報道番組で頻繁に放送された時期は珍しい。

 ではこの3カ月間で、ニュースの見られ方はどう変わったのだろうか。データで検証してみた。

***

■数字が上がった『スッキリ』


 日本テレビの情報番組『スッキリ』は、局アナの水卜麻美の他、加藤浩次と近藤春奈がをMCを務め、天の声を山里亮太が担当している。ちなみに水卜アナを除く3人は、いずれも吉本興業の芸人だ。

 芸能ネタが目白押しで、特に吉本興業も多くのニュースを提供したこの夏。同社所属タレントが3人も出演する『スッキリ』は、この間に視聴率を大きく上げた。裏の他局ワイドショーと明暗が大きく分かれたのである。

 例えば山里亮太と蒼井優の結婚会見があった6月第1週、属性別の個人視聴率を調べるスイッチ・メディア・ラボのデータによれば、一週間の平均世帯視聴率は1%ほど上がった(図1)。

 そして7月に入ると、ジャニー喜多川氏が亡くなり、嵐など所属タレントの言動が大きく取り上げられた。その後ジャニーズ事務所を、公正取引委員会が独禁法違反の恐れがあると注意した。さらに京都アニメーションが放火され、35人が死亡・34人が負傷する大事件が起こった。

 吉本興業でもゴタゴタが続いた。闇営業問題を巡り、宮迫博之や田村亮が謝罪会見を行った。その直後には、岡本明彦社長も会見したが、事態は容易に収拾しなかった。

 一連の芸能ネタにより、当事者が出演する『スッキリ』は、視聴率が7月中に右肩上がりとなった。これにより全世代に視聴習慣がつき、全体として月平均の視聴率が3カ月連続で上昇した。

■芸能ネタで『news zero』も上昇


『news zero』は同じ日テレの報道番組。この番組も『スッキリ』と同じように、芸能関連のネタでよく見られるようになっていた。

 今の『news zero』は、メインキャスターが有働由美子、月曜キャスターが櫻井翔、お天気キャスターをタレントの河西歩果が務めるなど、若年層を意識した柔らか目な報道番組だ。この結果として、櫻井翔が出る月曜が一週間の中で際立って良く見られる。そして火・水と視聴率が落ちるパターンが一般的だ。

 ところがこの夏、芸能関連のニュースがある日は、数字が跳ね上がった。例えばジャニー喜多川氏が亡くなった7月9日は、通常の火曜日より、番組放送時間の半分以上を見た割合を表す“接触率”が急伸した。京アニ放火事件とジャニーズ事務所の公取問題が重なった7月18日も、ふだんの木曜より1・5倍近い数字だった(図2)。

 他にも京アニ事件続報と吉本興行の社長会見があった7月22日や、小泉進次郎・滝川クリステルの結婚発表があった8月7日は、いつもより数字が跳ね上がっている(以上は、約48万台(関東地区)のネット接続テレビを対象とした視聴データを分析するインテージ社の「Media Gauge TV」から)。

 では7月9日の『news zero』を、毎分の接触率や流入・流出(番組を途中から見始める人、見るのを辞める人)の状況で分析してみよう。

 ジャニー氏死亡の情報が解禁された23時30分から、『news zero』だけが速報として詳しく伝え続けた。嵐やSMAPなど人気アイドルの映像も使われた。このパートで大量の流入が続き、接触率は2%以上も上昇した(図3)。SNSなどの口コミで、チャンネルを合わせた人が多かったのだろう。ちなみに同時間の『NEWS23』は、ジャニー氏の扱いが小さく接触率はあまり動かなかった。

■『NEWS23』は硬派で上昇


 次に『NEWS23』は、この夏どんな見られ方をしていたか。まず、インテージ「Media Gauge TV」を元に作成した〈図2〉と〈図4〉を見比べてもらいたい。『news zero』の接触率が概ね2万〜2万5000台(図2)あるのに対し、『NEWS23』は8000台〜1万台(図4)と、目につくのは『news zero』の半分ほどしかない点だ。さらに直前10日間のうち3回に1回ほど見る「ミドル視聴者」で5分の1以下、2回に1回以上見る「ヘビー視聴者」だと10分の1と極端に少ない。明らかに固定客の少なさが、総接触率の明暗を分けている。

 ただし過去10回で一度も見に来たことのない「ゼロ視聴者」だけは大差がない。偶然あるいは興味のあるニュースのために見た新規の視聴者は、どのニュースも大差はないようで、彼らを定着させられない点が『NEWS23』の課題と言えよう。

 もう一点、7月以降で通常より接触率が跳ね上がった回のニュース内容も、両番組では差があった。

 ジャニーズ公取事件や京アニ放火事件では、ふだんより2割ほど視聴者が増えていた。ただし日本郵政のかんぽ不正・日韓関係・九州での大雨・京急踏切事故など、芸能ネタでない硬派ニュースの方が、接触率の上昇が大きい。

 どうやら『NEWS23』を見る視聴者のニーズは、芸能ネタより硬派なネタをきっちり伝える方にあるようだ。

■『報道ステーション』と『ニュースウオッチ9』


 8月末、番組の最高責任者がセクハラなどで更迭されたテレビ朝日の『報道ステーション』。このプロデューサーは、『報ステ』担当になり、番組をソフト路線に舵を切りたいと思っていたようだ。ところが吉本興業の闇営業問題で処分が発表されたり、ジャニーズ事務所が公正取引委員会に注意をしたりと、芸能プロダクションの問題が発生しても、7月中旬までは取り上げることがなかった。『news zero』や『NEWS23』が、芸能ネタで接触率を急伸させたが、『報ステ』の数字はあまり動かなかった(図5)。

 ところが京都アニメーション放火事件で、接触率を一挙に1.5倍上げた。その後も吉本興業社長の会見、渋野日向子全英オープン優勝などをトップで大きく取り上げた回で、接触率を上げている。

 結果としてこの夏、『報ステ』は明らかに「ヘビー視聴者」や「ミドル視聴者」の数を増やすことに成功した。その意味では、路線変更を目論んでいたプロデューサーは、ネタに恵まれ目的を果たしたことになる。ところが身から出た錆で、番組が上向きかけた途端に、番組を去る羽目になってしまった。

 一方、NHK『ニュースウオッチ9』にとっては、芸能ネタはあまり力になっていない。ジャニーズ問題・京アニ事件・吉本興業のゴタゴタで、一時的に数字を伸ばしてはいる。ところが芸能ネタの分量はあまり多くなく、ほどなく接触率は下がってしまう(図6)。

 やがて大雨・台風・日韓問題など、硬派なネタで比較的数字を獲ることが多くなっていった。ただし夏の間を俯瞰すると、「ヘビー視聴者」や「ミドル視聴者」の数は減少傾向だった。『NEWS23』と同様、『ニュースウオッチ9』への視聴者のニーズもソフト路線ではなさそうだ。


■ニュース番組の浮沈


 以上のデータから、情報番組『スッキリ』が芸能ネタで視聴者を増やしたように、一部のニュース番組も浮上に成功したことがわかる。

“明”は『news zero』と『報道ステーション』。ただし個人視聴率で0.4%ほどの上昇に留まり、『スッキリ』ほどの大幅増とはいかなかった(図7)。

 一方、“暗”は『NEWS23』と『ニュースウオッチ9』。『NEWS23』の個人視聴率は、3ヶ月間2・5%のまま不動。また『ニュースウオッチ9』も、4・2%→4・1%→4・3%で、ほぼ横ばいだった。

 ただし年層別の個人視聴率を詳しく見ると、状況は少し違う。『news zero』の場合、初めからアイドルやタレントを使ってソフト路線を狙っているだけあり、老若男女を問わず芸能ネタで効果が出ていた(図7)。

 ところが『報ステ』では、若年層は上昇したが、高齢者はあまり変わらなかった。同番組を普段見ているメインの視聴者層にとって、芸能ネタなどのソフト路線は、あまり効果がないと言えよう。

 個人全体で顕著な変化が出なかった『NEWS23』と『ニュースウオッチ9』の場合も、各層では差が見られた。『NEWS23』では、65歳以上は変化なしだったが、T層(13〜19歳)は1・5倍に上昇した。ただしT層の占める割合は小さく、個人全体に影響を与えるほどの力にはなっていない。

 一方『ニュースウオッチ9』では、T層も65歳以上も変化しなかった。NHKの報道現場では、芸能ネタも視聴者層拡大のために必要と考えてる人もいると聞くが、扱う分量の問題かプレゼンの仕方の問題か、今のやり方のままでは思うような結果につながらない可能性が高い。


■国民の関心優先か?伝えるべきニュース優先か?


 90年代の夕方ニュース戦争の際、ラーメン特集など本来のニュースと関係ない企画もので、民放各局は視聴率を伸ばして行った。結果としてニュース番組のソフト化が顕著になった時代だった。

 芸能・エンタメ関係のニュースが目白押しだったこの夏、夜のニュース番組もやり方次第で、視聴率アップや若年層集めを果たせることを証明した。

 しかも広告主のニーズが個人視聴率と若年層へとシフトしている現代、広告収入増に追われる民放は、90年代の夕方ニュースと同様、夜のニュース改革に着手するかもしれない。ニュースの娯楽化や軟派化を批判する人もいるだろうが、令和を迎えたニュースは転機を迎えたと言えそうだ。

鈴木祐司(次世代メディア研究所代表、メディア・アナリスト)
1982年にNHK入局。主にドキュメンタリー番組の制作を担当。2003年より解説委員(専門分野はIT・デジタル)。編成局に移ると、大河などドラマのダイジェスト「5分でわかる〜」を業界に先駆けて実施したほか、各種番組のミニ動画をネット配信し視聴率UPに取り組んだ。2014年独立、次世代メディア研究所代表・メディアアナリストとして活動。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年9月24日 掲載

関連記事(外部サイト)